井戸洗浄関連 | 近松井戸工業所

Category Archives: 井戸洗浄関連

深井戸の洗浄と水量調査(松山市湯山柳)

今回の記事は、取引先さんからのご依頼で地域の共同給水井戸の洗浄と水量調査を施工させていただきました。

視察時の状況です。深井戸用ジェットポンプが設置されています。

深井戸の視察

では、施工当日。
仮設水中ポンプを設置して、施工前の水量調査を実施。

井戸の水量調査

ノッチタンクの高さを調整しつつ、水位降下測定を行います。

井戸の水量調査と水位降下量測定

次はエアーリフト洗浄へと移ります。
ケーシング管の損傷を防ぐために二重管リフトとし、エアー量を調整しつつ、孔内を洗浄していきます。

深井戸 洗浄 掃除 エアーリフト

エアーと共に濁れ水が勢い良く排出されています。
深度が深いため、洗浄位置を変更して、再度洗浄しました。

その後、施工後の水量調査を行うため、再度仮設ポンプを設置。同じくノッチタンクを用いて水量調査と水位降下量を測定していきました。

それらのデータを取りまとめて提出し、弊社の担当工事は完了です。

深井戸洗浄や水量調査などご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませヽ(*´∀`)ノ


井戸水の濁れと臭い対策(大洲市中村)

今回はとある業者さんからの依頼で、大洲市中村の現場にて掘井戸があるらしいのですが、一時的に濁れが出たり、臭いが気になるということで井戸洗浄を施工させていただいた時の内容です。

現場視察時の状況です。

古井戸の視察

石積みの掘井戸の中に、小さなコンクリート製の井戸ガワ 。そして写真では見えにくいですが、その中に更に小さい井戸ガワが設置されています。
3段掘りですね。

古井戸の視察

地上部は四角に囲まれています。半分は蓋が被さった状態で簡単には動かせない状態です。

古井戸の視察

吸水管は3本見えていますが、1本は手押しポンプが設置されていたと思われる残骸が残ったままです。

定期的に地下水の検査を行っていたとのことですが、ある時期に短期間だけ濁れ水が出たということでした。そして臭いもあるようです。

井戸事態に問題があるかわからないため症状が改善されるか分りませんが、お見積りを提出し、ご依頼いただきましたので井戸洗浄に着手!

まずは孔内の空気濃度を測定し、酸素を送風していきます。

古井戸の洗浄

陸上部分からスプレーガンで洗浄していきます。

古井戸の洗浄

孔内に潜入して洗浄を行います。不要と思われた吸水管も撤去しようと思ったのですが、人間の手では引き抜けない状態・・・
後々、お施主さん側にお聞きしたところ、このパイプは打抜き井戸として設置したそうです。そりゃ人力では抜けませんね。(;^ω^)

古井戸の洗浄

管の撤去は中止とし、孔底の浚渫作業に移ります。
底へ行くほど小さくなっているため、十分な作業スペースを確保することが難しいので、水中ポンプでの浚渫作業がメインとなります。

作業開始直後は細かい砂が多く出てきました。

古井戸の洗浄

2時間ほどの浚渫・揚水作業を続けると、かなり透明な水となりました。

古井戸の洗浄

砂もほとんど出なくなり、濁度も基準値以内となりました。
っが、臭いが少々するようです。
ただ、建物内部ということと、すぐ横に排水路があることので、もしかすると排水路の臭いがするのかもしれません。(建物の外で匂うと、その臭いはなくなったように感じました)

一先ず、弊社に依頼いただいた作業はここまでとなります。

臭いや濁れが井戸自体に原因があれば、井戸洗浄で改善できる可能性もありますが、流入してくる水自体が濁れていたり臭いがある場合は、井戸以外の場所に問題がありますので難しくなります。

井戸水の濁れや臭いでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください(^^)/


地下水発見!(松山市平田町)

現在、松山市平田町で進行中のボーリング井戸掘削工事現場にて、予定深度まで掘削が完了し、ケーシング管の建込が完成しました。

ボーリング井戸 ケーシング管建込

ケーシング管は、弊社の基本的な仕上げサイズとなるVP100仕上げ。
深度は・・・ここでは書けません。。。(;^ω^)

そして次はエアーリフト洗浄作業。孔内の泥は吐き出して、地下水を呼び込んでいきます。
緊張の瞬間です。

ボーリング井戸 洗浄

無事に地下水が出てきてくれました!(^^♪
水量もかなり多いのではないでしょうか!

ボーリング井戸 洗浄

通常、初日では濁れ水が出るのですが水量が多いためか、しばらくすると濁れも薄くなってきました。

ボーリング井戸 洗浄

同時進行で機材撤去を行います。

ボーリング井戸洗浄

今後も洗浄作業を続けていき、タイミングを見て仮設ポンプを設置する予定です。
年内には十分間に合いそうなので一安心です。

明日も頑張ります(^^)/


古井戸の簡易洗浄と水質検査(東温市南方)

今回の記事は、東温市南方のお客様から「古井戸が出てきたので再利用できるか調べて欲しい」とご依頼いただいた時の内容です。

視察時の状況がコチラ。

古井戸

石積みの掘井戸です。井戸蓋がなく陸上井戸ガワもないため、転落事故が起こらないようロープで囲ってありました。
孔内状況はコチラ。

古井戸(石積み井戸)

特別深いわけではありませんが、石積みということと、井戸径が小さいため、深く見えます。

井戸の状態が分かりませんので、まずは水量調査を兼ねた簡易洗浄を行い、安全に使えるかの水質検査を行う内容でお見積り。

外構工事業者さんが陸上用井戸ガワを設置し、工事のご依頼もいただきました。
転落防止用にフェンスを挟んでいるということで、作業するために必要最小限で切断開口しました。

古井戸の洗浄

水中ポンプを挿入し、孔底を浚渫します。

古井戸の洗浄

水を汲んで、初めて孔内・孔低状況が確認できます。徐々に全貌が明らかに。

古井戸の洗浄

孔底にはブロックや土砂などが落下しているようでした。

古井戸の洗浄

石積みということで危険が伴いますので、落下物の回収は今回は断念。
水量は十分出ていることから、連続揚水を行い水を呼び込んでいきます。同時に孔壁などを塩素消毒し、水質検査へと提出しました。

井戸の湧水量
水質検査

水質検査の結果、「大腸菌」が検出されてしまいました。消毒を行ったとはいえ、まだ汚染元が残っている可能性もありますが、それ以外にも流入してくる水自体に存在している可能性もあります。
今後も定期的に水質検査を行って様子を見てみることを助言させていただき、今回は作業終了となりました。

古井戸が出てきて困っている方がいらっしゃったら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)


深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今回は松山市緑町にて深井戸水中ポンプの取替工事を施工させていただいた内容を書いていきたいと思います(^O^)

もうだいぶ古い水中ポンプのため、増税前というタイミングもあり新しいポンプに交換されるということでご依頼いただきました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

過去に撮影した時の写真です。川本製の深井戸ポンプ制御盤です。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今までにも色々と部品交換をして大事に使ってきました。
では、次に新しいポンプへと取替えを・・・・っとその前に、せっかくの機会なので井戸洗浄を実施することになりました。
ボーリング井戸を洗浄する場合は、一度水中ポンプを引き抜くことが前提となりますので、同時に施工する方が低コストです。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
井戸ピット
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
引き抜いた深井戸水中ポンプ

錆が付着して固形化しています。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

水を吸い込んでいるストレーナ部は、半分以上が目詰まりしていますね(^_^;)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

次の水中ポンプを準備している間に、エアーリフト洗浄で井戸を綺麗にしていきます。
やはり最初は多くの濁れ水が出てきましたが、次第に濁れも薄くっなってきます。

井戸洗浄が終われば、次は新しい水中ポンプを挿入し、陸上制御ユニットも交換していきます。

川本製UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S

電気コードがコンセント差込タイプだったため、検討の末、屋外防雨コンセントを増設することになりました。

井戸ピットは車両が乗り上げるということもあり、蓋をしてセメント舗装し、完成となりました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/


地質調査孔を井戸として利用(松山市河野中須賀)

昨日から涼しくなってきた松山市です。

相変わらずバタバタが続いてまして、9月後半頃じゃないと動けないかもしれません。。(^_^;)

天候により順延してしまうため、最近の雨のせいで予定がずれ込んでしまってます。。

嘆いててもしょ~がないので、ブログ更新といきましょ~♪

7月下旬になりますが、知り合いの地質調査業の方から、「調査ボーリング孔にケーシング(VP50)を挿入し井戸として設置したので、ポンプ移設をお願いできますか?」と依頼がありました。

調査井は2本あり、片方は既に水量調査や水質検査が終わっているらしいのですが、もう1本はデータが何もないため、まずは確認したいとのことでした。

浅井戸とポンプ
これが既存の井戸とポンプです。深度が浅いとのことで水量が少ないようです。
地質調査用の孔を井戸として利用

まずはこの調査孔の洗浄と水量調査を行います。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エアーリフト洗浄開始です。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エンジンポンプで揚水し、簡易水量調査を行います。

地質調査ボーリング井の水量調査

計測すると約10L/min程度です。これでは使えないということで、予定していた水質検査は中止とし、もう1本の調査孔にポンプを移設することとします。

っが、お客様曰く「当時のデータ計測では揚水ポンプではなかった気がする」とおっしゃられていたので、こちらも水量調査を実施しました。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

見えにくいですが、中央よりやや右上に見えるパイプが調査孔です。こちらもVP50でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

エンジンポンプにて揚水すると、1本目とは全然違う水量でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

これで安心して移設することが出来ました!

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

「一時的に使うだけだから綺麗に仕上げなくてもいいよ。パイプも地面を這わして構わない」とのことでしたので、送水側も露出配管としました。将来的に洗浄が必要になるかもしれないと思い、上部に開口部を設けています。

これで一安心・・・・

っと思っていたのですが、翌朝使おうとしたところポンプが回るが水が出ないと連絡がありました。

接続部の緩みかなと思い、ネジ部にシール材を塗布。呼水も抜けていたので注水し運転すると給水開始となりました。

しかし、また別の日。水が出ないということで、同じ症状でした。

井戸に水が返っているのが原因であるのは間違いないのですが、では一体どこから?調査孔を仕上げた業者さんに、どのような仕上げをしているのかお客様に確認してもらったところ、報告書も貰っていたようで、そこには「ケーシング管とポンプを直結しないでください」と書かれていたそうです。

仕様書図面を見てみると、地面から僅か数メートル以内にストレーナ(取水孔)が設けられていました。

ケーシング管の連結部(ソケット等)の仕上げも気になるところなので、報告書通りに内部に吸水管を挿入して吸水する方式にチェンジ。

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

その後、水が返るという事はなくなったので、これでようやく一安心です♪

地質調査用の穴を井戸として使われる方も多いようですが、ほとんどの場合、地質調査用なのでVP50仕上げが限界でしょうか。

それだと、万が一水位が降下し陸上ポンプの吸水限界水位(7~9m)を下回ってしまうと、陸上ポンプでは水を吸い上げることができません。

小口径の井戸に使える深井戸シングルジェットポンプというものがありますが、正直なところ、オススメすることはできませんね~(^_^;)

取付には特殊な方法を用いる必要があり、またメンテナンスで内部から引き抜こうとしても、長年の錆等が付着して引き抜くことが困難であったり・・・

無理に引き抜き井戸本管が破損してしまい、ジェットが入らないor水が上がってこない・・・そのため井戸を掘り直すといった方もいらっしゃいました。

水位が深い場合は、深井戸水中ポンプを挿入し、井戸内部から「押し上げる」という方法で給水することが理想ですので、水中ポンプが挿入できるφ100mm以上での井戸仕上げをオススメします(^^♪

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


水量が減ったため井戸洗浄!(松山市高木町)

梅雨空が続きますね~(;^ω^)ダムの貯水率も順調に回復していってるのかな?確か80%を超えてたと思います。

では、お仕事の記事更新していきますね(^^)/

松山市高木町のお客様から、水の出も悪くなってきたということで、視察させていただきました。

日立製 WT-P200V
日立製ポンプ WT-P200V

水は少しずつ出てるのですが、かなり少ないです。砂こし器はご自身で洗浄されていらっしゃるとのことでしたので、目詰まりの可能性は低そうです。

やはり井戸ストレーナの詰まりを疑い、エアーリフト洗浄と砂こし器の取替をご依頼いただきました(^^)

打抜き井戸なのですが、本管の内部に塩ビの管を突き刺して吸水するという仕様になっていました。

打抜き井戸と吸水パイプ

水量が多い地域なら実現できますね。これが湧水量が少ない地域だと、ポンプの汲み上げ量に間に合わず、汲み切ってしまう状態になってしまいます。

では、エアーリフト洗浄へと移ります。残念ながら写真を撮るのを忘れてしまったのですが、水量は多いです。

堆積した砂利が出てくるかと思いきや、思いのほか、すぐに透明な水となり、砂もほとんど出なくなりました。

井戸の深さと、引き抜いた吸水管の長さを計測すると、吸水管が井戸底から1~2cmしか上がっていませんでした。

おそらく、底に砂が溜まり吸水管先端が埋まってしまったのが原因と考えられます。

砂こし器と吸水側配管を取り替えるご依頼もいただいていましたので、新しい吸水パイプは底から500mmほど上げて吸水するように変更。これで砂に埋まることはないと思います(^^♪

井戸洗浄・吸水パイプ取替後
川本製 砂こし器 SFP-20

この後、砂こし器の付属カバーを取付け、井戸と吸水パイプの隙間に異物が入らないようテープで保護しておきました。

水量も増加して一安心です!(^^)!

また、先日別の現場で日立のポンプトラブルがあり、このポンプはどうかな~っと確認してみたところ、やはり若干の痛みがありました。

吸水フランジ裏の損傷

吸水側フランジ裏のプラスチック部分に小さな亀裂が・・・。

まだ内部まで到達していないようなので問題なさそうですが、将来的には傷んでくるでしょう。

取引先さんからは「型が古いので、部品の納品に2カ月ほどかかる」と言われたので、お客様からも早速のご注文をいただきました。届き次第、交換させていただきますね(^^)/

井戸やポンプで何かトラブルがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


検索