打抜き井戸は"運要素"も重要! | 近松井戸工業所

打抜き井戸は”運要素”も重要!


こんにちは。

今日も寒かったですね~((((;゚Д゚))))

明日も寒いようなので暖かくして過ごしましょう!!

 

さてさて、仕事日記といきますかぁ!ヽ(*´∀`)ノ

 

松山市枝松地区打抜き井戸の新設工事を施工させていただいたのですが、これがなんと打設困難に。

情報では硬い地層があるとのことでしたが、既に井戸があるそうなので、近い深度まで打てば大丈夫だろうと思っていたのですが、いざ施工してみると・・・

硬さにヤられました(´;ω;`)

 

地面から立ち上がっているパイプが、新しく打設していた井戸です。

打抜き井戸は”運要素”も重要!

 

下の写真の右側にあるプラグ(丸い鉄の部分)が既存の井戸なのですが、同じラインで打設したのに、あと1mが入らない。。

持ちうる道具を駆使してみたのですが、ただ金属音が鳴り響くだけで、下がっていく気配はありませんでした・・・。

打抜き井戸は”運要素”も重要!

これ以上の打設は困難と判断し、工事中断を告げました。

 

たまたま打った場所に大きな石があったのか?

恐らくその可能性が高いでしょう。

 

打抜き井戸は打設面積が小さい分、何かに当たった時は掘り進むことが困難なため、”運”もすごく重要です。

これは、井戸掘り業者であるなら、誰でも同じことが言えると思います。

 

上空には軒が出ており、櫓設置は難しいため、施工場所を変えるしか方法がありません(;^ω^)

打抜き井戸は”運要素”も重要!

 

っが、まだ新設以外にも手は残っているので、そちらで引き続き対応していこうと思います(´・ω・`)

 

ん~~・・・

 

 

井戸掘りって難しい~・゜・(ノД`)・゜・


近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年1月27日

    […] さて、先日記事にした打抜き井戸は”運要素”も重要!の現場ですが、既存の井戸を上手に活用するべく、井戸以外に考えられる対応策をしてみました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です