松山市 | 近松井戸工業所 - Part 2

紫井戸と片目鮒の井戸

紫井戸

紫井戸と片目鮒の井戸

皆さん、松山市内には不思議な井戸があるのをご存知でしょうか?
「紫井戸」と「片目鮒の井戸」と呼ばれる井戸があります。
伊予節の歌詞にも詠まれています。

伊予節
愛媛県
■歌詞
伊予の松山 名物名所 三津の朝市
道後の湯 おとに名高き五色ぞうめん
十六日の初桜 吉田さし桃こかきつばた
高井の里のていれぎや 紫井戸や
片目鮒 うすずみ桜や 緋のかぶら
ちょいと 伊予絣

伊予の 道後の名物名所 四方の景色は
公園地 音に名高き 紅葉の茶屋に
意気な料理は かんにん桜
道後煎餅や 湯ざらし艾
お堀の渕の川柳 冠山や玉の石
さても見事な 碑文石
ちょいと 見やしゃんせ

竹に節あり 枝にも小ぶし
端唄伊予ぶし 竹尽くし 主は若竹
日頃寒竹 ぐちを云うのが 女子竹
孟宗淡竹の竹までも 義理を立て抜く
男竹 雪折れ笹や 黒竹に せめて
寝ざさは七夕の ちょいと 一夜竹

紫井戸の伝説

 紫井戸は、昔から「松山の七不思議」に数えられ、「伊予節」に歌われて、人々に親しまれてきた井戸である。
 この紫井戸という美称の由来は、二説あり、その一つは井戸の水が常に紫色に見えていたことによるという。
その二つは、水質の良い、この水を使って醤油を作ったので、醤油の呼び名の「むらさき」の井戸と呼ばれるようになったというのである。
 『松山有情』(佐々木忍)によると、「このあたりは水の豊富なところで、大正の末期ころまでは、地下水が自噴していた」とあり、この紫井戸もあふれるほどの水量があったと伝えられている。
 すぐ近くの「片目鮒の井戸」と地下の水路でつながっていて、「片目の鮒」が泳いでいるのを見たという話も残っている。日露戦争で松山の捕虜収容所にいたロシア人が、この井戸水を好んで飲んだともいわれる。(松山市教育委員会)

紫井戸
紫井戸
紫井戸
紫井戸
紫井戸の立札
紫井戸の立札

片目鮒の井戸の伝説

 弘法大師が四国巡礼の旅で紫井戸の近くを通り過ぎようとすると、ある家の庭先で一人のおばあさんがフナを料理していました。
 包丁で生きたまま片身をそがれたフナは、残った半身をピクピクと動かしながら悲しそうな目を大師に向けました。
(うむ。ここで出会ったのも何かの縁か)
 大師はお金を取り出すと、おばあさんに言いました。
「その片身のフナを売ってくれませんか? 片身ではあるが生きたまま逃がしてやりたい」
「はあ? これを逃がす?」
 おばあさんは首をかしげながらも、片身になったフナを大師に売ってやりました。
(このお坊さん、頭がおかしいのでは? 片身のフナを逃がしたところで、すぐに死んでしまうのに)
 ところが不思議な事に、大師が片身のフナをそっと川へ逃がしてやると、片身になったフナは一生懸命に紫井戸につながる川を泳いでいきました。
 そしてきれいな水の湧き出る紫井戸を自分のすみかにして、元気に子孫を残していったのです。
 ある日の事、フナを大師に売ったおばあさんが紫井戸を覗いてみると、なんと井戸の中にいるフナは全部片目のフナだったそうです。
(情報元:紫井戸の片目ブナ 弘法話 愛媛県・松山市の民話 <福娘童話集 きょうの新作昔話>

この井戸は民家の敷地内にあるため、勝手に入ることができません。そのため、写真撮影することができませんでした(^_^;)

片目鮒の井戸があるお宅
片目鮒の井戸があるお宅

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今回は松山市緑町にて深井戸水中ポンプの取替工事を施工させていただいた内容を書いていきたいと思います(^O^)

もうだいぶ古い水中ポンプのため、増税前というタイミングもあり新しいポンプに交換されるということでご依頼いただきました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

過去に撮影した時の写真です。川本製の深井戸ポンプ制御盤です。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今までにも色々と部品交換をして大事に使ってきました。
では、次に新しいポンプへと取替えを・・・・っとその前に、せっかくの機会なので井戸洗浄を実施することになりました。
ボーリング井戸を洗浄する場合は、一度水中ポンプを引き抜くことが前提となりますので、同時に施工する方が低コストです。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
井戸ピット
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
引き抜いた深井戸水中ポンプ

錆が付着して固形化しています。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

水を吸い込んでいるストレーナ部は、半分以上が目詰まりしていますね(^_^;)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

次の水中ポンプを準備している間に、エアーリフト洗浄で井戸を綺麗にしていきます。
やはり最初は多くの濁れ水が出てきましたが、次第に濁れも薄くっなってきます。

井戸洗浄が終われば、次は新しい水中ポンプを挿入し、陸上制御ユニットも交換していきます。

川本製UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S

電気コードがコンセント差込タイプだったため、検討の末、屋外防雨コンセントを増設することになりました。

井戸ピットは車両が乗り上げるということもあり、蓋をしてセメント舗装し、完成となりました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/


井戸設備の撤去

井戸設備の撤去(松山市古川南)

今回の記事は、以前「とある工事」で設置した打抜き井戸と給水設備なんですが、工事終了したため、全撤去を行うことになりました。

井戸設備の撤去

このような感じで設置されていました。
まずは井戸とポンプを切り離します。

井戸設備の撤去

ポンプの撤去が終われば、あとは油圧ジャッキを用いて引き抜いていきます。

井戸の引き抜き

実に設置から2年が経過していましたので、引き抜けるか心配でしたが、なんとか無事に引き抜くことができました( ̄▽ ̄;)
(思った以上に時間がかかりましたが・・・)

打ち込んだパイプが曲がっていたり、年数が経過した井戸は引き抜くことが難しくなるのでご留意を!!(´・ω・`)


深井戸ジェットポンプ メンテナンス

深井戸ジェットポンプのメンテナンス(松山市中村)

ここ最近は、稲刈り時期となっていましてバタバタとしています。

来週初め頃には落ち着いてくる予定なので、それ以降に井戸のことを進めていきますね(^O^)

ブログ更新は全然できますから、書いていきたいと思います。

前回の記事の流れで宇和島市の工事内容を書きたかったのですが、写真が別の媒体に入っていて、すぐに記事にすることができませんでしたので、別の内容に変更します( ̄▽ ̄;)

とある業者さんからの依頼で、「深井戸ポンプの調子が悪いので見て欲しい」とお話いただきました。

井戸もポンプも弊社が施工したものではありませんので、詳しい状況までは把握できていませんが、どうやらポンプが止まらないそうです。

深井戸とジェットポンプ
ボーリング井戸
ボーリング井戸
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X

ポンプ自体もまだ新しい感じだったのですが、水量も少なく、異音もしていました。

水量が少ないということは詰まりが発生しているということなので、ジェット部か陸上ユニットのどこかか・・・

ジェット部点検となると、やや大掛かりになってしまうので、まだ容易にチェックできる陸上ユニット部の点検を行います。

吸水側フランジを外してみると、そこにストレーナメッシュがあり、木片のような異物が付着していました。

そもそもの原因が、これだったのだと思います。

洗浄して再設置。

せっかくなので、インペラ部もチェックしてみましたが、そこは問題ありませんでした。

再組立を行い、いざ試運転。水量も良く出るようになり、ポンプも自動停止するようになりました。

他社施工なので、井戸ストレーナ位置やジェット設置位置がわからないため、適正な設置がされていたのかが分かりませんが、一先ず症状が改善されたので良かったです(^O^)

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。


除鉄槽 濾材交換

除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

今回の記事は、井戸水に含まれる鉄分を除去するための「除鉄槽」について書いていきます。

鉄分が基準値を超えている場合は、様々な機器に悪影響を及ぼします。

例えば、白色のコンクリートやタイルが赤く着色されたり、配管内部が目詰まりしたり・・・。

それを防ぐために水質改善装置の出番です。鉄を除去するなら除鉄槽、マンガンを除去するなら除マンガン槽。。

ただ、確実に除去できるというわけでもなく、メーカーさんによって除去できる範囲が決まっていますので、まずはメーカーさんに対応可能か否かの判断をしてもらうことが必要です。(指定の水質検査を実施し、除去範囲外であれば購入することができないメーカーもあります)

運用には塩素と反応させて除去する方法や、イオン交換で除去する方法などがあり、どちらも定期的なメンテナンスが必要となるため、手間とコストがかかるのが難点ですね。

ではでは、実際に取付けしてある現場をご紹介していきますね。

まずは、業務用で井戸水を使っているとのことですが、水の出が悪いとのことで視察。ポンプを疑う人が多いのですが、周辺を見てみると除菌機と除鉄槽、そして浄水器が設置されていました。

ポンプ吐き出し側の別口から水量を確認してみると、勢い良く水が出ました。そして除鉄した後の水量を見てみると、ほとんど水が出ていません。

なので、間違いなく濾材の詰まりが原因でしょう。

お見積り後、正式にご依頼いただきましたので交換作業へ入ります。

まずは作業前。

川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS 
川本製 浄水器  MRK2-25
川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS
川本製 浄水器  MRK2-25

まずは除鉄槽からいきましょう。蓋を外します。

除鉄槽 メンテナンス

カチンコチンですね。濾材が固まってしまってます。なので、古い濾材を撤去していきます。全て除けると、フィルターがありますので、そちらも交換します。

除鉄槽 メンテナンス
除鉄槽 フィルター
除鉄槽 濾材交換

セットし終わると、今度は新しい濾材を充填していきます。

除鉄槽 濾材交換

充填素材は2種類ありますので、順番を間違えないように注意します。

除鉄槽 濾材交換

パッキン類も全て交換し除鉄槽は完成です。

続いて浄水器へ。こちらも蓋を外します。

浄水器 フィルター交換

真っ黒ですね・・・中にもまだフィルターがあります。

浄水器 フィルター交換

小さなフィルターが4本。こちらも同じように真っ黒です。汚れたフィルターは外して、本体内部を洗浄していきましょう。

浄水器 フィルター交換

頑固に着色してしまった部分もありますが、大体綺麗になれば完成です。

次に新しいフィルターを取り付けていきましょう。

浄水器 フィルター交換

中央にある4本のフィルターをセットします。次に外側の大きなフィルターをセット。

浄水器 フィルター交換

フィルター固定を忘れずに行い、蓋をすれば完成です。

通水後は各機器の上部にあるバルブからエアー抜きを行いましょう。

水も良く出るようになりました(≧∇≦)/

井戸やポンプなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSにも「除鉄・除マンガン装置のトラブル」というトピックがありますので、参考になる情報があれば幸いです。


砂こし器 取替

砂こし器の取替(松山市高浜町)

10月に入りました!今日から消費税率が10%になりましたね。

日本各地でもトラブルも多いみたいで、なかなか大変です。

さてさて、では夜のブログ更新といきましょ~w

松山市高浜町のとある現場で、海水を汲み上げているポンプの砂こし器から泡が出ているとのことで調査してきました。

砂こし器が設置されているので、まずは点検カバーのチェック。すると亀裂が入っているのを発見したので、点検カバーとOリングを交換してみました。

っが、完全に泡が止まることはありません。

次に疑うべきは砂こし器本体と、ポンプ吸水側フランジ。そして角弁。

海が近いためと、海水を汲み上げているせいもあり、砂こし器自体もかなり傷んでいるので、それらの交換をご依頼いただきました。

交換後がコチラ。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 S2-40
砂こし器 取替

ポンプ吸水側フランジと、その間に挟んでいる角弁、ニップルも新しく交換しました。

試運転を行いチェックすると、気泡が発生することもなくなりましたので、これで完成です(*゚▽゚*)

永久的に使えるものなどありませんから、やはり傷んできたら早めに交換することがトラブルを防ぐ一番の解決策ですね。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSもどんどんご利用ください(≧∇≦)/


井戸ポンプ取付

井戸ポンプの移設(松山市北立花町)

今日は意外と天気が良くなりましたね(*゚▽゚*)これから徐々に下り坂でしょうか??

ではでは、ブログ更新といきますよ~♫

以前、こちらの記事でご紹介させていただいた現場なのですが、井戸ポンプの取付もご依頼いただきました。

ポンプはお知り合いの方が譲ってくださるそうなので、足りない部品等のみ納品させていただきました。

井戸ポンプ取付

井戸自体が斜めに傾いています。砂こし器をポンプ側に設置しようと思ったのですが、古いポンプということもあり、鉄製部品接続により亀裂が入る危険もあるため、今回は井戸側に取付しました。

井戸ポンプ取付

試運転を行い無事に水が出ることを確認。

ポンプ以降の配管接続や、電気工事は別業者さんにお願いしていただくということで、これにて完成となりました(^O^)

ご依頼いただき、ありがとうございました(=^0^=)

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ~♫

SNS上でやりとりできる井戸端SNSも是非ご活用ください(≧∇≦)/


検索