Category Archives: 家庭用井戸

埋めた井戸に打抜き井戸を!

ややリアルタイムから遅れてますが、先日は東温市内のお客様宅で、打抜き井戸の新設工事を施工させていただきました。

以前に既存井戸の洗浄作業をご依頼いただいたのですが、井戸の場所が特定できずに不発に終わり、その後はお施主様が時間をかけて探し出しました。

図面よりも厚みのあるコンクリートを削られていました(°д°)

井戸の場所を探す
既存の井戸
コンクリートの下にあった井戸パイプ
既存の井戸

ここには当初、掘井戸があったそうですが倉庫を建てられる時に埋めてしまう際に、パイプのみを挿入して水が使えるように細工したそうです。

それが、どんどん水が出なくなりポンプの動作も不安定になったということです。

このパイプは細く痛みも激しいため、触ることができません。そのため、埋め戻した井戸の中に打抜き井戸を・・・っということで着工です!

打抜き井戸工事
打抜き井戸工事

埋め戻した場所といえど、どうやら石などで埋められていて、なかなか真っ直ぐ入りません。一度引抜き、再度打設。若干傾いてますが、ここまで入ってしまっては引き抜くことはリスクが伴うため突き進んでいくしかありません。

打抜き井戸工事

偶然にも二階を利用して作業できるので、足場を組む必要がありません。

打抜き井戸工事

ようやくここまで打設できました。

しかし大きな石に当たってしまったようで、全然下がらなくなりました。

仕方なく予定を変更。お施主様とも相談し、これにて完成とすることに。

エアーリフトを行い、エンジンポンプで連続揚水を行います。

打設後のエンジンポンプ連続揚水作業

埋め戻した素材が悪かったのか、それとも他に原因があるのか分かりませんが、上層の時よりも水量が減っていました。

っが、あまり浅すぎると水位低下により井戸枯れしてしまうので、少しでも深い位置で吸水することにしました。

っで。。実は今日、この現場でポンプの連結配管工事を施工させていただいたのですが、それはまた改めて記事にしたいと思いますヽ(´▽`)/


ステンレス製手押しポンプの取付

昨日に続き、今日も雨が降り続いています!これだけ降ってくれたら地下水も回復してくれたでしょうか?

さて今回の記事は、古くなった手押しポンプがあるというお客様から、ステンレス製の手押しポンプに交換したいというご依頼を頂きましたので取替を施工させていただきました。

掘井戸と手押しポンプ
施工前の状態。

アンティーク調に加工が施されたお洒落な掘井戸があり、その上にこれまたレトロ感いっぱいの手押しポンプが設置されています。

レトロな手押しポンプ

中のピストン革も劣化しています。

そして今回新たに取付けるのがコチラ↓

川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 ドラゴン
川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 (通称:ドラゴン)
川本製 ステンレス手押しポンプ HDS-25 ドラゴン

掘井戸にも設置できるよう木製の土台を注文しました。

本体固定用のボルトを設置しようとすると、ボルト頭が井戸蓋に干渉してしまい、そのままでは上手く取付けできないため、ボルト頭が土台の内部に収納できるようボルト孔を拡張し、深さ20mmほど削ります。

ポンプ土台が既存品と同サイズであったため既存の穴が使えますので、新しい土台にも同じ場所に穴を開けて、土台と井戸蓋を固定します。

手押しポンプの取付

土台固定前に、先に揚水管を接続しておく必要がありますのでご注意を!

手押しポンプの取付
先端ストレーナは底の異物を吸わないように釣り針状に加工してあります。
ステンレス手押しポンプの取替完成

吐き出し側にパイプを足し、井戸蓋を設置して完成です。

あと、水質検査もご依頼いただきましたので、しばらく揚水を行ってから検査に提出しました。

ご依頼いただき、ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

ステンレス製手押しポンプに興味がある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)


松山市森松町でも渇水か?!

一昨日「突如水が出なくなった」で紹介しました現場の続きですが、水を取水する井戸本管のストレーナが目詰まりしているのではと疑い、エアーリフト洗浄を行いました。

っが、エアーを送っても何も出てこず・・・何か出てこないかと吐出し口に手を当てると、エアーが出てくるどころか逆に吸い込まれていくではありませんか・・・

このような現象は今まで経験がないかもしれません。(私の場合ですが)

通常有り得ないことではありますが、井戸本管に何か問題でもあるのではと疑い、前日にも実施した井戸本管の中にVP管を挿入し、直接吸水してみました。

っが、いくら吸水しても水が上がってきません。

そこで井戸内部に持参した水を注いでみました。すると、すぐに吸水をはじめ蛇口から水が出てきたのですが、一瞬で汲み切った様子で後はエアーしか出てきません。

吐出量が多いのではと思い、一度給水開始を確認しすぐ停止させ、バルブにて吐出量を調整しようと試みたのですが、停止させた時点でもう吸水パイプ内の水が落ちていくような音が確認できました。

吸水パイプ先端が水に浸かっていないと思われます。

どうやら井戸が枯れてしまった可能性が高いです。

ご近所も皆さん井戸を使われているそうなのですが、深さもほぼ同じ8mだそうです。それでも、お客様の場所だけ水が出なくなったということは、地下水の流れている向き(方向)が違うという可能性や、若干の深さの違いなども考えられます。

当井戸の施工時では、かなりの硬質な地層に当たり打設不能となったため、この井戸を掘り下げるということは難しく、破損してしまう可能性の方が高いため、現状では雨が降り地下水が上昇するのを待つしかありません。

松山市公営企業局 地下水の水位

松山市公営企業局のHPにて石手川ダムの貯水率や地下水の水位などが掲載されています。そこでは、平年と比べて-1.5m以上下がっています。

とても深刻な問題です。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、浅井戸用陸上ポンプでは新品の場合でも-8~-10mまでしか吸水することができません。このまま雨が降らず水位が低下してしまった場合、浅井戸では水が出なくなる可能性があります。

またその辺りも記事にしてみたいと思います。

他の地域でも井戸が枯れてしまったという情報が寄せられています。できるだけ多くの情報を共有できたらと思いますので、井戸端SNS松山市渇水情報に情報お寄せくださいませ。


突如、水が出なくなった

今日は雨でしたね!地下水が低下してる今、恵みの雨となったでしょうか?!

さて、今日は予定していたボーリング井戸掘削工事は中止となり、突然水が出なくなったというお客様のところに伺ってきました。

井戸もポンプも弊社が施工させていただきました。

視察した時にはポンプが停止していたのですが、故障ランプが点滅。

突然水が出なくなったトラブル
ちょっと見えにくいですが、制御盤の表示部です。

恐らく軽微な故障だったのだと思ったので、呼水を注し吸水。その時、ポンプ本体はかなり高温になっていたため、空運転していたと思われます。一先ず、試運転を行いましたが水は上がってきません。

砂こし器はこのような状態でした。

突然水が出なくなったトラブル

直射日光が直に当たる場所で、遮る物もないため劣化が進んでいます。

見た目には分からない亀裂もあるため、一先ず点検カバーのみ交換してみました。っが、やはり吸水不全の状態。

水位低下も疑い、計測してみた結果、-5mが水面となっていました。

ただ、全然吸水できる位置であるため、問題がないと判断。

しかし、手押しポンプで吸水しても、弊社所有の仮設ポンプで吸水しても水が上がらず。。

井戸本管に直に吸水パイプを挿入してみても、なぜか水が上がってこない。。

あと疑うとすれば、井戸ストレーナの目詰まりか・・・

時間も押してしまい、夕方となってしまったので、騒音の出るエアーリフト井戸洗浄は明日に持ち越しとなりました。

突然水が出なくなったトラブル

無事に水が出てきてくれるよう、最善を尽くしたいと思います。


吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)

今日は雨の予報でしたが、意外と晴れていたり・・・かと思いきや雨が降ったりと不安定な天気で悩まされましたね(^_^;)

ではでは、ブログ更新といきましょ~♪

まだ昨年の内容ですが、松山市竹原の現場にてエアーばかり出て水が上がらなくなってしまったということで対応させていただきました。

ポンプは4年ほど前に取替させていただいていたので、ポンプはまだまだ元気です。しかし、井戸の場所が特定できず、またコンクリート舗装されているため、井戸の捜索するよりも新しく打ち直すという選択になりました。

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
コンクリートに穴を開け、打ち込んでいきます。

エアーリフト洗浄を行い、含水を確認!

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)

予定よりも浅い深度だったのでお客様にお伝えしたところ、既存の井戸はかなり深く打ち込んでもらった記憶があるので・・・っとのこと。

ご家族に連絡したところ、10mは超えているとの回答でした。

その情報を頼りに、どんどん打設を続け、最初に含水を確認した深度の2.5倍以上打設したところで、安定した地下水を発見!

やりましたヽ(*´∀`)ノ

やっぱり昔から住まわれている方で、地元の井戸情報を知っている方の情報は凄く参考になります!

あの情報がなければ、あのまま浅い井戸で終わっていたと思います。実際掘ってみるまでわかりませんが、今回は「吉」と出たようです♪

吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
打設完成状況
吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
手押しポンプでも十分吸水できる位置まで水位が来ています
吸水不全のため新しく井戸を掘削(松山市竹原)
既設ポンプの移設と配管工事

既存ポンプを移設して、元の配管に接続し完成です!

どこまで掘るかを決めるのはとても難しく、掘れば掘るほどコストも増大していきますので、勝手に掘り進めるわけにもいきません。

お客様と予算等の打ち合わせを随時行い、工事を進めていきます。

我々にとっても、お客様にとっても、すごく難しい判断となります。

水が出る時もあれば、出ない時ももちろんあります。

それでも、「井戸を掘りたい」というお客様がいらっしゃれば、精一杯のお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(*゚▽゚*)


老朽化したポンプの取替(松山市宮西)

今回の内容は、ポンプが止まらないというので見て欲しいという依頼がありましたので、その時の状況を記事にしたいと思います。

現場は松山市宮西です。

問題のポンプは劣化が激しいため、新しいポンプへの取替をご提案させていただきました。

老朽化したポンプの取替(松山市宮西)

ポンプが届くまでは、一先ず弊社にあった仮設ポンプを取り付けて難を逃れます。
運良く代替えがあって良かった~(*゚▽゚*)

そして、ポンプが届き次第、交換させていただきました!

老朽化したポンプの取替(松山市宮西)
川本ポンプ NR-256S

既設配管がコンクリートに埋設され、新しく再配管するとなると手間もコストも増えてしまうため、今回はポンプ本体のみの交換となりました。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!


豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・

2018年7月に起こった西日本豪雨災害で、被害のあった宇和島市吉田町の現場にて、今後の防災のためや庭木への散水を兼ねて、打抜き井戸工事をご依頼いただきました。

少し離れた場所には昔ながらの掘井戸がありました。っが、今回の現場には掘井戸ボーリング井戸を掘削するようなスペースがないため、狭小スペースでも施工可能な打抜き井戸での工事となりました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
施工場所は狭小地のため、重機は入りません。
宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
施工位置は写真中央の土の部分です。

周辺での施工データがないため、どんな地層か分かりません。まずは小型バイブロハンマーを使って打設してみました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
バイブロハンマーで打設中。

埋設物がないかを確認する作業で、少し気が付いてはいたんですが、なにやら硬い大きな岩がゴロゴロと出てきてました・・・

そして、打設してすぐに異変に・・・

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・

かなり斜めに突き刺さってますね・・・

硬い石に当たるとこうなります。比較的表層で当たったため、引き抜くことができました。・・・っが、実はこの後、バイブロハンマーの打撃部分に負荷が掛かりすぎて破損してしまい、予備として持参したハンマー落下工法へと切り替えました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
ハンマー落下工法にて打設。

今度は真っ直ぐ突き刺さりました!

あとは打設しながらエアーリフトを繰り返し、地下水を見つけていきます。

っが、打てど打てど水は出ず、粘土ばかり・・・

予定していた深度まで到達したのですが、万が一を想定して延長管も持参していたため、お施主様とも相談し、試しに打ってみました。

っが、それでも水は出てきてくれませんでした。

やはり掘井戸が設置されていたということは、水量が少ない地域だったのか・・・ボーリング井戸のような深井戸なら水が出たのか・・・

それは実際掘ってみるまで分からないという難しさ。。

お施主様も大いにご期待してくださっていた分、水が出なかったことで非常に悔しい思いでした。

このように、その地域に適した井戸タイプ、適した深さまで到達しなければ水が出ないこともあります。

なかなか難しい仕事ではありますが、もし井戸にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!


検索