古井戸の補強 エピソード4(最終)

古井戸の補強

古井戸の補強 エピソード4(最終)


11月になり初投稿です(^O^)

今年の予定もかなり埋まりつつありますので、ボーリング井戸掘井戸などの長期工事は来年になりそうです。

さて、今回の記事は宇和島市での古井戸補強エピソード4を書いていきたいと思います。完結編となります。

敷地内にある3基目の井戸なんですが、こちらも掘井戸タイプで石積みとなっています。ただし、地面と同じ高さになっているため、井戸があることに気づかず危ないのではないかという不安もあり、井戸ガワを設置させていただきました。

古井戸の補強
施工前

高さ600mmが既製サイズなのですが、今回は高さ300mmの井戸ガワを製作しました。

古井戸の補強
古井戸の補強

このような仕上がりです。継ぎ目にはセメントで固定しています。

井戸蓋も製作し設置しました。

設置した日は、生憎の雨でしたので、セメントが濡れないよう養生しておきます。

古井戸の補強

後日、確認に行くと、しっかりと固まってました(^O^)

古井戸の補強

古井戸も放置していると危険なことがありますので、井戸蓋や井戸ガワなどは目に付きやすいようにしておきましょう♪

井戸のことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/

井戸やポンプの情報を共有する井戸端SNSもありますので、お気軽にご参加くださいませ~!!



About Author

近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

Leave a Reply

検索