井戸修繕・補強 | 近松井戸工業所

Category Archives: 井戸修繕・補強

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

こんばんわ!

今日も良い天気で気持ちよかったですね(*゚▽゚*)

 

さて、今日は昔ながらの掘井戸(丸井戸)を再利用するという工事を行いました。

以前、撮影させていただいたのがコチラ。

 

コンクリート製ですが、蓋は2つに別れる二枚蓋です。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

地表面の井ガワは割れてますね。井戸蓋も割れてました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

吸水管が見られなかったので、長い間使われてなかったのかもしれません。

っが、水は透明度も高く底が見えてます。

かなり浅い井戸ですね。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

今回はこの井戸を再利用していきます!

まずは地上面と同じ高さなのは危険ということもあり、破損した井ガワを修復することも踏まえ、新しい井ガワを設置します。サイズは2尺2寸。

井戸蓋も1枚蓋に変更して設置します。

その後は、簡易的な水替え洗浄を行います。

その後、自動給水ポンプを取付けました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

継ぎ足した地表面には、しっかりとセメントで紗水処理を施します。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

ポンプ以降の配管は他社さんが行うということで、これにて完成です。

井戸周辺の整地はセメントが固まってから仕上げたいと思います。

 

こういう井戸も災害時では重宝しますよ!

なんたって蓋を開けてバケツとロープで水を汲み出すことができますから!

電気や水道が止まったって大丈夫なんですヽ(´▽`)/

 

古井戸を再利用してみたいなぁ~って方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!!


雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

さてさて、今年6月に一部書きかけた現場なのですが、今更ですが続きを書いていきますね(^_^;)

雨水が井戸孔内に侵入して濁れるという問題ですが、原因箇所を特定することができた後、セメントにて遮水処理を施しました。

1か所ではなく、複数個所から水が入っていたため、広範囲にわたって処理を行いました。

 

下写真は遮水処理を行った直後です。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

セメントが乾くまで数日間、放置しておきます。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

 

別の日、セメントが硬化したことを確認し井戸洗浄を行います。

孔底の汚泥を浚渫します。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

濁れ具合です。真っ黒い水が出てきました。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

孔底まで水を汲み出し、孔内状況確認を行います。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

スプレーガンとブラシによる洗浄です。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

コンクリートが脆いとスプレーしただけで剥がれ落ちてしまうので、加減には要注意です。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

孔底の状況です。

常時、水に浸かっているので真っ黒。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

これが「井戸の底」です。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

井ガワの継目部分です。連結はちゃんと施工されています。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

 

孔底よりやや上を見上げた写真です。

井ガワに付着した物質を完全に除去するためには表面を削る方法となってしまうため、部分的な除去とします。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

 

給水ポンプのストレーナ部です。

この部分が目詰まりしてしまうと水量が低下してしまいます。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

問題があった箇所は完全に塞いでいます。

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

全工程が完了です。

水が復帰してくるのを待ちます。

最初は残りの濁り水がありますが、水を汲み出すことによって次第に濁れも落ち着いてきます

雨水で濁れる井戸の修繕工事(松山市来住町)

 

遠方にいらっしゃるご家族の方との打ち合わせでしたが、弊社にご依頼いただきまして、ありがとうございました!!

井戸のことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

危険な古井戸の補強が終わりました(伊予市三島町)

こんにちは。

松山市は久しぶりに梅雨らしい雨が降りましたが、あまり続かなかったようです(゚Д゚;)今は良いお天気になりました・・・(*^^*)

さてさて、嬉しいことに、かなり仕事が詰まってきました。

やや中期工事が2件入っておりまして、8月上旬ほどまでは、ちょっと大きな仕事はできない状態です。

お待ちの時間を減らしていけるよう、安全第一で作業を進めていきたいと思います。

 

それでは、少し停滞していた工事日記を書いていきます。

前にも少し記事にしてたと思うんですが、伊予市三島町危険な古井戸の補強工事を施工させていただきました。

一見、陸上だけならコンクリート製の井ガワで作られているように見えますが、近づいてみるとビックリ。

中を見て更にビックリ。

井ガワ周辺には穴が・・・陥没しています。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

中には井ガワがなく、裸孔となってました。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

既に地表付近では崩落が始まっているので、内部への侵入は不可能です。

まずは大型の土管を挿入します。深さが10mほどあるため、孔内での接続は不可能と考え、陸上で連結した状態で孔内に挿入することにしました。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

クレーンで吊るした状態で2本分(7.5m)ありますが、まだ足りません。

陸上まで足りない長さを計測して、3本目を再び孔内で連結させます。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

ようやく陸上まで来ました。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

続いて、ドカンとの隙間に砂利を充填していきます。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

隙間が大きいため、3tダンプ5台分の砂利が入りました。

表層は真砂土を充填します。これもダンプ1台分ほど。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

充填が終われば、孔内の水を抜きつつ、充填素材を水締めしていきます。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

既存の吸水管を接続します。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

しばらく揚水を続けて濁れ水を出します。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

 

数日経過して、沈下した充填箇所に再び砂利を充填して完成です。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

孔内の状況です。

危険な古井戸の補強(伊予市三島町)

井戸の直径は小さくなりましたが、崩落する危険は回避できました。

将来的にもまた使うご予定があるとのことでしたので、是非有効利用していただければ井戸も本望だと思います(^^)

井戸のことでお困りの方は是非お声おかけくださいませ!!


地表水が混入し濁れる井戸を修繕・・・のハズが

地表水が混入し濁れる井戸を修繕・・・のハズが

こんばんわ。四国地方も梅雨入りし、今日は雨の日となりましたね。

そんな今日の予定は、地表水(?)が井戸に混入してしまうという井戸があり、その修繕と井戸洗浄を行う予定でした。

井戸自体は家屋内にあるため、雨でも作業ができると思っていたのですが、雨のせいで表流水が多くなり、井戸孔内への混入水が増えて、遮水作業が難しくなってしまいました。

地表水が混入し濁れる井戸を修繕・・・のハズが

地表水が混入し濁れる井戸を修繕・・・のハズが

検討の結果、雨も上がり水濡れしていない状態の時に改めて施工することになりました。

予定は先に延びてしまいましたが、「どこから混入しているのか」を特定することが出来たので、この雨も良かったカナ?!っと・・・(^▽^;)

 

さてさて、色々と施工途中の現場がありますので、段取り良く早く終わらせて、待ち時間を減らしていきたいと思います。


崩落の危険!緊急で対策を!

おはようございます。嬉しいことに色々と仕事が入ってきてまして、忙しくさせて頂いてます♪

また落ち着いたら、内容をまとめて公開したいと思うんですが、今はまだゆっくりと書く時間はなさそうです💦

とりあえず昨日からは、崩落寸前の危険な井戸を補強して保存する工事を行ってます。

掘井戸 補強工事

大型のドカンを建て込み、補強します。
梅雨入りするまでに終わらせるのが目標なので、まだ十分間に合うかな?!

今日も1日頑張ろう!!


破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

本日2回目のブログ更新で~っす(^^)

つい先日のことですが、陸上の化粧井ガワが破損したため修繕と、手押しポンプ&電気ポンプの取付を施工させていただきました。

ポンプはお施主さんが手配したので、取付だけです。

まずは破損した井ガワの修繕・・・っと言っても、新しい井ガワで覆うだけです。

施工前の状況です。危険な状況ですね。人や動物が落下する前に補強しなくては!

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

孔内状況です。見たところ異常はなさそうですが、井戸の場合、水面の下が問題です。水を汲み出して初めて全貌が明らかになるのですが、今回は「なし」ということです。

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

破損した井ガワもそのままでということで、新しい井ガワを被せます。

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

これだけでも十分に補強されるので「安全面」では問題ありません。

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

手押しポンプを設置するので、井戸蓋には吸水パイプが入るよう穴を開けています。電気ポンプは井ガワ横から吸水する配管としています。

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

揚水試験も行い、無事に給水開始♬

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

完成です。(※後日、保温材を巻き付けました。)

ポンプ吐出し側の配管はお施主さんが行うとのことでした。

破損した古井戸を修繕!ポンプ取付工事

ちょうど、この工事の前に東京都国立市(くにたちし)西2丁目の空き地の井戸に8歳の女の子(小学2年生)が転落する事故があったばかりなので、お施主さんも早く対策しなければと急いでいたそうです。

古井戸は本当に危険ですので、所有者さんは今一度ご確認くださいませ!


井戸補強工事

瓦井戸の補強工事!(松山市船ヶ谷町)

こんばんわ。夜ですけど、家でのちょっとした時間を見つけてブログ更新していきます。

こういう時はタブレットPCが役に立つんですよね(#^^#)

因みにASUSのvivotab noteを使ってます。(前にも書いたかな?!)

 

さて、本題に戻ります。

4月の下旬になりますが、松山市船ヶ谷町にて掘井戸補強工事を行いました。

石積み井戸の次に古いとされる瓦を使った井戸です。

井戸補強工事

石積みほどではありませんが、内部の均衡が崩れると一気に崩れると言われている危険な井戸です。

正直、弊社では極力こういう井戸への潜入は控えるようにシフトチェンジしています。万が一(地震など)の時に作業員の人名を守るためでもあります。

事前の孔内状況チェックで落下物等がないことを確認。

井戸補強工事 井戸補強工事

ポリエチレン製の大型管を用意します。

井戸補強工事

問題だったのが下の写真。

ちょうど軒下に半分かかってるんです。(゚Д゚;)これだと大型管を真っすぐ入れることが困難です。そこで、やや小さめのポリエチレン管とし、斜めに挿入しながら入る長さに切断。それを繋ぎ合わせていきます。

井戸補強工事

 

上手に挿入が完了し、瓦ガワとポリエチレン管との隙間に砂利を充填していきます。

文章では簡単な1行で終わらせていますが、この作業が一番大変でした(;’∀’)

井戸補強工事

 

孔内の水を循環させながら、充填箇所を水締めしていきます。

管に穴を開けて吸水パイプを通します。

井戸補強工事

陸上はこのままの状態で残します。

井戸補強工事

既存の井戸蓋を設置して完成です(^^)

井戸補強工事

 

お施主様も、「これで崩れる心配もなくなって一安心」とおっしゃってくださったので良かったです。

もっと早く施工できたらよかったのですが、かなりお待たせしてしまい申し訳ございません。

 

人員が少ないので1日に施工できる現場が限られてくるのですが、順次対応していきますので!!

 

ではでは、明日も安全第一でガンバリマス!!