打抜き井戸関連 | 近松井戸工業所

Category Archives: 打抜き井戸関連

海水を出すための井戸掘り(今治市桜井)

今回の記事は、ちょっと珍しい井戸の設置を行った時の内容です。

井戸といえば「水」を出すために設置するのが一般的ですが、今回は水ではなく「海水」を出すことが目的です。

現場は今治市桜井。打抜き井戸を施工します。すぐ隣が海岸となっているので、恐らく海水が出ると思われます。。
機材据付を行い、あとはひたすら打設していきます!

海水井戸を設置中
打抜き井戸工事状況

浅い深度で海水は出たのですが、水温が高いということで打設続行。予定していた深度まで打ちましたが、水は出てくれません。
お施主様とも相談の末、更なる打設を続けることに!
翌日、パイプを継ぎ足し、打設続行。

海水井戸を設置中

その後、なんとか無事に目的の条件に合う海水を発見!

海水井戸で、無事に海水を発見

ただ、海水が出るということは海砂の中にストレーナがあるということで、細かい砂が多く出てしまいます。
水量を調査するためにエンジンポンプを設置してみたのですが、すぐに目詰まりして水量が低下してしまいます(;´д`)

井戸径は50mmなので、中に細い吸水管を挿入し吸水する方式が良いと思うのですが、水量が間に合うのか・・・ポンプは大丈夫なのか・・・
色々と難点はありますが、今回はメーカーさんが直々に選定・取付を行うということで、弊社はここまでの施工となります。

海水井戸 完成

真水以外にも、海水井戸が欲しいという方も、お気軽にお問い合わせください。
(基本的に海水井戸は掘井戸が最適だと思います)


手押しポンプ取替えました(松山市西長戸町)

今回の記事は、同じ町内の方から「手押しポンプの調子が悪いから見て欲しい」と連絡があったので、その時の事を書いていきます。

以前にもピストンの取替えや、トラクターに引っ掛けてパイプが折れてしまったため、再度ネジ切りを行ったりと、色々とご依頼いただいてます。

劣化した手押しポンプ
2年前のネジ切り加工・取付時です
劣化した手押しポンプ
同じく2年前の状況。

そして今回は、だいぶ劣化も進んだということで手押しポンプ本体を新しく交換させていただきました。

手押しポンプの取替え
手押しポンプの取替え

揚水も問題ありませんでしたので完成です(^O^)
ご依頼いただき、ありがとうございました♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ!


吸水配管取替

吸水リーク箇所を探して!(松山市今在家)

9月の出来事ですが、とある業者さんから「蛇口からエアーが出ているので対応してほしい」と依頼がありました。
以前からエアーが出た状態だったらしく、その業者さんがポンプを取り替えてみたのですが、エアーが出続けるため、弊社にご依頼いただいきました。

当初は井戸の場所が不明で、どのような井戸なのかが分からないため、埋設されている吸水側配管を辿ってみてくださいとお願いしていました。
(当時は他現場に追われていたため、早急な対応ができず、その業者さんに作業をお願いしていました)

その後、配管が出てきたということで現場へ。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

井戸は打抜き井戸でした。しかしポンプには砂こし器が設置されていません。ポンプも砂噛みで傷んでいたのではないでしょうか?
聴診器でリーク箇所を探していくと、井戸から横引き配管するためのバルソケ部からリーク音が・・・。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

緩んでいるだけかと思い、再配管するため外そうとしたところ、少しのトルクなのにグニュっと変な曲がり方に。何やら嫌な予感・・・。

その予感が的中してしまいました( ̄▽ ̄;)
バルソケがねじ切れていました。ネジはチーズ内の内ネジに残ったままです。こういうことは極希にあることではありますので、残ったネジを除去することに成功しました!
(チーズを外してやりかえるとなると、もっと大変なことになりそうですから・・・(^_^;))

バルソケも新しくし、砂こし器も新しく取り付けさせていただき、再配管も無事に終了!

吸水側配管修理
吸水配管取替

エアーが出ることもなくなり一安心です(≧∇≦)/

お客様やご依頼いただいた業者さんには、だいぶお待たせしてしまいました。
毎日使う水なので、早く対応できれば良かったのですが、他にもお待ちいただいてますお客様がいらっしゃいますので、順番に対応させていただいておりますことをご了解いただければ幸いです。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


川本ポンプ NR-156S

エアーが出るためポンプ取替(伊予郡松前町)

今年8月末のことですが、伊予郡松前町のとある企業さんから、「蛇口からエアーが出てきてしまう」とのことで視察を行いました。
問題のポンプがコチラ。

古い井戸ポンプ
古い井戸ポンプ

エアーが出てしまうのは吸水側にリークが発生しているためなので、その箇所を見つけなければなりません。
っが、埋設されている部分が多く、井戸本管もどこにあるのか分らないということで、ちょっと難点。。

聴診器でリーク箇所を探しますが、かなり小さなリークと思われるため、特定することができず。

一先ず、コストが低く、原因ともなりやす「砂こし器」を取り替えてみることに。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 SFP-20

交換後、試運転をしてみましたが、やはりエアーが入ってしまうようです。
ポンプ本体か、配管か、井戸か・・・

老朽化した井戸ポンプ

ポンプ自体も老朽化が見られますので、取替えへと移ります。

ポンプ取替え
新ポンプ 川本製 NR-156S
ポンプ取替 川本 NR-156S
川本ポンプ NR-156S

ポンプ取替後はエアーが出ることもなくなり問題解決となりました。

井戸やポンプのトラブルで多いのが、「水が出ない」「ポンプが動かない」「ポンプが止まらない」「エアーが出る」です。

簡単に直ることもあれば、一筋縄ではいかないことも。
地中に埋まった箇所の点検は難しいため、ポンプ替えて配管替えて、それでもダメなら井戸を掘り直して・・・っと大掛かりになってしまうこともあります。

今回はそこまでいかなくて良かったです。

井戸やポンプでお困りの方はお気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


井戸設備の撤去

井戸設備の撤去(松山市古川南)

今回の記事は、以前「とある工事」で設置した打抜き井戸と給水設備なんですが、工事終了したため、全撤去を行うことになりました。

井戸設備の撤去

このような感じで設置されていました。
まずは井戸とポンプを切り離します。

井戸設備の撤去

ポンプの撤去が終われば、あとは油圧ジャッキを用いて引き抜いていきます。

井戸の引き抜き

実に設置から2年が経過していましたので、引き抜けるか心配でしたが、なんとか無事に引き抜くことができました( ̄▽ ̄;)
(思った以上に時間がかかりましたが・・・)

打ち込んだパイプが曲がっていたり、年数が経過した井戸は引き抜くことが難しくなるのでご留意を!!(´・ω・`)


井戸ポンプ取付

井戸ポンプの移設(松山市北立花町)

今日は意外と天気が良くなりましたね(*゚▽゚*)これから徐々に下り坂でしょうか??

ではでは、ブログ更新といきますよ~♫

以前、こちらの記事でご紹介させていただいた現場なのですが、井戸ポンプの取付もご依頼いただきました。

ポンプはお知り合いの方が譲ってくださるそうなので、足りない部品等のみ納品させていただきました。

井戸ポンプ取付

井戸自体が斜めに傾いています。砂こし器をポンプ側に設置しようと思ったのですが、古いポンプということもあり、鉄製部品接続により亀裂が入る危険もあるため、今回は井戸側に取付しました。

井戸ポンプ取付

試運転を行い無事に水が出ることを確認。

ポンプ以降の配管接続や、電気工事は別業者さんにお願いしていただくということで、これにて完成となりました(^O^)

ご依頼いただき、ありがとうございました(=^0^=)

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ~♫

SNS上でやりとりできる井戸端SNSも是非ご活用ください(≧∇≦)/


井戸ポンプ取替 川本 NR-156

井戸ポンプ取替(松山市山越)

現場作業が忙しくて、なかなかブログ更新が追い付きません(^_^;)

毎度のことになってますがスミマセン<(_ _)>

でもでも、負けずに書いていきますよ~♪

先月のことになりますが、井水ポンプ取替を施工させていただきました。

視察時に撮影したのがコチラ↓

古い井戸ポンプの取替
川本製 Nシリーズ
古い井戸ポンプの取替

これは修理というよりは本体そのものを交換する方が安心ですね。

古い井戸ポンプの取替

吸水側配管や砂こし器の劣化具合を見ても、後で交換するよりも同時に交換した方が工賃も安くなりますので、一緒に交換させていただきました。

川本 砂こし器 SFP-20 取替
川本製 砂こし器 SFP-20
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S
川本製 浅井戸ポンプ NR-156S
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S

同じメーカーに取替えるなら、フランジ位置や高さなどが同じになっていることが多いので、他メーカーに取替えるよりは安く済みます。

井戸ポンプ取替

試運転後は正常な動作を確認。水も良く出るようになりました(*^^)v

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


検索