松山市 | 近松井戸工業所 - Part 2

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

おはようございます。

仕事でもプライベートでも色々とバタバタしてまして、またブログ更新が滞ってしまうところでした(^_^;)

朝の空いた時間を活用して更新していきますね!

 

以前、記事にもした現場「15年経過したポンプをメンテナンスしてみるも・・・」ですが、その後の打ち合わせで、新しいポンプに取替えさせていただくこととなりました。

 

吸水側配管が床下へと延びており、井戸本体を見ることができないのですが、ストレーナの目詰まりも解消させるため手押しポンプで揚水洗浄を行うと、水も良く上がってきたので一安心です。

 

あとは新しいポンプと砂こし器を取り付けて完成です。

試運転を行い、正常に運転・停止することを確認。

お引渡しとなりました。

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

 

「物を大事に使う」ということはとても大切なことではありますが、「水」という毎日の暮らしに必須なものに関連する設備なだけに、頻繁に故障があっては不便が生じてしまうため、ある程度老朽化が進めば新しい物と交換するということも考えなくてはいけませんね。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(#^.^#)


ポンプは消耗品で直ることも!逆止弁の交換

ポンプは消耗品で直ることも!(松山市中野町)

おはようございます。

今日、明日あたりから天気が下り坂になる予報になってますが、どうなりますかね?!

 

さてさて、今日ご紹介する記事は、ポンプに関する内容です。

以前砂こし器の交換をご依頼いただいたお客様から、水が出なくなったので見て欲しいと依頼がありました。

 

お客様自身、ポンプを交換しなきゃいけないと考えていたそうですが、まずは考えられる原因を探っていきます。

症状を聞くと、どうも井戸に水が返ってしまうのが原因のようです。

「井戸に水が返る」と言っても、その原因の箇所は色々あります。地上に露出している配管や接続部であればまだ大丈夫ですが、もし井戸本管に損傷があれば、井戸の掘り直しということも考えなければなりません。

まずは井戸への返りを止める「逆止弁」を見てみましょう。

 

写真の左側が使用中のもの。右側が新品の逆止弁です。

ポンプは消耗品で直ることも!逆止弁の交換

ポンプ運転中は中央の部分が奥に押される形となり、ポンプ停止すれば水の重みで水と共に井戸へ返ろうとするのをフランジ側にある面と接触させ逆流を防ぐという大事な部品です。

小さくても重要な役割を担っているのです。

「吸う」「押す」「止まる」

この3動作の1つでも正常でなくなれば、ポンプとしては意味のないものになってしまいます。

 

逆止弁は何度も「動く」「止まる」を繰り返すことで、接触する面に凹凸が出来てズレが生じてしまい、その結果「逆止できない」ということになるのです。

 

今回は逆止弁の取替だけで症状が改善されたので、お客様もとても喜んでいただけました。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(#^.^#)


丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

こんばんわ!

今日も良い天気で気持ちよかったですね(*゚▽゚*)

 

さて、今日は昔ながらの掘井戸(丸井戸)を再利用するという工事を行いました。

以前、撮影させていただいたのがコチラ。

 

コンクリート製ですが、蓋は2つに別れる二枚蓋です。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

地表面の井ガワは割れてますね。井戸蓋も割れてました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

吸水管が見られなかったので、長い間使われてなかったのかもしれません。

っが、水は透明度も高く底が見えてます。

かなり浅い井戸ですね。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

今回はこの井戸を再利用していきます!

まずは地上面と同じ高さなのは危険ということもあり、破損した井ガワを修復することも踏まえ、新しい井ガワを設置します。サイズは2尺2寸。

井戸蓋も1枚蓋に変更して設置します。

その後は、簡易的な水替え洗浄を行います。

その後、自動給水ポンプを取付けました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

継ぎ足した地表面には、しっかりとセメントで紗水処理を施します。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

ポンプ以降の配管は他社さんが行うということで、これにて完成です。

井戸周辺の整地はセメントが固まってから仕上げたいと思います。

 

こういう井戸も災害時では重宝しますよ!

なんたって蓋を開けてバケツとロープで水を汲み出すことができますから!

電気や水道が止まったって大丈夫なんですヽ(´▽`)/

 

古井戸を再利用してみたいなぁ~って方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!!


川本製 深井戸水中ポンプ取付

新井戸始動!セメント舗装仕上げも♪

こんばんわ。(こんにちは)

先週末は急な臨時休業となり、大変ご迷惑をおかけしました(^_^;)

本日より通常どおり営業開始しております!!

 

今日の業務はイロイロありました。

現場視察やポンプメンテナンスなどなどありましたが、やはり今まで書いてきた松山市西一万町での井戸仕上げ状況を書いていきたいと思います。

 

先週末ですが、陸上用の制御ユニットを取り付けてきました!配管も既設配管に接続。

川本製 深井戸水中ポンプ取付

給水量も格段にUPしました♪

 

そして本日、地表面の仕上げとしてセメント舗装を行いました。

井戸ピット セメント舗装

天気も良かったので、ヒビ割れしないよう養生はしっかりと行いました。

 

あとは固まるのを待ってからお引渡しです(*゚▽゚*)

 

次の段取りに移りながら、仕上げまで気を抜かず頑張っていきますよ~(^O^)


井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

こんにちは!今日も良い天気です(^^♪

お花見したいですねぇ~!!

現場の移動中に桜が満開でしたので、一瞬だけですがお花見気分を味わえました(^_^;)

 

さてさて、ちょっと次の段取りの空き時間を利用して更新していきますね。

 

昨日のことですが、松山市西一万町で施工中のボーリング井戸新設現場にてピット仕上げ工事を行いました。

今回もマス用のアジャスターを使ったピットで、普通車が乗り上げる場所でもありますので、耐圧蓋にしてあります。

 

仕上げ高さが決まれば、水中ポンプを設置していきます。

井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

今後のメンテナンスを容易にしておくため、ユニオン継手を設置しておきます。

水中ポンプも消耗品ですので、将来的に交換・接続しやすくしておきます。

井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

 

次の段取りとしては、陸上に設置する制御ユニットの置き場所確保と、既存配管への切替接続となります。

現在はこのような状況です。

小口径の深井戸

深井戸なのですが、口径が小さいため陸上用ポンプで吸水しているという状況です。

水位が浅い場合は問題ないのですが、深い場合は汲み上げることができません。

やはり深井戸であるならば、水位が下がった時でも給水できるよう深井戸水中ポンプが挿入できるφ100mm以上が好ましいですね。

そして既存ポンプの配管は、このような状況です。

井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

井戸のピット仕上げ工事!(松山市西一万町)

既に配管されているので、そちらに接続すれば良いだけですが、できるだけ複雑にならずコンパクトに仕上げられるよう配管設計したいと思います(#^.^#)


仮設水中ポンプで揚水試験

いざ、水質検査へ!

こんばんわ。松山市内の至るところで桜が見頃ですねヽ(´▽`)/

仕事を忘れてお花見したいぃ~・・・っという気持ちをグッと我慢して現場に向かいます(笑)

 

さて今日は以前より掘削し新設完了した松山市西一万町ボーリング井戸現場ですが、昨日より仮設水中ポンプを設置して連続揚水を行っています。

仮設水中ポンプで揚水試験

昨日の時点でも、このような透明度の高い水になってましたが、更に安定させるため24時間ほど連続で揚水を続けました。

 

そして今日の朝、同じように安定した地下水となっていたので、水質検査に提出しました。

水質検査へ提出

 

どのような結果になるのか楽しみですね♪

さて、資材も揃ったので明日はピット工事に入りましょうかね?!

 

安全第一で頑張ります(*゚▽゚*)

 

井戸のことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~♪


ピット仕上げのため周囲をハツリ!

ピット仕上げのため周囲をハツリ!

こんにちは。今日も松山市西一万町で新設したボーリング井戸の仕上げ洗浄と、ピット仕上げのために井戸周囲のハツリ作業を行いました。

井戸掘削する時にも開口していたのですが、ピット仕上げの場合は井戸本体を片側に寄せてポンプ揚水管をピット内でユニオン接続するため井戸の反対側の空間を広く確保しておく必要があるので、また追加で開口・ハツリが必要なんです。

ピット仕上げのため周囲をハツリ!

写真手前に向かってポンプ揚水管が通ります。

ピット自体は丸型のポリプロピレン製ますを使う予定なので、このような形になってます。

仕上げイメージは、この記事で紹介してるような感じです。

雨水桝を使った井戸ピット仕上げ

 

地表部が緩やかな傾斜となっているので、傾斜アダプターを・・・っと思ったのですが、受注生産であることを告げられ納期が3週間とかなりかかってしまうということもあり、アダプターなしでセメントを傾斜にして仕上げてみようと思います。

事前に注文しないのは「確実に水が出る」というわけではないため、あえてこのようなスタイルにしています。無駄になってしまうと困りますからね(^O^)

 

今後の段取りとして、仮設ポンプで揚水しつつ水質検査に提出しようかと検討中です。

だいぶ水も透明になってきたので明日あたりには次の工程に入れるかな?!

 

この調子でドンドンといきますよ~!!