井戸の洗浄と井水ポンプの交換作業(松山市福角町)

新ポンプ交換後

井戸の洗浄と井水ポンプの交換作業(松山市福角町)

4月の初旬となりますが、とある取引先さんからの紹介で、井戸の洗浄井水ポンプの交換作業を依頼行いました。

ハウス用の農事用井戸です。

まずは井戸の位置を探すことから・・・。すぐ近くにあると予想してたんですが、実際は、ちょっと深い位置にありました(;^ω^)

”現場視察は無料”ということですが、まだこの範囲で済んで良かったです。

弊社施工以外の井戸で掘りまくらないと見つけられない場合は、別途「井戸位置調査」のレベルになってしまいますから・・・。

この井戸は他社さんが掘削です。

ボーリング井戸洗浄

一度も洗浄したことがないとのことで、かなり濁れが出ました。

井戸洗浄の様子

 

下の写真は既存ポンプです。色々な装置を付けていたそうですが、不要になったとのことと、ハウス内に移設して欲しいとの要望もあり、極力スッキリとした配管にしてみました。

古いポンプ

 

下が交換後の写真です。同じ位置からの撮影ではなく、ハウス内から撮影しています。旧ポンプは奥のハウス外から撮影してます。

新ポンプ交換後

 

ポンプや配管材料は取引先さんが手配してくれてたんですが、まさかのサイズ違いということで、思いのほか時間がかかってしまいましたけど、無事に取付できたので良かったです。


砂こし器の取替作業

砂こし器の取替(松山市中西)

おはようございます。今日はいい天気です(*^▽^*)

やっぱりこういう日の方がウキウキしますね♪

仕事も捗ります!!

 

さて、どこまで記事にしていたのか分からなくなってきたので、完全に忘れてしまう前に書き記しておきます。

松山市中西地区にて、ハウスに使っている農事用井水ポンプメンテナンスを行いました。

打抜き井戸タイプなので、もちろん砂こし器があります。

この砂こし器は、その名の通り砂を取り除いてくれるのですが、内部に砂が溜まると排出しなくてはいけません。作業自体は難しくありませんが、元に戻す時に気を使います。完全密閉が条件なので、少しのズレでも真空状態が保持できず、少しずつ水が返ってしまい、次に使うときが給水できなくなるという事態に。

呼び水を注せば出てきますが、また戻ります。

非常に厄介ですが、実はよくあるパターンです。

今回は、そういうレベルではなく、砂こし器に関わる部分でも老朽化が進んでいましたので、吸水側のみ新しく配管し直すということに。もちろん、同時に砂こし器も取替えます。

 

取替前はこのような状況です。

砂こし器の取替作業

屋外にあるということで、やや傷み具合は進行しやすいです。

 

そして取替後が ↓ コチラ ↓ です。

砂こし器の取替作業

正直なところ、砂こし器はメーカーによって取り扱いが難しかったりするんです。

こちらの現場でも、お施主さんご希望のメーカーに交換させていただきました。

ご依頼いただき、ありがとうございました!(#^^#)

 

井戸関連のことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^▽^*)


井戸以外にも配管工事!

こんばんわ!

ここ連日、肉体労働やら事務作業やらに追われて、ブログ更新が滞ってしまってました(;’∀’)

なんとか更新していかないと!!

 

今現在施工しているのは、旧・北条地区にある有名な観光いちご農園さんの増設ハウスにて給排水管工事をやってます。

ハウスが広く、システムもちょっと複雑なので、頭を悩ませることもありますが、要望に応えられるよう全力で施工してます(^-^)

 

IMG_6879

 

この工事に時間がかかってしまい、かなりお待ちいただいてるお客様もいらっしゃいますので、大変申し訳ございません。

今日は、午前中に井戸洗浄工事も施工しつつ、午後からは給排水管工事、そして夕方に井戸洗浄後のポンプ試運転作業っと、かなりバタバタしてました・・・(;´Д`)

 

井戸洗浄の現場については、また後日記事にしてみたいと思います(#^^#)

 

さぁ、明日からもガンバろ~(^^)/


松山市八反地 観光いちご農園 排水設備工事

ビニールハウスでの作業は暑いです!(;゚Д゚)

こんばんわ。近松井戸工業所ブログ担当の近松良浩です。

皆さん、昨日の台風は大丈夫でしたか?拭き返しの風が強くて、小さな物置が倒れてしまってました・・・。

災害には十分気を付けて、防災に努めましょうね!

さて、今日行った業務なんですが、以前から進めている旧・北条方面で有名な観光いちご農園さんの増設中ハウスにて、排水管の埋設工事を行いました。(まだ途中ですけど)

地表の高低差をレベルを使って測量します。

距離30mで両端の高低差は200mm程度。

(このことは事前にお施主さんから聞いてました。勾配とるの大変・・・っと。)

ここから大変なのが、地表面の勾配と、排水方向(勾配)が逆なんです。

一番低い地表面が一番高い排水開始位置となり、一番高い地表面に一番低い排水末端位置をもってこないといけないという。。

 

こういう時のために相棒のミニユンボがあるんだな~(^^)仕事が捗る捗る♪

松山市八反地 観光いちご農園 排水設備工事

外は風が吹いて涼しかったんですが、やっぱりハウス内は暑かったです!!

一瞬、手が動きづらい感覚があったので、もしや「熱中症」の初期症状だったり?!(;゚Д゚)

 

皆さんも気を付けましょうね!明日も続き、頑張ります(#^^#)


水田用揚水ポンプの故障対応

水田用揚水ポンプのトラブル!(松山市西長戸町)

こんばんわ。変な天気が続いてますね。

まだ四国地方は梅雨明けしていないって聞きましたが、確かに雨が多いです。

 

さて、気分を仕事モードに切り替えて、ブログ更新していきます。

 

先日の連休中ですが、西長戸町内の水田の水を管理する水引さんが、

「揚水ポンプが動かないので困っている」

と連絡を受けたので、対応してきました。

 

水田用揚水ポンプの故障対応

制御盤を開け、操作してみるとブレーカーが落ち、警報ブザーが鳴ります。

水田用揚水ポンプの故障対応

エラー番号を参照すると「電動機オートカット」。なるほど。

前回も似たようなことがあり、水中ポンプを引き抜くと、スクリュー部に空き缶が入り込んで詰まっていました。

 

今回も、少し前に松山市を襲ったゲリラ豪雨で川が増水し、ゴミでも流れて詰まっていると思い、引き揚げて確認してみました。

 

水田用揚水ポンプの故障対応

 

水田用揚水ポンプの故障対応

 

見ての通り、チェーンを巻き込んでしまってます。

吊り上げようチェーンを引っ掛けていたのですが、増水した水の勢いで外れてしまったのでしょう。

そして外れたまま電源を入れてしまい、巻き込んでしまったと想定されます。

 

手動でスクリューを回転させ、チェーンを引き抜きました。

 

水田用揚水ポンプの故障対応

故障原因を取り除いたので、再び再設置。固定フックとチェーンを結束バンドで括り、外れないようにしました。

 

試運転を行い、無事に動作確認しました。

 

 

いつもと違うことが起こると、どこかにトラブルが出るのは付き物ですからね。焦らず対応していきましょう♪