Category Archives: 家庭用ポンプ

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)

今日は雨の予報でしたが、意外と晴れていたり・・・かと思いきや雨が降ったりと不安定な天気で悩まされましたね(^_^;)

ではでは、ブログ更新といきましょ~♪

まだ昨年の内容ですが、松山市竹原の現場にてエアーばかり出て水が上がらなくなってしまったということで対応させていただきました。

ポンプは4年ほど前に取替させていただいていたので、ポンプはまだまだ元気です。しかし、井戸の場所が特定できず、またコンクリート舗装されているため、井戸の捜索するよりも新しく打ち直すという選択になりました。

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
コンクリートに穴を開け、打ち込んでいきます。

エアーリフト洗浄を行い、含水を確認!

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)

予定よりも浅い深度だったのでお客様にお伝えしたところ、既存の井戸はかなり深く打ち込んでもらった記憶があるので・・・っとのこと。

ご家族に連絡したところ、10mは超えているとの回答でした。

その情報を頼りに、どんどん打設を続け、最初に含水を確認した深度の2.5倍以上打設したところで、安定した地下水を発見!

やりましたヽ(*´∀`)ノ

やっぱり昔から住まわれている方で、地元の井戸情報を知っている方の情報は凄く参考になります!

あの情報がなければ、あのまま浅い井戸で終わっていたと思います。実際掘ってみるまでわかりませんが、今回は「吉」と出たようです♪

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
打設完成状況
吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
手押しポンプでも十分吸水できる位置まで水位が来ています
吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
既設ポンプの移設と配管工事

既存ポンプを移設して、元の配管に接続し完成です!

どこまで掘るかを決めるのはとても難しく、掘れば掘るほどコストも増大していきますので、勝手に掘り進めるわけにもいきません。

お客様と予算等の打ち合わせを随時行い、工事を進めていきます。

我々にとっても、お客様にとっても、すごく難しい判断となります。

水が出る時もあれば、出ない時ももちろんあります。

それでも、「井戸を掘りたい」というお客様がいらっしゃれば、精一杯のお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(*゚▽゚*)


老朽化したポンプの取替(松山市宮西)

今回の内容は、ポンプが止まらないというので見て欲しいという依頼がありましたので、その時の状況を記事にしたいと思います。

現場は松山市宮西です。

問題のポンプは劣化が激しいため、新しいポンプへの取替をご提案させていただきました。

老朽化したポンプの取替(松山市宮西)

ポンプが届くまでは、一先ず弊社にあった仮設ポンプを取り付けて難を逃れます。
運良く代替えがあって良かった~(*゚▽゚*)

そして、ポンプが届き次第、交換させていただきました!

老朽化したポンプの取替(松山市宮西)
川本ポンプ NR-256S

既設配管がコンクリートに埋設され、新しく再配管するとなると手間もコストも増えてしまうため、今回はポンプ本体のみの交換となりました。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!


古ポンプの取替(松山市南高井町)

長い×2、ゴールデンウィーク休みも終わり、仕事もバリバリやってますよ~♪

では、過去の施工例になりますが、古くなった井戸ポンプの取替工事の内容をご紹介します。

ポンプの調子が悪いということで、新しいポンプへのお取替えをご依頼いただきました。

古ポンプの取替(松山市南高井町)
ポンプの設置状況です。
古ポンプの取替(松山市南高井町)
古ポンプの取替(松山市南高井町)
川本ポンプ カワエース 250Wタイプ
古ポンプの取替(松山市南高井町)

配管が複雑になっていて、しかも鉄管を使ってます・・・

水漏れなどがあるわけではないため、ポンプ位置はそのままとし本体のみ取替という内容に決まりました。

古ポンプの取替(松山市南高井町)

水平を保つため、積み上げられていたブロックを少し修正して設置です。

なぜ、こんなにポンプ位置が上がってしまったのかは、最初に取り付けた人でないとわからないのですが、管が傷んできたら次はポンプを低くして塩ビ管接続に切り替えるのがベストですね。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~♪

ツイッターフェイスブックもやってますので、フォロー宜しくお願いしますヽ(*´∀`)ノ


老朽化ポンプの取替(伊予郡松前町)

老朽化ポンプの取替(伊予郡松前町)

とあるお客様から「色々な箇所から水漏れもあり、ポンプが動かなくなってしまった」との問い合わせがあり、視察させていただきました。

問題のポンプです。
日立製 浅井戸ポンプ WT-P200H

製造年は・・・擦れて見えにくいですが1993年?

25年選手ですかね?!長持ちしている方だと思います。

お施主様は「メーカーは特に拘りません」とのことでしたので、3タイプほどお見積りを作成し、ポンプ取替のご依頼を頂きました。

荏原製 ホームポンプ 25HPE0.25S

メーカーが異なるため吸込み位置と吐出し位置が異なります。そのためちょっと不恰好ですが、このような仕上がりに・・・。

井戸の種類を確認することができなかったのですが、打抜き井戸である可能性もあるため砂こし器(川本製SFP-25)を取付させていただきました。

試運転を行い、正常な動作を確認。お引渡しとなりました。

ご依頼ありがとうございました(^^)

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


老朽化したポンプの取替

老朽化したポンプの取替

とあるお客様より「ポンプが止まらないので見て欲しい」とのご依頼がありました。

川本ポンプ カワエース N3-250

なぜかポンプ周辺が濡れています・・・

蓋を開けてみると

濡れている原因を特定するため、一時的に作動させてみます。

呼水キャップの辺りから水が噴き出ています。とても危険な状態です。

ポンプの状態からして、修理というより交換することをオススメさせていただき、ご依頼いただきました。

川本ポンプ NR-250

取替後、試運転を行い正常な動作を確認し、お引渡しとなりました。

水と電気はとても危険な組み合わせですので、トラブルが起こる前に交換・メンテナンスをしていきましょう!!

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


井戸ポンプ取付&配管工事

井戸ポンプ新設。オシャレな水栓柱と蛇口もご一緒に!

先日、打抜き井戸を新設させていただきましたお客様のところで、井戸ポンプと配管工事を施工させていただきました。

道具を積み込んで、いざ現場へ!

ご依頼いただきましたのは荏原製25HPE0.25S。

水栓柱や蛇口にもデザインを重視したオシャレなタイプになりました。

道路側でも水が使えるようにとのご希望でしたので、水栓柱を追加しました。

こちらは鍵付きの蛇口となってます。

試運転を行い、無事にお引渡しとなりました。

ご依頼いただき、ありがとうございました(*゚▽゚*)


砂が出る井戸は要注意

砂が出る井戸は要注意!

今回の記事は、打抜き井戸に設置されている砂を除去する機器について書いてみようと思います。

昨年のことですが、打抜き井戸の水の出が悪くなったので見て欲しいと依頼がありました。

砂こし器の目詰まり
川本製 砂こし器 SFPシリーズ

水質的には「鉄」が多く含まれていると思います。ですので、点検カバーも褐色に染まり、内部が見えにくくなってます。

蓋を外してメッシュを確認すると、かなり目詰まりを起こしていたので、ブラッシング洗浄し、組み直します。

その後の試運転では水量も増えたので安心したのですが、真空漏れがあるようです。

原因を探っていると、砂こし器にあるドレンキャップに問題があったようです。

問題を解消して、無事に給水可能となりました♪

砂が出る井戸には、おそらく砂を除去する装置が設置されていると思うので、定期的に点検し、掃除しましょうね!!