打抜き井戸(打込み井戸)の紹介


打抜き井戸(打込み井戸)の紹介

打抜き井戸(打込み井戸)とはどんな井戸か?

打抜き井戸の特徴

打抜き井戸とは、鋼管を地中の水脈まで打ち込み、地下水を採取します。主に、地表近くの水脈を汲み上げるための井戸で、平均的な深さは5m~8m前後です。
当社が施工している打抜き井戸のサイズは32mmと50mmの2種類があり、現場等の状況に応じて使い分けされます。32mmは狭い場所向け、50mmは、地層がやや硬い層向けとなります。
井戸に使用される鋼管は2種類あり、ガス管(鉄管)とライニング管があります。ガス管は通常のパイプですが、ライニング管は内部が錆びつかないよう加工されているので、井戸本体の寿命が各段にUPしています。

当社の技術

一般的に利用されているの打抜き井戸は32mmSGP管ですが、当社では50mmのVLP VB管(内部ライニング加工)での打設も可能で、井戸本体の寿命も長く、ある程度硬い地層でも打抜くことが可能です。また、据付機材などは現場に合わせて、ある程度調整が利くので、狭い場所の施工も可能です。

打抜き工法の種類

打抜き井戸の主な用途

あらゆるニーズに対応する打抜き井戸は、一般家庭をはじめ、ホテル、学校、事務所、工事現場、洗車場,、畑など、様々な場所で利用されています。

費用、工期、施工条件など

単価は「1mあたり●●●円」といった計算となります。現場状況(作業範囲の広さ・過去データによる地層の硬さ)に応じて単価は異なります。お客様の現場を視察後、正式な見積もり単価が出ます。
工期につきましては最短で1日、長くても2日以内には打ち込めます。その後、湧水量・使用水量に合わせたポンプ選びを行い取付・完成となります。
施工条件は、上空に障害物などがなければ、ある程度の狭い場所でも施工は可能です。