荏原ポンプの情報交換

荏原ポンプのアレやコレ

荏原ポンプの情報交換

さてさて、順調に仕事が進んで行ってるので、この調子でブログ更新も頑張っていきたいと思います(*^^)v

井戸を囲んでコミュニケーションできるWEB版井戸端会議「井戸端SNS」内に、新しいコミュニティが誕生しました。

【荏原ポンプのアレやコレ】

荏原ポンプのアレやコレ
井戸端SNS内のスクリーンショット

荏原ポンプ製品を使われてる方が、実際使われてみて、どんなことを感じているのか。生の声が聞けたらいいなと思います。

利点や欠点など、ユーザーさんにしか分からないことを教えてくださいね♪

どしどしご参加くださいませ(*^^)v


地質調査孔を井戸として利用(松山市河野中須賀)

昨日から涼しくなってきた松山市です。

相変わらずバタバタが続いてまして、9月後半頃じゃないと動けないかもしれません。。(^_^;)

天候により順延してしまうため、最近の雨のせいで予定がずれ込んでしまってます。。

嘆いててもしょ~がないので、ブログ更新といきましょ~♪

7月下旬になりますが、知り合いの地質調査業の方から、「調査ボーリング孔にケーシング(VP50)を挿入し井戸として設置したので、ポンプ移設をお願いできますか?」と依頼がありました。

調査井は2本あり、片方は既に水量調査や水質検査が終わっているらしいのですが、もう1本はデータが何もないため、まずは確認したいとのことでした。

浅井戸とポンプ
これが既存の井戸とポンプです。深度が浅いとのことで水量が少ないようです。
地質調査用の孔を井戸として利用

まずはこの調査孔の洗浄と水量調査を行います。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エアーリフト洗浄開始です。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エンジンポンプで揚水し、簡易水量調査を行います。

地質調査ボーリング井の水量調査

計測すると約10L/min程度です。これでは使えないということで、予定していた水質検査は中止とし、もう1本の調査孔にポンプを移設することとします。

っが、お客様曰く「当時のデータ計測では揚水ポンプではなかった気がする」とおっしゃられていたので、こちらも水量調査を実施しました。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

見えにくいですが、中央よりやや右上に見えるパイプが調査孔です。こちらもVP50でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

エンジンポンプにて揚水すると、1本目とは全然違う水量でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

これで安心して移設することが出来ました!

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

「一時的に使うだけだから綺麗に仕上げなくてもいいよ。パイプも地面を這わして構わない」とのことでしたので、送水側も露出配管としました。将来的に洗浄が必要になるかもしれないと思い、上部に開口部を設けています。

これで一安心・・・・

っと思っていたのですが、翌朝使おうとしたところポンプが回るが水が出ないと連絡がありました。

接続部の緩みかなと思い、ネジ部にシール材を塗布。呼水も抜けていたので注水し運転すると給水開始となりました。

しかし、また別の日。水が出ないということで、同じ症状でした。

井戸に水が返っているのが原因であるのは間違いないのですが、では一体どこから?調査孔を仕上げた業者さんに、どのような仕上げをしているのかお客様に確認してもらったところ、報告書も貰っていたようで、そこには「ケーシング管とポンプを直結しないでください」と書かれていたそうです。

仕様書図面を見てみると、地面から僅か数メートル以内にストレーナ(取水孔)が設けられていました。

ケーシング管の連結部(ソケット等)の仕上げも気になるところなので、報告書通りに内部に吸水管を挿入して吸水する方式にチェンジ。

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

その後、水が返るという事はなくなったので、これでようやく一安心です♪

地質調査用の穴を井戸として使われる方も多いようですが、ほとんどの場合、地質調査用なのでVP50仕上げが限界でしょうか。

それだと、万が一水位が降下し陸上ポンプの吸水限界水位(7~9m)を下回ってしまうと、陸上ポンプでは水を吸い上げることができません。

小口径の井戸に使える深井戸シングルジェットポンプというものがありますが、正直なところ、オススメすることはできませんね~(^_^;)

取付には特殊な方法を用いる必要があり、またメンテナンスで内部から引き抜こうとしても、長年の錆等が付着して引き抜くことが困難であったり・・・

無理に引き抜き井戸本管が破損してしまい、ジェットが入らないor水が上がってこない・・・そのため井戸を掘り直すといった方もいらっしゃいました。

水位が深い場合は、深井戸水中ポンプを挿入し、井戸内部から「押し上げる」という方法で給水することが理想ですので、水中ポンプが挿入できるφ100mm以上での井戸仕上げをオススメします(^^♪

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


壊れたポンプの取替(松山市桑原)

さてさて、今回の記事は掘井戸に設置されていた深井戸ジェットポンプが壊れてしまったとのことで、まずは視察させていただきました。

荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S

弊社が視察する前に、電気屋さんに診てもらったそうなのですが、コンセントに差すとブレーカーが落ちてしまうとのことで、制御盤の取替かポンプの取替をした方が良いと言われたそうです。

その情報を確認するために、同じ状況を再現すると、やはりブレーカーが落ちてしまいます。

ポンプも古く部品交換ではリスクが残るため、新しく取替えるお見積りをさせていただきました。

同じメーカーである荏原製か、別メーカーの川本製かでご検討。

その結果、川本製をご依頼いただきましたので、注文へと移ります。

お客様と一緒に、井戸の中も確認しました。

掘井戸 孔内

周囲には少し大きな植樹が植えられていたので、木の根が浸入しているかな~っと思ったのですが大丈夫でした(^^)

そしてポンプが届き、取替え作業へと続きます。

・・・既存ポンプを外し、新しいポンプの準備、据付・・・

メーカーも違うため、配管の取出し位置が全て違いますので、それらの位置を修正・・・

周囲に草が多く、地表の雨水の影響を受けないようにするため、ブロックにて嵩上げします。

色々とバタバタ作業が続き、写真撮影をする暇もなく

・・・

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S
川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

一気に完成写真となりますww(・_・;)

吸水側の2本の管は、一部大きな敷石の下に埋設されているため既存の管を使いました。

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

地上部の取替は完成です。

続いて、井戸孔内に設置してあるジェット部の取替えを行います。

昔のタイプなので、吸水管と圧力管の口径が異なります。新しく取替えるジェット部は両方が同じ口径なので、それらを修正して取替えます。

掘井戸 孔内 深井戸ジェット
ジェット部取替え

試運転を行い、正常な動作を確認。お引渡しとなりました♪

水が出てくれるようになって、お客様も喜んでくださいました(^^♪

少数で業務にあたっているため早急な対応が難しい時もありますが、井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!


老朽化ポンプの取替(伊予郡松前町)

老朽化ポンプの取替(伊予郡松前町)

とあるお客様から「色々な箇所から水漏れもあり、ポンプが動かなくなってしまった」との問い合わせがあり、視察させていただきました。

問題のポンプです。
日立製 浅井戸ポンプ WT-P200H

製造年は・・・擦れて見えにくいですが1993年?

25年選手ですかね?!長持ちしている方だと思います。

お施主様は「メーカーは特に拘りません」とのことでしたので、3タイプほどお見積りを作成し、ポンプ取替のご依頼を頂きました。

荏原製 ホームポンプ 25HPE0.25S

メーカーが異なるため吸込み位置と吐出し位置が異なります。そのためちょっと不恰好ですが、このような仕上がりに・・・。

井戸の種類を確認することができなかったのですが、打抜き井戸である可能性もあるため砂こし器(川本製SFP-25)を取付させていただきました。

試運転を行い、正常な動作を確認。お引渡しとなりました。

ご依頼ありがとうございました(^^)

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


荏原製 多段ポンプ 40MS665.5B

荏原製 多段ポンプ入荷!

西日本豪雨災害で土砂に埋まってしまったポンプを交換するために手配しておいたポンプが、本日入荷してきました!

荏原製 多段ポンプ 40MS665.5B

さて、これを取り付ける場所というのが、コンクリートで囲まれたポンプ室の中・・・自社のユニック車が入らないので、軽トラで搬入して人力で移動・据付を行う他ありませんね。

約200kgあるそうです。。二人で運べるかな?!

まだスターデルタ開閉器(手動式)が届いていないのと、電気ケーブル等々を揃えなくては!!


農業用井戸を掘削

農業用に深井戸ボーリング(東温市北野田)

今回の記事は、東温市北野田地区で農業用に深井戸ボーリング井戸を施工させていただいた内容となります。

施工前の現場状況です。
機材据付途中です。ボーリング掘削するため櫓を設営します。
ロータリー工法にて掘削中。

ここでちょっとした制約があり、本当はエアーハンマー工法で掘削するのが適した掘り方なのですが、エアーハンマー工法は掘削途中に地下水を吹き上げてしまうため、出てきた水が他所の田に流出してしまっては大変と思い、やむなくロータリー工法を選択しました。

やはり屈伸速度は遅く、掘削孔の崩落もあり、ヒヤヒヤしました・・・

(;^ω^)

エアーリフト洗浄作業。地下水を揚水します。

少し難工した部分もありましたが、無事に地下水が出てくれました!これでまずは一安心です。

支給されたポンプを取付ました。

お施主さん曰く、敷地前にある水路が氾濫することがあったらしいので、万が一を想定して、ブロック3段積み重ねて欲しいとのご依頼でしたので、このような仕上げになりました。

これで沢山の農作物を作ってくださいネヽ(´▽`)/

ご依頼いただきまして、本当にありがとうございました!!

井戸をご検討の農家さんは、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


老朽化ポンプの取替(松山市枝松)

老朽化ポンプの取替(松山市枝松)

こんにちは!

今日も気持ち良い天気ですね♪(*^^)v こういう日はどっか行きたくなりますね。

記事書き終えたら、ちょっと日光浴でもしてみようか(笑)

ではでは、久しぶりの午前ブログ更新作業といきましょ~!

 

今年7月頃ですが、他社さん取付の井戸ポンプの調子が悪いとのことで視察を行いました。

老朽化ポンプの取替(松山市枝松)

掘井戸タイプに日立製のポンプが取り付けられています。

老朽化ポンプの取替(松山市枝松)

銘板も薄くて見えずらいですが、日立のWT-P200H形だと思います。

製造年は1994年?ってことは24年選手ですね。

もうポンプの動作が不安で、動いたり動かなかったりするようです。

 

色々とご検討いただいた結果、今回は荏原製ポンプに決まりました。

20HPE0.15S

吸込み、吐出し位置が異なるため、配管も少し修正します。

老朽化ポンプの取替(松山市枝松)

取替後の試運転では、正常な動作を確認しお引渡しとなりました。

ご依頼いただきましてありがとうございました(#^.^#)

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^◇^)

お待ちしておりま~す♪


検索