除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

除鉄槽 濾材交換

除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

今回の記事は、井戸水に含まれる鉄分を除去するための「除鉄槽」について書いていきます。

鉄分が基準値を超えている場合は、様々な機器に悪影響を及ぼします。

例えば、白色のコンクリートやタイルが赤く着色されたり、配管内部が目詰まりしたり・・・。

それを防ぐために水質改善装置の出番です。鉄を除去するなら除鉄槽、マンガンを除去するなら除マンガン槽。。

ただ、確実に除去できるというわけでもなく、メーカーさんによって除去できる範囲が決まっていますので、まずはメーカーさんに対応可能か否かの判断をしてもらうことが必要です。(指定の水質検査を実施し、除去範囲外であれば購入することができないメーカーもあります)

運用には塩素と反応させて除去する方法や、イオン交換で除去する方法などがあり、どちらも定期的なメンテナンスが必要となるため、手間とコストがかかるのが難点ですね。

ではでは、実際に取付けしてある現場をご紹介していきますね。

まずは、業務用で井戸水を使っているとのことですが、水の出が悪いとのことで視察。ポンプを疑う人が多いのですが、周辺を見てみると除菌機と除鉄槽、そして浄水器が設置されていました。

ポンプ吐き出し側の別口から水量を確認してみると、勢い良く水が出ました。そして除鉄した後の水量を見てみると、ほとんど水が出ていません。

なので、間違いなく濾材の詰まりが原因でしょう。

お見積り後、正式にご依頼いただきましたので交換作業へ入ります。

まずは作業前。

川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS 
川本製 浄水器  MRK2-25
川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS
川本製 浄水器  MRK2-25

まずは除鉄槽からいきましょう。蓋を外します。

除鉄槽 メンテナンス

カチンコチンですね。濾材が固まってしまってます。なので、古い濾材を撤去していきます。全て除けると、フィルターがありますので、そちらも交換します。

除鉄槽 メンテナンス
除鉄槽 フィルター
除鉄槽 濾材交換

セットし終わると、今度は新しい濾材を充填していきます。

除鉄槽 濾材交換

充填素材は2種類ありますので、順番を間違えないように注意します。

除鉄槽 濾材交換

パッキン類も全て交換し除鉄槽は完成です。

続いて浄水器へ。こちらも蓋を外します。

浄水器 フィルター交換

真っ黒ですね・・・中にもまだフィルターがあります。

浄水器 フィルター交換

小さなフィルターが4本。こちらも同じように真っ黒です。汚れたフィルターは外して、本体内部を洗浄していきましょう。

浄水器 フィルター交換

頑固に着色してしまった部分もありますが、大体綺麗になれば完成です。

次に新しいフィルターを取り付けていきましょう。

浄水器 フィルター交換

中央にある4本のフィルターをセットします。次に外側の大きなフィルターをセット。

浄水器 フィルター交換

フィルター固定を忘れずに行い、蓋をすれば完成です。

通水後は各機器の上部にあるバルブからエアー抜きを行いましょう。

水も良く出るようになりました(≧∇≦)/

井戸やポンプなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSにも「除鉄・除マンガン装置のトラブル」というトピックがありますので、参考になる情報があれば幸いです。


砂こし器 取替

砂こし器の取替(松山市高浜町)

10月に入りました!今日から消費税率が10%になりましたね。

日本各地でもトラブルも多いみたいで、なかなか大変です。

さてさて、では夜のブログ更新といきましょ~w

松山市高浜町のとある現場で、海水を汲み上げているポンプの砂こし器から泡が出ているとのことで調査してきました。

砂こし器が設置されているので、まずは点検カバーのチェック。すると亀裂が入っているのを発見したので、点検カバーとOリングを交換してみました。

っが、完全に泡が止まることはありません。

次に疑うべきは砂こし器本体と、ポンプ吸水側フランジ。そして角弁。

海が近いためと、海水を汲み上げているせいもあり、砂こし器自体もかなり傷んでいるので、それらの交換をご依頼いただきました。

交換後がコチラ。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 S2-40
砂こし器 取替

ポンプ吸水側フランジと、その間に挟んでいる角弁、ニップルも新しく交換しました。

試運転を行いチェックすると、気泡が発生することもなくなりましたので、これで完成です(*゚▽゚*)

永久的に使えるものなどありませんから、やはり傷んできたら早めに交換することがトラブルを防ぐ一番の解決策ですね。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSもどんどんご利用ください(≧∇≦)/


井戸ポンプ取替 川本 NR-156

井戸ポンプ取替(松山市山越)

現場作業が忙しくて、なかなかブログ更新が追い付きません(^_^;)

毎度のことになってますがスミマセン<(_ _)>

でもでも、負けずに書いていきますよ~♪

先月のことになりますが、井水ポンプ取替を施工させていただきました。

視察時に撮影したのがコチラ↓

古い井戸ポンプの取替
川本製 Nシリーズ
古い井戸ポンプの取替

これは修理というよりは本体そのものを交換する方が安心ですね。

古い井戸ポンプの取替

吸水側配管や砂こし器の劣化具合を見ても、後で交換するよりも同時に交換した方が工賃も安くなりますので、一緒に交換させていただきました。

川本 砂こし器 SFP-20 取替
川本製 砂こし器 SFP-20
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S
川本製 浅井戸ポンプ NR-156S
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S

同じメーカーに取替えるなら、フランジ位置や高さなどが同じになっていることが多いので、他メーカーに取替えるよりは安く済みます。

井戸ポンプ取替

試運転後は正常な動作を確認。水も良く出るようになりました(*^^)v

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


家庭用ポンプ取付

浅井戸ポンプ取付(松山市東長戸)

今日は2件の井戸ポンプ取替工事を行いました。今回の記事は松山市東長戸で家庭用浅井戸ポンプの取付工事からご紹介します(#^.^#)

長い間使われていなかったのか、ポンプは無い状態でした。

ポンプ取付 現場視察

配管内部には錆が多くあり、水が出るのかちょっと不安がありましたね(;’∀’)

以前、ポンプがあったであろう場所にはコンセントがないため、コンセントのある家側に設置することになりました。

ポンプ取付 現場視察

では、取付作業に入ります。

既存のT(チーズ)が無事に外れてくれたのでスムーズに作業が進みました。

家庭用ポンプ取付工事 川本製 NR-156S

今回取付たのは川本製NR-156Sと、砂こし器SFP-20です。

吐出し側は鉄管を用いて、簡易的な水栓柱を作りました♪

試運転すると、やはり配管内部の錆が上がってきて砂こし器のメッシュが詰まってしまいました(;’∀’)

すぐに洗浄して再稼働。錆も上がらなくなったので一安心です。

家庭用ポンプ取付 川本 NR-156S

ご依頼いただき、ありがとうございました(^^♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ!


浅井戸ポンプの取替え

浅井戸ポンプの取替(松山市和泉北)

夏ですね~。。暑いです( ̄▽ ̄;)

明日からは掘井戸の掘削工事が始動しますので、また忙しくなります。

なので、書ける内にブログ書いていきますね♫

先日のこと、松山市和泉北のお客様から「水が出なくなった」との依頼がありました。視察すると、もう老朽化も進んでいました。

浅井戸ポンプの取替

上の写真は2014年に撮影した時のものです。井戸やポンプは他社が工事したとのことで、この時はじめてメンテナンスの依頼をいただきました。

そして5年が経ち、とうとう吸水することが不可能な状態に。

ただ、お客様の話では、ず~っと回りっぱなしだったということで、至るところに問題がある可能性があります。

そもそも水が出ていたのかも疑う必要がありますので、まずは簡易の揚水試験を行います。

浅井戸の揚水試験

手押しポンプを設置し手動で汲み上げてみます。

最初はかなりキツイ感じでしたが、濁れ水と共に水も出始めるようになりました。

浅井戸の揚水試験

水があることを確認した上で、ポンプの手配を行います。

新しく取付けるポンプは下の写真です。

浅井戸ポンプの取替え
川本製 NR-156S  砂こし器 SFP-20

砂こし器も古くなっていたので、この際一緒に交換させていただきました。

取替後の試運転で正常な動作を確認しお引渡しとなりました。

浅井戸ポンプの取替え

井戸でお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませヽ(*´∀`)ノ


深井戸ジェットポンプの取替

深井戸ジェットポンプの取替(松山市衣山)

今日も暑かったですね~(;^ω^)熱中症になるかと思いましたよ。

現場作業が終わると頭痛と吐き気に襲われたので、ゆっくりと休養してから、涼しくなった夜にブログ更新していきますね。

久々に今日の作業の内容です♪

松山市衣山のお客様からポンプ交換のご依頼をいただきました♪ありがとうございます。

私の父が30年ほど前に掘削したボーリング井戸とのことです。

井戸ピット内の様子

下の写真が問題のポンプです。日立CT-P400F。

かなり老朽化が進んでまして、モーターが動くたびに騒音が発生してしまうということでした。

まずは既存のジェット部を引き抜き、既存配管も全て撤去します。

その後、新しく吸水管と圧力管を敷設していきます。

配管がブロック基礎の下に入っているため、ちょっと大変でした(;^ω^)

取り付けたポンプは川本製深井戸ジェットポンプJF-400S。

1回目の試運転すると、なかなか水が満水にならず・・・どうやら逆勾配の箇所があったようです。

そのため余計な手間を取ってしまいました(;’∀’)

その後の試運転を行い、正常に水が出ることを確認!一安心です。

暑い中、私たちのために熱中症対策のためジュースやお茶・日傘など、たくさんの対策をしてくださり、本当にありがとうございました(^^♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


井戸端SNS 川本ポンプのアレやコレ

川本ポンプの情報交換

スッキリしない天気が続きます。

こう雨ばっかり続くと外の仕事に支障が出続けてます(^_^;)早く梅雨が明けてくれないと困りますね~。

さて、では井戸のコミュニティについて新着情報です。

日本全国の井戸ユーザー(じゃなくてもOK)が、井戸を囲んでコミュニケーションできるWEB版井戸端会議「井戸端SNS」内に、新しいコミュニティが誕生しました。

【川本ポンプのアレやコレ】

井戸端SNS 川本ポンプのアレやコレ

川本ポンプ製品を使われてる方が、実際使われてみて、どんなことを感じているのか。生の声が聞けたらいいなと思います。

こういう感じで他メーカーのコミュニティも作っていきます。

どしどしご参加くださいませ(*^^)v


検索