川本ポンプ | 近松井戸工業所

掘井戸へ水中ポンプ取付(松山市下伊台町)

掘井戸へ水中ポンプ取付(松山市下伊台町)

今回の記事は、以前、掘井戸新設工事を施工させていただいたお客様の井戸へポンプを取付させていただいた時の内容です。
※井戸掘削の記事はコチラです
 ①掘井戸掘削開始~!(松山市下伊台町)
 ②掘井戸掘削終了!仕上げ作業へ

最初は「圧力制御無し」のうず巻きポンプを予定していたのですが、周辺環境も考慮して、排水水中ポンプを採用しました。

川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S
川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S

農業用としての使用ということや、水タンクへの送水や潅水する目的だけなのですが、電源OFF時に水が井戸へ返らないようにするためチャッキバルブを設置してあります。

まずは陸上井戸ガワへ揚水管用に孔を開けていきます。

掘井戸へポンプ取付

井戸孔底にポンプ土台とポンプ本体を設置。ポンプと揚水管を連結。
電線は揚水管とは別の孔を通しておきます。

掘井戸へポンプ取付
掘井戸へポンプ取付

ハウス内まで配管を伸ばし、あとはお施主様が配管されるということで、全工程完了です(≧∇≦)/

水汲みも楽になったということで、とても喜んでくださいました♪

農業されてる方は沢山お水が必要ですからね!
水に悩まれていらっしゃる農家さんは、お気軽にお問い合わせください(^O^)


川本製 除菌機 電装箱 裏側

川本製除菌機の電装箱が・・・

先日、定期的にメンテナンスさせていただいてる施設にて、井戸水を除菌するための装置である川本製除菌機(DM4-40S2)の電装箱の変更ボタンが効かなくなっていました。

川本ポンプ 除菌機(アクアクリーン) DM4-40S2

裏側を確認するため外してみたところ、このような状態に。

購入時の状態を見ることがありませんので、サービス店さんに問い合わせてみたところ、「製造上ではそう(焦げたように)見えることもあるよ」と教えていただきましたが、現物を見せていないため、これもそうなのか分かりませんが。。。

現時点では残留塩素反応も見られましたので、急ぎではありませんが、やはりこの状態のままでは調整ができないため、交換させていただくことになりました。

現在納品待ち。新品がどのような状態になっているかで、この現物の傷み具合が判明できそうですね(^O^)
因みに、この現物は取付けから7年9ヶ月が経過していました。

また部品が届いて交換したら記事にしていきますね!


吸水配管取替

吸水リーク箇所を探して!(松山市今在家)

9月の出来事ですが、とある業者さんから「蛇口からエアーが出ているので対応してほしい」と依頼がありました。
以前からエアーが出た状態だったらしく、その業者さんがポンプを取り替えてみたのですが、エアーが出続けるため、弊社にご依頼いただいきました。

当初は井戸の場所が不明で、どのような井戸なのかが分からないため、埋設されている吸水側配管を辿ってみてくださいとお願いしていました。
(当時は他現場に追われていたため、早急な対応ができず、その業者さんに作業をお願いしていました)

その後、配管が出てきたということで現場へ。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

井戸は打抜き井戸でした。しかしポンプには砂こし器が設置されていません。ポンプも砂噛みで傷んでいたのではないでしょうか?
聴診器でリーク箇所を探していくと、井戸から横引き配管するためのバルソケ部からリーク音が・・・。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

緩んでいるだけかと思い、再配管するため外そうとしたところ、少しのトルクなのにグニュっと変な曲がり方に。何やら嫌な予感・・・。

その予感が的中してしまいました( ̄▽ ̄;)
バルソケがねじ切れていました。ネジはチーズ内の内ネジに残ったままです。こういうことは極希にあることではありますので、残ったネジを除去することに成功しました!
(チーズを外してやりかえるとなると、もっと大変なことになりそうですから・・・(^_^;))

バルソケも新しくし、砂こし器も新しく取り付けさせていただき、再配管も無事に終了!

吸水側配管修理
吸水配管取替

エアーが出ることもなくなり一安心です(≧∇≦)/

お客様やご依頼いただいた業者さんには、だいぶお待たせしてしまいました。
毎日使う水なので、早く対応できれば良かったのですが、他にもお待ちいただいてますお客様がいらっしゃいますので、順番に対応させていただいておりますことをご了解いただければ幸いです。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


川本ポンプ NR-156S

エアーが出るためポンプ取替(伊予郡松前町)

今年8月末のことですが、伊予郡松前町のとある企業さんから、「蛇口からエアーが出てきてしまう」とのことで視察を行いました。
問題のポンプがコチラ。

古い井戸ポンプ
古い井戸ポンプ

エアーが出てしまうのは吸水側にリークが発生しているためなので、その箇所を見つけなければなりません。
っが、埋設されている部分が多く、井戸本管もどこにあるのか分らないということで、ちょっと難点。。

聴診器でリーク箇所を探しますが、かなり小さなリークと思われるため、特定することができず。

一先ず、コストが低く、原因ともなりやす「砂こし器」を取り替えてみることに。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 SFP-20

交換後、試運転をしてみましたが、やはりエアーが入ってしまうようです。
ポンプ本体か、配管か、井戸か・・・

老朽化した井戸ポンプ

ポンプ自体も老朽化が見られますので、取替えへと移ります。

ポンプ取替え
新ポンプ 川本製 NR-156S
ポンプ取替 川本 NR-156S
川本ポンプ NR-156S

ポンプ取替後はエアーが出ることもなくなり問題解決となりました。

井戸やポンプのトラブルで多いのが、「水が出ない」「ポンプが動かない」「ポンプが止まらない」「エアーが出る」です。

簡単に直ることもあれば、一筋縄ではいかないことも。
地中に埋まった箇所の点検は難しいため、ポンプ替えて配管替えて、それでもダメなら井戸を掘り直して・・・っと大掛かりになってしまうこともあります。

今回はそこまでいかなくて良かったです。

井戸やポンプでお困りの方はお気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今回は松山市緑町にて深井戸水中ポンプの取替工事を施工させていただいた内容を書いていきたいと思います(^O^)

もうだいぶ古い水中ポンプのため、増税前というタイミングもあり新しいポンプに交換されるということでご依頼いただきました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

過去に撮影した時の写真です。川本製の深井戸ポンプ制御盤です。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今までにも色々と部品交換をして大事に使ってきました。
では、次に新しいポンプへと取替えを・・・・っとその前に、せっかくの機会なので井戸洗浄を実施することになりました。
ボーリング井戸を洗浄する場合は、一度水中ポンプを引き抜くことが前提となりますので、同時に施工する方が低コストです。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
井戸ピット
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
引き抜いた深井戸水中ポンプ

錆が付着して固形化しています。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

水を吸い込んでいるストレーナ部は、半分以上が目詰まりしていますね(^_^;)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

次の水中ポンプを準備している間に、エアーリフト洗浄で井戸を綺麗にしていきます。
やはり最初は多くの濁れ水が出てきましたが、次第に濁れも薄くっなってきます。

井戸洗浄が終われば、次は新しい水中ポンプを挿入し、陸上制御ユニットも交換していきます。

川本製UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S

電気コードがコンセント差込タイプだったため、検討の末、屋外防雨コンセントを増設することになりました。

井戸ピットは車両が乗り上げるということもあり、蓋をしてセメント舗装し、完成となりました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/


除鉄槽 濾材交換

除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

今回の記事は、井戸水に含まれる鉄分を除去するための「除鉄槽」について書いていきます。

鉄分が基準値を超えている場合は、様々な機器に悪影響を及ぼします。

例えば、白色のコンクリートやタイルが赤く着色されたり、配管内部が目詰まりしたり・・・。

それを防ぐために水質改善装置の出番です。鉄を除去するなら除鉄槽、マンガンを除去するなら除マンガン槽。。

ただ、確実に除去できるというわけでもなく、メーカーさんによって除去できる範囲が決まっていますので、まずはメーカーさんに対応可能か否かの判断をしてもらうことが必要です。(指定の水質検査を実施し、除去範囲外であれば購入することができないメーカーもあります)

運用には塩素と反応させて除去する方法や、イオン交換で除去する方法などがあり、どちらも定期的なメンテナンスが必要となるため、手間とコストがかかるのが難点ですね。

ではでは、実際に取付けしてある現場をご紹介していきますね。

まずは、業務用で井戸水を使っているとのことですが、水の出が悪いとのことで視察。ポンプを疑う人が多いのですが、周辺を見てみると除菌機と除鉄槽、そして浄水器が設置されていました。

ポンプ吐き出し側の別口から水量を確認してみると、勢い良く水が出ました。そして除鉄した後の水量を見てみると、ほとんど水が出ていません。

なので、間違いなく濾材の詰まりが原因でしょう。

お見積り後、正式にご依頼いただきましたので交換作業へ入ります。

まずは作業前。

川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS 
川本製 浄水器  MRK2-25
川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS
川本製 浄水器  MRK2-25

まずは除鉄槽からいきましょう。蓋を外します。

除鉄槽 メンテナンス

カチンコチンですね。濾材が固まってしまってます。なので、古い濾材を撤去していきます。全て除けると、フィルターがありますので、そちらも交換します。

除鉄槽 メンテナンス
除鉄槽 フィルター
除鉄槽 濾材交換

セットし終わると、今度は新しい濾材を充填していきます。

除鉄槽 濾材交換

充填素材は2種類ありますので、順番を間違えないように注意します。

除鉄槽 濾材交換

パッキン類も全て交換し除鉄槽は完成です。

続いて浄水器へ。こちらも蓋を外します。

浄水器 フィルター交換

真っ黒ですね・・・中にもまだフィルターがあります。

浄水器 フィルター交換

小さなフィルターが4本。こちらも同じように真っ黒です。汚れたフィルターは外して、本体内部を洗浄していきましょう。

浄水器 フィルター交換

頑固に着色してしまった部分もありますが、大体綺麗になれば完成です。

次に新しいフィルターを取り付けていきましょう。

浄水器 フィルター交換

中央にある4本のフィルターをセットします。次に外側の大きなフィルターをセット。

浄水器 フィルター交換

フィルター固定を忘れずに行い、蓋をすれば完成です。

通水後は各機器の上部にあるバルブからエアー抜きを行いましょう。

水も良く出るようになりました(≧∇≦)/

井戸やポンプなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSにも「除鉄・除マンガン装置のトラブル」というトピックがありますので、参考になる情報があれば幸いです。


砂こし器 取替

砂こし器の取替(松山市高浜町)

10月に入りました!今日から消費税率が10%になりましたね。

日本各地でもトラブルも多いみたいで、なかなか大変です。

さてさて、では夜のブログ更新といきましょ~w

松山市高浜町のとある現場で、海水を汲み上げているポンプの砂こし器から泡が出ているとのことで調査してきました。

砂こし器が設置されているので、まずは点検カバーのチェック。すると亀裂が入っているのを発見したので、点検カバーとOリングを交換してみました。

っが、完全に泡が止まることはありません。

次に疑うべきは砂こし器本体と、ポンプ吸水側フランジ。そして角弁。

海が近いためと、海水を汲み上げているせいもあり、砂こし器自体もかなり傷んでいるので、それらの交換をご依頼いただきました。

交換後がコチラ。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 S2-40
砂こし器 取替

ポンプ吸水側フランジと、その間に挟んでいる角弁、ニップルも新しく交換しました。

試運転を行いチェックすると、気泡が発生することもなくなりましたので、これで完成です(*゚▽゚*)

永久的に使えるものなどありませんから、やはり傷んできたら早めに交換することがトラブルを防ぐ一番の解決策ですね。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSもどんどんご利用ください(≧∇≦)/


検索