Category Archives: 日記

紫井戸

紫井戸と片目鮒の井戸

皆さん、松山市内には不思議な井戸があるのをご存知でしょうか?
「紫井戸」と「片目鮒の井戸」と呼ばれる井戸があります。
伊予節の歌詞にも詠まれています。

伊予節
愛媛県
■歌詞
伊予の松山 名物名所 三津の朝市
道後の湯 おとに名高き五色ぞうめん
十六日の初桜 吉田さし桃こかきつばた
高井の里のていれぎや 紫井戸や
片目鮒 うすずみ桜や 緋のかぶら
ちょいと 伊予絣

伊予の 道後の名物名所 四方の景色は
公園地 音に名高き 紅葉の茶屋に
意気な料理は かんにん桜
道後煎餅や 湯ざらし艾
お堀の渕の川柳 冠山や玉の石
さても見事な 碑文石
ちょいと 見やしゃんせ

竹に節あり 枝にも小ぶし
端唄伊予ぶし 竹尽くし 主は若竹
日頃寒竹 ぐちを云うのが 女子竹
孟宗淡竹の竹までも 義理を立て抜く
男竹 雪折れ笹や 黒竹に せめて
寝ざさは七夕の ちょいと 一夜竹

紫井戸の伝説

 紫井戸は、昔から「松山の七不思議」に数えられ、「伊予節」に歌われて、人々に親しまれてきた井戸である。
 この紫井戸という美称の由来は、二説あり、その一つは井戸の水が常に紫色に見えていたことによるという。
その二つは、水質の良い、この水を使って醤油を作ったので、醤油の呼び名の「むらさき」の井戸と呼ばれるようになったというのである。
 『松山有情』(佐々木忍)によると、「このあたりは水の豊富なところで、大正の末期ころまでは、地下水が自噴していた」とあり、この紫井戸もあふれるほどの水量があったと伝えられている。
 すぐ近くの「片目鮒の井戸」と地下の水路でつながっていて、「片目の鮒」が泳いでいるのを見たという話も残っている。日露戦争で松山の捕虜収容所にいたロシア人が、この井戸水を好んで飲んだともいわれる。(松山市教育委員会)

紫井戸
紫井戸
紫井戸
紫井戸
紫井戸の立札
紫井戸の立札

片目鮒の井戸の伝説

 弘法大師が四国巡礼の旅で紫井戸の近くを通り過ぎようとすると、ある家の庭先で一人のおばあさんがフナを料理していました。
 包丁で生きたまま片身をそがれたフナは、残った半身をピクピクと動かしながら悲しそうな目を大師に向けました。
(うむ。ここで出会ったのも何かの縁か)
 大師はお金を取り出すと、おばあさんに言いました。
「その片身のフナを売ってくれませんか? 片身ではあるが生きたまま逃がしてやりたい」
「はあ? これを逃がす?」
 おばあさんは首をかしげながらも、片身になったフナを大師に売ってやりました。
(このお坊さん、頭がおかしいのでは? 片身のフナを逃がしたところで、すぐに死んでしまうのに)
 ところが不思議な事に、大師が片身のフナをそっと川へ逃がしてやると、片身になったフナは一生懸命に紫井戸につながる川を泳いでいきました。
 そしてきれいな水の湧き出る紫井戸を自分のすみかにして、元気に子孫を残していったのです。
 ある日の事、フナを大師に売ったおばあさんが紫井戸を覗いてみると、なんと井戸の中にいるフナは全部片目のフナだったそうです。
(情報元:紫井戸の片目ブナ 弘法話 愛媛県・松山市の民話 <福娘童話集 きょうの新作昔話>

この井戸は民家の敷地内にあるため、勝手に入ることができません。そのため、写真撮影することができませんでした(^_^;)

片目鮒の井戸があるお宅
片目鮒の井戸があるお宅

四国地方、梅雨明けです!

Category : 日記

ようやく・・・

ようやく梅雨が明けました~ヽ(*´∀`)ノ

昨年より15日遅く、平年よりも6日遅い梅雨明けだったようです。

梅雨明け

暑い夏がやってきますが、晴れてないと仕事になりません( ̄▽ ̄;)

雨で着工を遅らせてた現場に早く取り掛かって、お待たせしてるお客様にご迷惑がかからないよう、安全第一で頑張ります!!


週末は田植えに!

Category : 日記 , 農業のこと

こんばんわ!ちょっとバタバタしてまして、また更新が少し疎かに(^_^;)

負けずに頑張ります!!

井戸掘りの方も順調なのですが、ちょっとポンプの調子が悪いというお客様のところの工事を早くしてあげたいのにポンプが届かないというモヤモヤと戦っています・・・

月曜には届いて欲しいですね。。

さて、では最近の出来事を書いていきます。

井戸掘り以外にも、実は少しばかり農業もやっておりまして(笑)

お米作りをしていますヽ(*´∀`)ノ

田植えもやってます
田植えやってます!

なので、丁度今の時期は田植えで忙しく、今日と明日(日曜なので問題ありませんが・・・)は、業務をお休みさせていただいてます。

ご迷惑をお掛けします。

田植え

濁れも次第に薄く、次のステップへ

細々とやってる農業(米作り)も忙しくなりつつありますので、現場作業との両立でバタバタしています(^_^;)

そんな中、進行中の深井戸掘削現場でのエアーリフト洗浄作業も、だいぶ先が見えてきました。

井戸洗浄
エアーリフト洗浄作業 開始直後 (6月1日)

最初は濁れた水が出てきます。

しかし、揚水を続けていくと・・・

井戸洗浄
エアーリフト洗浄作業 途中経過 (6月1日)

濁れも薄くなり、だいぶ透明な水に変化してきました。

工期短縮のためや、早く使いたいという理由で、この作業を疎かにしてしまうと、ポンプで汲み上げた時に濁れ水や砂が上がって、水が使えなくなったりポンプが砂噛みしてしまったりとトラブルの元になってしまいます。

単純に水を出すだけの作業かもしれませんが、エアー量を調整したり、タイムラグを発生させて洗浄させることによって、安定した地下水を取水することが可能となります。

井戸洗浄
エアーリフト洗浄作業 (6月3日)

やはり作業開始直後は若干の濁れは発生しますが、薄くなるまでの時間はどんどん早くなっています。そろそろ終了の合図でしょうか。

井水ポンプの新設と配管工事もご依頼頂きましたので、明日より準備に取り掛かりたいと思います。

話は逸れますが、今日は三津浜ふ頭に豪華客船ダイアモンドプリンセスが入港してましたね。ちょうど現場作業を終えたところでしたので寄ってみました。

ダイアモンド・プリンセス 三津ふ頭
ダイアモンド・プリンセス
ダイアモンド・プリンセス 三津ふ頭
離岸して出港するところです
ダイアモンド・プリンセス 三津ふ頭
斜めから見てもカッコイイ~。

また来年には4回も入港予定があるそうなので、時間が合えば見てみたいですね。


松山市の地下水が低下!節水呼びかけも!

松山市の地下水の水位が大幅に低下しているとのことで、24日に市は渇水対策委員会を開き、市民に節水を呼びかけるなどを確認したとのことです。

雨量が平年を下回っているらしく、地下水の水位が平年と比べると-1.47mも下がっているようです。

松山市の地下水が低下!節水呼びかけも!
松山市公営企業局HPより 地下水 観測井(南高井)の水位

あの平成6年の大渇水より早い時期に地下水が降下し始めていますね。

ダムの貯水率はというと、まだ90%以上を維持していますが、平成6年大渇水時期と比べても、あの当時も水はあったようです。

松山市の地下水が低下!節水呼びかけも!
松山市公営企業局HPより ダム貯水室の変化(年間)

ここ最近、異常気象とも言われる現象が多く出ています。早く雨が降り、地下水が潤ってくれることを願いましょう!

先週も、とあるお客様から「昨日から水が出なくなってしまった」と問い合わせがあり、ご自身で水位を計測したら吸水できない深さまで水位が下がってしまっていたようです。

そういった情報も、井戸端SNSで共有していければと思いますので、是非ご参加くださいませ。


事務作業

ブログ記事に書く内容をど~するか??

Category : 日記

こんばんは。ちょっとブログ記事について考えてることがあるんですが、出来るだけその日の内容を記事にしていけたらって目標にしてたんですが、それだと途中で違う現場が入ったりすると、内容も異なったりしますから、一貫性のない内容が続いてしまうんじゃないかな~って心配です(;^ω^)

着工から完成までを一つの記事にすることで、見てる人もわかり易いと思うんですが、掘削からポンプ取付までを待っていると、やっぱり記事にする内容がなくなってしまうんですよね~・・・。

ポンプメンテナンスなどの軽微な工事なら、その日に投稿も可能なのですが。。

う~ん・・・

悩んでても仕方ないので、色々と試しちゃいましょうかね(笑)


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!

Category : 日記

皆様、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、珍しく元旦からブログ記事を書いてます(*゚▽゚*)

「一年の計は元旦にあり」

一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。(故事ことわざ辞典より)

計画・・・というわけではありませんが、今年の目標として多くの記事を出来るだけ早く発信するということを心がけていきたいと思います。

「忙しい」を理由にせず、時間を上手に作ることができれば可能な事ですから♪

井戸の便利さを始め、掘削しても水が出なかったことなど、お客様目線で記事を書いたり、ホームページ作成に取り入れていこうと思います(^O^)

2019年も、どうぞ近松井戸工業所を宜しくお願いいたします!!

あけましておめでとうございます


検索