吸水側の配管と砂こし器の取替で様子見!

こんばんわ☆彡

寒さが厳しく、外の仕事は辛い時期ですね・゜・(ノД`)・゜・

外仕事の人は頑張りましょう!!

 

さて、先日記事にした打抜き井戸は”運要素”も重要!の現場ですが、既存の井戸を上手に活用するべく、井戸以外に考えられる対応策をしてみました。

 

吸水側の配管と、既存の砂こし器を取り替えました。

井戸本体に損傷がなければ、これでも症状は治まるハズ。。

万が一、改善されない場合でも移設する際に必要となる設備ですので、決して無駄になることはありません。

吸水側の配管と砂こし器の取替で様子見!

 

打設中止となった打抜きの管は全て引き抜き回収することができました。。。

回収といっても、(傷や曲がりがあるため)他の現場で使いまわすということは出来ませんので、残念ながら材料代は発生してしまいます・・・。

現実的なコトでスミマセン・・・

 

 

2、3日は様子を見ていただくということで、また週明けに確認してみたいと思います。

どうか症状が改善されていますように・・・☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です