Category Archives: 掘井戸関連

掘井戸掘削

掘井戸が完成!(松山市土居田町)

松山市土居田町で先日から着工した掘井戸掘削工事ですが、短期間で掘削完成となりました(^^)

地層的に掘りやすく、それに対応する掘削ツールを持ち合わせていたのが強みですね♪

掘井戸掘削
すでに予定深度まで掘削が終わった状態です。
掘井戸掘削
掘削直後の井戸孔内。
掘井戸掘削

機材を解体中です。手前にある井ガワが既存の井戸だったんですが、崩落してしまい埋め戻すことになり、掘削と同時進行しています。

井戸埋め 空気抜き処理

お祓いは既に終わっているので、空気抜き用の竹筒に塩ビ管で地表付近を配管し、邪魔にならない位置に突き出しました。

井戸埋め 空気抜き処理

空気抜き用竹筒と塩ビ管の隙間をビニールテープで塞ぎ埋設しました。

続いて連続揚水を行い、濁れを除去していきます。簡易的な水量調査もすることが可能です。

井戸水の連続揚水

動画も撮影してみたので、是非ご覧ください。

濁れもなくなったので、埋戻し用の土砂を搬入し、既存の井戸蓋を設置して完成となりました。

吸水配管は他社さんが行うという事で、その部分のみ埋戻しはしていません。

掘井戸 完成

冷たい地下水でスイカを冷やして食べると、また一段と美味しく感じられます。

そんな贅沢な水の使い方が出来るのも良いですね♪

ご依頼いただき、ありがとうございました(*^_^*)

井戸やポンプのご相談は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


掘井戸掘削

掘井戸掘削開始です(松山市土居田町)

さぁ、始まりました!久々の掘井戸掘削工事です♪

既存の掘井戸(瓦製)が崩落してしまったとのことですが、このタイプの井戸をご希望されていらっしゃったとのことで、一般家庭のお庭ですが、掘削させていただく運びとなりました(^^♪」

まずは既存井戸の埋め戻し作業から。

井戸の埋め戻し
井戸の埋め戻し作業。空気抜きは竹を使用しました。

一先ず空気抜きのパイプを突き刺して埋め戻しを行います。あとは陸上付近の井戸ガワを外すだけとなりました。

同時進行で、新井戸の掘削を行います。ユンボである程度の広さで掘削し、上層の崩落防止のため、仮鉄板を挿入します。

掘井戸掘削工事

あとは井戸ガワを連結。これを掘り下げていきますよ♪

お盆までには完工できるよう、しっかりと水分補給をしながら安全第一で頑張りたいと思います(#^.^#)

予定がかなり詰まっているので、早急な工事は対応できないのですが、予約は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


古井戸に手押しポンプ

古井戸に井戸蓋と手押しポンプ設置(今治市波止浜)

梅雨明けし暑い夏がやってきました(^O^)

暑いですけど雨で仕事が順延してしまうよりは全然マシです♪

では、ちょっと休憩時間を使ってブログ更新といきましょ~♪

今治市波止浜のお客様から、掘井戸の蓋設置と、手押しポンプの取付をご依頼いただきました。

まずは視察時の状況です。

古井戸
古井戸

井戸孔内には木の根が浸入していますが、今回は井戸洗浄はなしということで、この状態で手押しポンプを取り付けます。

まずは井戸蓋を製作。受注生産ですので、少々お時間を要します。

コンクリートが固まるまで待ち、その後、手押しポンプを設置するための加工を施していきます。

井戸蓋 加工

中央には手押しポンプの揚水管が入るため穴を開け、井戸蓋と木製土台との固定を行うため、双方に穴を開けてボルトで固定します。

井戸蓋 加工

中央の大きな穴の周りにある4つの小さな穴は、ポンプ固定用ボルト穴です。

このまま取り付けると、ボルト頭が蓋に干渉してしまうため、木製土台のボルト頭側をドリルで拡張する必要があります。

ある程度の加工を自社倉庫で済ませておいたので、あとは現場にて取付を行います。

吸水ストレーナ

吸水ストレーナを作ります。釣針状にすることで、孔底の砂を吸い上げるのを防ぐことができます。

古井戸に手押しポンプ

蓋と手押しポンプを設置して完成です!

試運転を行い、水も良く上がり、お客様も喜んでくださいました(*^_^*)

ご依頼いただきまして、ありがとうございました(^^)

井戸やポンプで何かありましたら、お気軽にお問い合わせください♪


壊れたポンプの取替(松山市桑原)

さてさて、今回の記事は掘井戸に設置されていた深井戸ジェットポンプが壊れてしまったとのことで、まずは視察させていただきました。

荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S

弊社が視察する前に、電気屋さんに診てもらったそうなのですが、コンセントに差すとブレーカーが落ちてしまうとのことで、制御盤の取替かポンプの取替をした方が良いと言われたそうです。

その情報を確認するために、同じ状況を再現すると、やはりブレーカーが落ちてしまいます。

ポンプも古く部品交換ではリスクが残るため、新しく取替えるお見積りをさせていただきました。

同じメーカーである荏原製か、別メーカーの川本製かでご検討。

その結果、川本製をご依頼いただきましたので、注文へと移ります。

お客様と一緒に、井戸の中も確認しました。

掘井戸 孔内

周囲には少し大きな植樹が植えられていたので、木の根が浸入しているかな~っと思ったのですが大丈夫でした(^^)

そしてポンプが届き、取替え作業へと続きます。

・・・既存ポンプを外し、新しいポンプの準備、据付・・・

メーカーも違うため、配管の取出し位置が全て違いますので、それらの位置を修正・・・

周囲に草が多く、地表の雨水の影響を受けないようにするため、ブロックにて嵩上げします。

色々とバタバタ作業が続き、写真撮影をする暇もなく

・・・

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S
川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

一気に完成写真となりますww(・_・;)

吸水側の2本の管は、一部大きな敷石の下に埋設されているため既存の管を使いました。

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

地上部の取替は完成です。

続いて、井戸孔内に設置してあるジェット部の取替えを行います。

昔のタイプなので、吸水管と圧力管の口径が異なります。新しく取替えるジェット部は両方が同じ口径なので、それらを修正して取替えます。

掘井戸 孔内 深井戸ジェット
ジェット部取替え

試運転を行い、正常な動作を確認。お引渡しとなりました♪

水が出てくれるようになって、お客様も喜んでくださいました(^^♪

少数で業務にあたっているため早急な対応が難しい時もありますが、井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!


ステンレス製手押しポンプの取付

昨日に続き、今日も雨が降り続いています!これだけ降ってくれたら地下水も回復してくれたでしょうか?

さて今回の記事は、古くなった手押しポンプがあるというお客様から、ステンレス製の手押しポンプに交換したいというご依頼を頂きましたので取替を施工させていただきました。

掘井戸と手押しポンプ
施工前の状態。

アンティーク調に加工が施されたお洒落な掘井戸があり、その上にこれまたレトロ感いっぱいの手押しポンプが設置されています。

レトロな手押しポンプ

中のピストン革も劣化しています。

そして今回新たに取付けるのがコチラ↓

川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 ドラゴン
川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 (通称:ドラゴン)
川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 ドラゴン

掘井戸にも設置できるよう木製の土台を注文しました。

本体固定用のボルトを設置しようとすると、ボルト頭が井戸蓋に干渉してしまい、そのままでは上手く取付けできないため、ボルト頭が土台の内部に収納できるようボルト孔を拡張し、深さ20mmほど削ります。

ポンプ土台が既存品と同サイズであったため既存の穴が使えますので、新しい土台にも同じ場所に穴を開けて、土台と井戸蓋を固定します。

手押しポンプの取付

土台固定前に、先に揚水管を接続しておく必要がありますのでご注意を!

手押しポンプの取付
先端ストレーナは底の異物を吸わないように釣り針状に加工してあります。
ステンレス手押しポンプの取替完成

吐き出し側にパイプを足し、井戸蓋を設置して完成です。

あと、水質検査もご依頼いただきましたので、しばらく揚水を行ってから検査に提出しました。

ご依頼いただき、ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

ステンレス製手押しポンプに興味がある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)


掘井戸&石積み井戸の洗浄(東温市志津川)

今日は日曜休みなのですが、溜まった過去の施工現場を記事にしていきたいと思います。もはや半年近く経過してしまっているのですが(;^ω^)

3年置きに井戸洗浄を施工させていただいてるお客様のところで、また井戸洗浄のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

敷地内に2基の掘井戸があり、1基はコンクリート製で、もう1基は石積みの井戸となります。

まずはコンクリート製掘井戸から始めます。

掘井戸の洗浄工事

井戸蓋が重く、持ち上げることが不可能なため、設けられたマンホールから潜入していきます

掘井戸の洗浄

梯子もないため、ワイヤーで宙吊りになりスプレーガンにて洗浄していきます。

掘井戸の洗浄

孔底まで到達すると、孔底に溜まった汚泥を水中ポンプで排出していきます。

地下水を連続揚水

湧水も透明になってきました(^^)/

そして翌日は、もう1基の石積み井戸を洗浄していきます。

石積み井戸の洗浄

こちらは、毎回緊張しますね。本業と言えども恐怖心はありますよ。入っている時に大地震が来たら・・・なんてことも考えたこともあります。

石積み井戸の洗浄

すごく綺麗に積まれていますよね。作った人は凄い!!

石積み井戸の洗浄

石をスプレーで洗いながら降下し、孔底に到着すると汚泥の排出作業に移ります。これにて洗浄作業は終了です。

あとは隣にあるポンプ周辺を清掃しまして完成となりました。

地下ポンプピット内の清掃

ご依頼いただきありがとうございました(^^♪

古井戸の掃除などお考えの方は、是非お声おかけくださいませ(^_-)-☆


古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)

またブログ更新が滞ってきてしまってます(´;ω;`)スミマセン。。

今回の記事は今治市菊間町にて古井戸の洗浄補強工事を施工させていただいた内容です。

家屋を解体した後に井戸が出てきたので再利用したいということでした。今までは屋内にあったのでしょうか?周囲は少し舗装が残っている状態でした。

古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
施工前の井戸状況
古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
吸い込まれそうですね(^_^;)
古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
井戸ガワは無く裸孔仕上げでした。

裸孔ではあるものの脆くはない状態でしたが、雨などで地表から水が流れ落ちて崩落する危険もあるため、一先ず陸上用に井ガワを設置し雨水の流入を防ぎます。

まずは井戸洗浄から始めました。

古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)

深さがあるため、水中ポンプ+陸上ポンプを合体させて汲み上げます。

古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
孔内から排出した土砂やゴミ

吸水パイプが付いたままの手押しポンプや、木片、石、土砂などが落下していたので撤去しました。

古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)
孔内から排出した土砂やゴミ

あとは、新しい井戸ガワと井戸蓋を設置して完成です。

古井戸の洗浄と補強(今治市菊間町)

古井戸も改修すれば、まだまだ使えるようになります!

「うちにもあるけど大丈夫かな~?」っと思われた方は、お気軽にお問い合わせくださいね~(*゚▽゚*)


検索