Category Archives: 打抜き井戸関連

打抜き井戸と手押しポンプ

打抜き井戸と手押しポンプ(松山市萱町)

昨年9月頃ですが、松山市萱町にて 打抜き井戸手押しポンプの設置を施工させていただいた時の内容を記事にしたいと思います。

既に掘井戸があるのですが、古い井戸で底の木片ガワが剥がれてしまい埋まってしまったとのことでした。

湧水も少ないことから、井戸の改修ではなく新しく打抜き井戸を設置させていただくことになりました。

他社さんが井戸埋めを行った後、その内部に新しく打抜き井戸を打設します。

ユニック車が横付けできるスペースがあると作業効率も良いですね。

予定していた深度まで打設しましたが、ほとんど水がありません。。しかしお施主様が自らご近所をまわり集めた情報では、打抜き井戸で水が良く出ているとのことでした。深度を調整していくと・・・

おぉ~!!ついに出ました!念願の地下水です。

どうやら打ち過ぎてしまっていたようです。浅いところにあったんですね。

エンジンポンプで連続揚水を行い、濁れを除去していきます。

簡易水質試験キット(鉄)では、やや濃度が高い反応です。

手押しポンプを設置し、水瓶を移動して完成です!

とても良い感じに仕上がりましたね♪お施主様も大変喜んでくださいました!

ご依頼ありがとうございました(*゚▽゚*)

井戸やポンプのご相談は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


井戸ポンプ取付&配管工事

井戸ポンプ新設。オシャレな水栓柱と蛇口もご一緒に!

先日、打抜き井戸を新設させていただきましたお客様のところで、井戸ポンプと配管工事を施工させていただきました。

道具を積み込んで、いざ現場へ!

ご依頼いただきましたのは荏原製25HPE0.25S。

水栓柱や蛇口にもデザインを重視したオシャレなタイプになりました。

道路側でも水が使えるようにとのご希望でしたので、水栓柱を追加しました。

こちらは鍵付きの蛇口となってます。

試運転を行い、無事にお引渡しとなりました。

ご依頼いただき、ありがとうございました(*゚▽゚*)


打抜き井戸の洗浄

1日で井戸完成!茶葉でカナケを調べよう!

今日の出来事をその日のうちに記事にしてみようと思います!

松山市古川地区にて打抜き井戸を施工させていただきました(^O^)作業スペースが限られているためトラック1台に機材を詰め込んでいきます。

事前にお施主様との打ち合わせで掘削位置を決めて、いざ打設へ!

打設しては土質や地下水の有無を確認していきます。実はすぐお隣でも打抜き井戸があり、そこではカナケがありそうな感じでしたので、先入観で「この地域はカナケが多く出る」と正直思っていました。

っが、実際に掘って確認すると、意外にも悪くない感じ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、地下水に含まれるカナケを判断するために茶葉を入れるという方法があります。

  • カナケが多い地下水 → 黒水に変色
  • カナケが少ない地下水 → お茶の色

では試してみましょう。

カナケが多いとされる隣の井戸水に茶葉を入れると黒くなりました。
左側が新設したカナケが少ない水。右がカナケが出る水。

これはまだマシな方ですね。今まで見てきた中には、一瞬で墨のように真っ黒になってしまった地下水もありました。

ほんの十数メートルしか離れていないのですが、深さでこうも違いが現れます。深いから良質だとは限らない証拠ですね。ただ、浅いということで水位低下による井戸枯れの心配も考えられますから、浅過ぎも良いとは言えません。

深く打ち過ぎて質の悪い水が上がってきた場合、引き抜いたとしても底に穴を開けてしまった以上、何かしら影響が出ないとも言い切れませんので「止め時」の判断が非常に難しいです。

お施主様とも協議を行い、打設完成となりました!

エンジンポンプで連続を行い、ポンプ選定に関するデータとして湧水量の確認を行いました。

凄い水量ですね。一般家庭では使い切れない量だと思います。

エコキュート等への使用も検討されていらっしゃるということで、水質検査のご依頼も頂きました。大抵の場合は必要な水質検査項目がありますから、その情報を頂いた後に、水質検査へ提出したいと思います。

良い水でありますように!!


打抜き井戸新設工事

浅井戸でも良いんです!

今回の記事は、とあるフィットネス・スポーツジム改築工事に伴う井戸工事を施工させていただいた時の内容です。

出来れば良質な地下水を・・・ということでしたが、どの現場でも同じように正直掘ってみるまで分からないのが現状です。

そこで重要なのが、近隣データです。

これがあるのとないのとでは、掘削する目安となる深さが求められません。

ただ、その周辺(っと言っても1km以上は離れてます)では深井戸ではあまり良くないというデータがありました。

また300m以内には浅井戸で、やや良質な地下水を使ってるデータもありましたので、可能性としては浅井戸に期待できそうでしたので、そのようにアドバイスさせていただき、打抜き井戸のご依頼をいただきました。

φ50mm VLP-VB管(内部ライニング加工)

ハンマーの反発具合や打設音、打設スピードに神経を研ぎ澄ませて、いち早く地層の変化を見極めます。

地層が変化したからといって水があるかどうかはわかりません・・。

何度か水の有無を確認し、ようやく安定した地下水に辿り付きました!

エンジンポンプで連続揚水を行います。水量も良く出てますね!

濁れもなくなり、透明な水になりました。

水質検査も行い、申し分ない良質な地下水を得ることができました!

ご依頼いただきまして、ありがとうございました(*゚▽゚*)

このように、深井戸ではなく浅井戸でも良質な地下水がある地域があります。「深井戸だから良い」というものではなく、良い水がある地層は地域ごとに異なりますので、その地層を見つけられるかが井戸掘りの鍵となります。

これからも多くの井戸を掘削するために、1件でも多くのデータを集めていきたいと思いますので、是非「井戸端SNS」へもお越し下さいませ♪


砂が出る井戸は要注意

砂が出る井戸は要注意!

今回の記事は、打抜き井戸に設置されている砂を除去する機器について書いてみようと思います。

昨年のことですが、打抜き井戸の水の出が悪くなったので見て欲しいと依頼がありました。

砂こし器の目詰まり
川本製 砂こし器 SFPシリーズ

水質的には「鉄」が多く含まれていると思います。ですので、点検カバーも褐色に染まり、内部が見えにくくなってます。

蓋を外してメッシュを確認すると、かなり目詰まりを起こしていたので、ブラッシング洗浄し、組み直します。

その後の試運転では水量も増えたので安心したのですが、真空漏れがあるようです。

原因を探っていると、砂こし器にあるドレンキャップに問題があったようです。

問題を解消して、無事に給水可能となりました♪

砂が出る井戸には、おそらく砂を除去する装置が設置されていると思うので、定期的に点検し、掃除しましょうね!!


浅井戸ポンプ

水量低下の原因は様々

今回の記事は、松山市高井町で水が出なくなったというご依頼があり、対応させていただいた時のことです。

井戸は打抜き井戸。ポンプはナショナル製PG-203A。

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

呼水が入っていない状態でしたので、注水し始動させると、しばらくして水が出るようになりました・・・っが、かなり少ないです。

お話では、セメント舗装する際にポンプに位置を変更されたとのことで、吸水管が長くなっり負荷が増えたことや、ポンプ劣化か、井戸管の劣化か、水位低下か・・・

色々と原因は考えられます。

一先ず、水が出るようになったので、今後の様子を見てもらいつつ、また再発するような場合の対策などもお話させていただきました。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


井戸ポンプ取替

急ぎでポンプ取替!(松山市枝松)

今回の記事は、松山市枝松地区にてポンプ取替のご依頼があり施工させていただいた時の内容です。

取引先さんからの急な依頼でしたが、なんとか時間が取れました。

ポンプは取引先さんからの支給品です。

メーカーが違うため、吸い込み側と吐き出し側の位置や高さが異なることになったのですが、新しく取り付けるポンプが川本製NR形という「吐き出し方向が1つ」というポンプなため、やや露出している配管が多くなってしまいました。

時間も限られていたため、急いで作業させていただいたのですが、なんとか無事に水が使えるようになり、お客様も一安心されていらっしゃいました♪

ポンプは人間で言うと心臓の役目です。

「最近調子が悪いかな~」といった前兆がある場合もあれば、急にパタッっと故障してしまうこともあります。

日常生活で井戸水をよく利用されてらっしゃる方は、急な故障で不便を強いられる前に、取り替えておきましょう!!