除菌器の定期メンテナンス

こんにちは。今日の松山、良いお天気です(^_^)

さて、今朝のことですが、井戸水の除菌を行っている除菌器のメンテナンスを実施してきました。

井戸水の中に微量の塩素を注入させて除菌を行います。水の量に応じて自動で塩素が注入されますので、定期的に塩素を補充する必要があります。

それと同時に、塩素成分が固形化して目詰まりすることもありますので、分解・点検は必須です。

今回は残留塩素の反応が見られなかったため、何か異常があると判断。

給水本管に注入させている「チェック弁」に詰まりが発生していました。

井戸水 除菌器 詰まり

写真の白い部分。これが全て固形化した塩素です。(通常は黒色です)

除菌器の末端部分にあたりますので、中間にも堆積している可能性は十分考えられます。

各部の弁体をチェックし洗浄を行いました。

 

今回は薬液残量があったので実施していませんが、できれば薬液タンク内部と同時に洗浄すると良いですね。

地下水の安定利用を行うために、井水設備の点検も行うようにしましょうね(#^^#)

気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です