ボーリング井戸関連 | 近松井戸工業所

Category Archives: ボーリング井戸関連

深井戸の洗浄と水量調査(松山市湯山柳)

今回の記事は、取引先さんからのご依頼で地域の共同給水井戸の洗浄と水量調査を施工させていただきました。

視察時の状況です。深井戸用ジェットポンプが設置されています。

深井戸の視察

では、施工当日。
仮設水中ポンプを設置して、施工前の水量調査を実施。

井戸の水量調査

ノッチタンクの高さを調整しつつ、水位降下測定を行います。

井戸の水量調査と水位降下量測定

次はエアーリフト洗浄へと移ります。
ケーシング管の損傷を防ぐために二重管リフトとし、エアー量を調整しつつ、孔内を洗浄していきます。

深井戸 洗浄 掃除 エアーリフト

エアーと共に濁れ水が勢い良く排出されています。
深度が深いため、洗浄位置を変更して、再度洗浄しました。

その後、施工後の水量調査を行うため、再度仮設ポンプを設置。同じくノッチタンクを用いて水量調査と水位降下量を測定していきました。

それらのデータを取りまとめて提出し、弊社の担当工事は完了です。

深井戸洗浄や水量調査などご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませヽ(*´∀`)ノ


地下水発見!(松山市平田町)

現在、松山市平田町で進行中のボーリング井戸掘削工事現場にて、予定深度まで掘削が完了し、ケーシング管の建込が完成しました。

ボーリング井戸 ケーシング管建込

ケーシング管は、弊社の基本的な仕上げサイズとなるVP100仕上げ。
深度は・・・ここでは書けません。。。(;^ω^)

そして次はエアーリフト洗浄作業。孔内の泥は吐き出して、地下水を呼び込んでいきます。
緊張の瞬間です。

ボーリング井戸 洗浄

無事に地下水が出てきてくれました!(^^♪
水量もかなり多いのではないでしょうか!

ボーリング井戸 洗浄

通常、初日では濁れ水が出るのですが水量が多いためか、しばらくすると濁れも薄くなってきました。

ボーリング井戸 洗浄

同時進行で機材撤去を行います。

ボーリング井戸洗浄

今後も洗浄作業を続けていき、タイミングを見て仮設ポンプを設置する予定です。
年内には十分間に合いそうなので一安心です。

明日も頑張ります(^^)/


深井戸ボーリング掘削 準備

深井戸ボーリング掘削開始!

本日より、深井戸ボーリング掘削工事を開始しました!
まずは機材を搬入して仮設を行いました。

深井戸ボーリング掘削 準備

まだ建物が建築される前ということなので、スペースも広く作業もスムーズに行うことができます。

深井戸ボーリング掘削 準備

櫓を設置し、掘削機をマウントさせます。

深井戸ボーリング掘削 準備

2~3日ほどかけて機材の設置と下準備を行うと、あとは本腰入れて掘削していくのみです!!

安全第一で頑張りますよ~(≧∇≦)/


深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今回は松山市緑町にて深井戸水中ポンプの取替工事を施工させていただいた内容を書いていきたいと思います(^O^)

もうだいぶ古い水中ポンプのため、増税前というタイミングもあり新しいポンプに交換されるということでご依頼いただきました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

過去に撮影した時の写真です。川本製の深井戸ポンプ制御盤です。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今までにも色々と部品交換をして大事に使ってきました。
では、次に新しいポンプへと取替えを・・・・っとその前に、せっかくの機会なので井戸洗浄を実施することになりました。
ボーリング井戸を洗浄する場合は、一度水中ポンプを引き抜くことが前提となりますので、同時に施工する方が低コストです。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
井戸ピット
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
引き抜いた深井戸水中ポンプ

錆が付着して固形化しています。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

水を吸い込んでいるストレーナ部は、半分以上が目詰まりしていますね(^_^;)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

次の水中ポンプを準備している間に、エアーリフト洗浄で井戸を綺麗にしていきます。
やはり最初は多くの濁れ水が出てきましたが、次第に濁れも薄くっなってきます。

井戸洗浄が終われば、次は新しい水中ポンプを挿入し、陸上制御ユニットも交換していきます。

川本製UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S

電気コードがコンセント差込タイプだったため、検討の末、屋外防雨コンセントを増設することになりました。

井戸ピットは車両が乗り上げるということもあり、蓋をしてセメント舗装し、完成となりました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/


深井戸ジェットポンプ メンテナンス

深井戸ジェットポンプのメンテナンス(松山市中村)

ここ最近は、稲刈り時期となっていましてバタバタとしています。

来週初め頃には落ち着いてくる予定なので、それ以降に井戸のことを進めていきますね(^O^)

ブログ更新は全然できますから、書いていきたいと思います。

前回の記事の流れで宇和島市の工事内容を書きたかったのですが、写真が別の媒体に入っていて、すぐに記事にすることができませんでしたので、別の内容に変更します( ̄▽ ̄;)

とある業者さんからの依頼で、「深井戸ポンプの調子が悪いので見て欲しい」とお話いただきました。

井戸もポンプも弊社が施工したものではありませんので、詳しい状況までは把握できていませんが、どうやらポンプが止まらないそうです。

深井戸とジェットポンプ
ボーリング井戸
ボーリング井戸
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X

ポンプ自体もまだ新しい感じだったのですが、水量も少なく、異音もしていました。

水量が少ないということは詰まりが発生しているということなので、ジェット部か陸上ユニットのどこかか・・・

ジェット部点検となると、やや大掛かりになってしまうので、まだ容易にチェックできる陸上ユニット部の点検を行います。

吸水側フランジを外してみると、そこにストレーナメッシュがあり、木片のような異物が付着していました。

そもそもの原因が、これだったのだと思います。

洗浄して再設置。

せっかくなので、インペラ部もチェックしてみましたが、そこは問題ありませんでした。

再組立を行い、いざ試運転。水量も良く出るようになり、ポンプも自動停止するようになりました。

他社施工なので、井戸ストレーナ位置やジェット設置位置がわからないため、適正な設置がされていたのかが分かりませんが、一先ず症状が改善されたので良かったです(^O^)

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。


地質調査孔を井戸として利用(松山市河野中須賀)

昨日から涼しくなってきた松山市です。

相変わらずバタバタが続いてまして、9月後半頃じゃないと動けないかもしれません。。(^_^;)

天候により順延してしまうため、最近の雨のせいで予定がずれ込んでしまってます。。

嘆いててもしょ~がないので、ブログ更新といきましょ~♪

7月下旬になりますが、知り合いの地質調査業の方から、「調査ボーリング孔にケーシング(VP50)を挿入し井戸として設置したので、ポンプ移設をお願いできますか?」と依頼がありました。

調査井は2本あり、片方は既に水量調査や水質検査が終わっているらしいのですが、もう1本はデータが何もないため、まずは確認したいとのことでした。

浅井戸とポンプ
これが既存の井戸とポンプです。深度が浅いとのことで水量が少ないようです。
地質調査用の孔を井戸として利用

まずはこの調査孔の洗浄と水量調査を行います。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エアーリフト洗浄開始です。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エンジンポンプで揚水し、簡易水量調査を行います。

地質調査ボーリング井の水量調査

計測すると約10L/min程度です。これでは使えないということで、予定していた水質検査は中止とし、もう1本の調査孔にポンプを移設することとします。

っが、お客様曰く「当時のデータ計測では揚水ポンプではなかった気がする」とおっしゃられていたので、こちらも水量調査を実施しました。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

見えにくいですが、中央よりやや右上に見えるパイプが調査孔です。こちらもVP50でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

エンジンポンプにて揚水すると、1本目とは全然違う水量でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

これで安心して移設することが出来ました!

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

「一時的に使うだけだから綺麗に仕上げなくてもいいよ。パイプも地面を這わして構わない」とのことでしたので、送水側も露出配管としました。将来的に洗浄が必要になるかもしれないと思い、上部に開口部を設けています。

これで一安心・・・・

っと思っていたのですが、翌朝使おうとしたところポンプが回るが水が出ないと連絡がありました。

接続部の緩みかなと思い、ネジ部にシール材を塗布。呼水も抜けていたので注水し運転すると給水開始となりました。

しかし、また別の日。水が出ないということで、同じ症状でした。

井戸に水が返っているのが原因であるのは間違いないのですが、では一体どこから?調査孔を仕上げた業者さんに、どのような仕上げをしているのかお客様に確認してもらったところ、報告書も貰っていたようで、そこには「ケーシング管とポンプを直結しないでください」と書かれていたそうです。

仕様書図面を見てみると、地面から僅か数メートル以内にストレーナ(取水孔)が設けられていました。

ケーシング管の連結部(ソケット等)の仕上げも気になるところなので、報告書通りに内部に吸水管を挿入して吸水する方式にチェンジ。

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

その後、水が返るという事はなくなったので、これでようやく一安心です♪

地質調査用の穴を井戸として使われる方も多いようですが、ほとんどの場合、地質調査用なのでVP50仕上げが限界でしょうか。

それだと、万が一水位が降下し陸上ポンプの吸水限界水位(7~9m)を下回ってしまうと、陸上ポンプでは水を吸い上げることができません。

小口径の井戸に使える深井戸シングルジェットポンプというものがありますが、正直なところ、オススメすることはできませんね~(^_^;)

取付には特殊な方法を用いる必要があり、またメンテナンスで内部から引き抜こうとしても、長年の錆等が付着して引き抜くことが困難であったり・・・

無理に引き抜き井戸本管が破損してしまい、ジェットが入らないor水が上がってこない・・・そのため井戸を掘り直すといった方もいらっしゃいました。

水位が深い場合は、深井戸水中ポンプを挿入し、井戸内部から「押し上げる」という方法で給水することが理想ですので、水中ポンプが挿入できるφ100mm以上での井戸仕上げをオススメします(^^♪

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


深井戸ジェットポンプの取替

深井戸ジェットポンプの取替(松山市衣山)

今日も暑かったですね~(;^ω^)熱中症になるかと思いましたよ。

現場作業が終わると頭痛と吐き気に襲われたので、ゆっくりと休養してから、涼しくなった夜にブログ更新していきますね。

久々に今日の作業の内容です♪

松山市衣山のお客様からポンプ交換のご依頼をいただきました♪ありがとうございます。

私の父が30年ほど前に掘削したボーリング井戸とのことです。

井戸ピット内の様子

下の写真が問題のポンプです。日立CT-P400F。

かなり老朽化が進んでまして、モーターが動くたびに騒音が発生してしまうということでした。

まずは既存のジェット部を引き抜き、既存配管も全て撤去します。

その後、新しく吸水管と圧力管を敷設していきます。

配管がブロック基礎の下に入っているため、ちょっと大変でした(;^ω^)

取り付けたポンプは川本製深井戸ジェットポンプJF-400S。

1回目の試運転すると、なかなか水が満水にならず・・・どうやら逆勾配の箇所があったようです。

そのため余計な手間を取ってしまいました(;’∀’)

その後の試運転を行い、正常に水が出ることを確認!一安心です。

暑い中、私たちのために熱中症対策のためジュースやお茶・日傘など、たくさんの対策をしてくださり、本当にありがとうございました(^^♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


検索