水量調査 | 近松井戸工業所

Category Archives: 水量調査

深井戸の洗浄と水量調査(松山市湯山柳)

今回の記事は、取引先さんからのご依頼で地域の共同給水井戸の洗浄と水量調査を施工させていただきました。

視察時の状況です。深井戸用ジェットポンプが設置されています。

深井戸の視察

では、施工当日。
仮設水中ポンプを設置して、施工前の水量調査を実施。

井戸の水量調査

ノッチタンクの高さを調整しつつ、水位降下測定を行います。

井戸の水量調査と水位降下量測定

次はエアーリフト洗浄へと移ります。
ケーシング管の損傷を防ぐために二重管リフトとし、エアー量を調整しつつ、孔内を洗浄していきます。

深井戸 洗浄 掃除 エアーリフト

エアーと共に濁れ水が勢い良く排出されています。
深度が深いため、洗浄位置を変更して、再度洗浄しました。

その後、施工後の水量調査を行うため、再度仮設ポンプを設置。同じくノッチタンクを用いて水量調査と水位降下量を測定していきました。

それらのデータを取りまとめて提出し、弊社の担当工事は完了です。

深井戸洗浄や水量調査などご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませヽ(*´∀`)ノ


古井戸の簡易洗浄と水質検査(東温市南方)

今回の記事は、東温市南方のお客様から「古井戸が出てきたので再利用できるか調べて欲しい」とご依頼いただいた時の内容です。

視察時の状況がコチラ。

古井戸

石積みの掘井戸です。井戸蓋がなく陸上井戸ガワもないため、転落事故が起こらないようロープで囲ってありました。
孔内状況はコチラ。

古井戸(石積み井戸)

特別深いわけではありませんが、石積みということと、井戸径が小さいため、深く見えます。

井戸の状態が分かりませんので、まずは水量調査を兼ねた簡易洗浄を行い、安全に使えるかの水質検査を行う内容でお見積り。

外構工事業者さんが陸上用井戸ガワを設置し、工事のご依頼もいただきました。
転落防止用にフェンスを挟んでいるということで、作業するために必要最小限で切断開口しました。

古井戸の洗浄

水中ポンプを挿入し、孔底を浚渫します。

古井戸の洗浄

水を汲んで、初めて孔内・孔低状況が確認できます。徐々に全貌が明らかに。

古井戸の洗浄

孔底にはブロックや土砂などが落下しているようでした。

古井戸の洗浄

石積みということで危険が伴いますので、落下物の回収は今回は断念。
水量は十分出ていることから、連続揚水を行い水を呼び込んでいきます。同時に孔壁などを塩素消毒し、水質検査へと提出しました。

井戸の湧水量
水質検査

水質検査の結果、「大腸菌」が検出されてしまいました。消毒を行ったとはいえ、まだ汚染元が残っている可能性もありますが、それ以外にも流入してくる水自体に存在している可能性もあります。
今後も定期的に水質検査を行って様子を見てみることを助言させていただき、今回は作業終了となりました。

古井戸が出てきて困っている方がいらっしゃったら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)


古井戸の調査

古井戸の埋戻しと再生へ エピソード1(宇和島市本町追手)

台風19号が近づいてますね。かなり大型のようなので、皆さん今のうちから備えておきましょう!

10月も忙しくなりそうですが、コツコツとブログ更新も続けていきますね♫

今回の記事は宇和島市本町追手にて古井戸の埋め戻しと再生をご依頼いただいた内容となりますが、現場内には古井戸が3基ありまして、それぞれの井戸を異なる工事を施工させていただきましたので、記事も分けていこうと思います。

まずは事前の現場下見の様子からです。

古井戸の調査

最初に依頼のあった古井戸です。家屋解体中に発見したそうです。地主さんも、ここに井戸があったのを知らなかったそうです。

古井戸の調査

この井戸、よく見ると隣の敷地を跨いで設置されています。埋め戻せば問題ないのですが、もう1基の井戸は完全に建物の基礎部分と重なってしまうということで、できるならこの井戸を再利用したいというご依頼でした。

まずは井戸の能力がどれほどのものかを調査するべく、水量調査と孔内調査を実施しました。

古井戸の調査
古井戸の調査

底まで汲むと土砂が堆積していましたが、大きな落下物はなく、パイプが1本落下しているだけでした。

湧水量も意外と多く、サイズを縮小しても使えると判断。

地下水の湧水量チェック

次に、基礎部分と重なってしまうという井戸の埋め戻しを行うため調査。

古井戸の調査

こちらも埋め戻しに必要な材料を揃えるためデータを採取します。

宇和島ということで何往復もできる距離ではありませんから、じっくりと工程を組んでいきます。

次の記事では埋め戻し作業の内容となります。


井戸水の水質検査

古い打抜き井戸の水量調査と水質検査(松山市北立花町)

今日は雨のため予定変更して、ブログ更新する時間ができました♫

では早速書いていきたいと思います。

松山市北立花町の現場にて、昔の打抜き井戸があるため再利用できたらということで、水量調査と水質検査を行いました(´∀`)

打抜き井戸の調査
視察時の状況です。
打抜き井戸

上記写真の打抜き井戸が設置されていました。

では、揚水するためエンジンポンプを設置していきます。まずは接続するため継手を外してみると・・・・

古い打抜き井戸パイプの内部

井戸管内は錆で瘤が出来てました。水の流れも悪くなっている可能性が高いです。

打抜き井戸の揚水試験

揚水開始です。

長年使ってない井戸の最初の濁れ

最初は錆と一緒に濁れ水が上がってきました。ある程度汲み出すと、濁れも薄くなりましたので、水質検査に提出してきました。

井戸水の水質検査

検査項目は、一般細菌、大腸菌、硝酸態窒素、亜硝酸帯窒素、鉄、マンガン、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度、濁度の13項目です。

検査結果は10日ほどで出ますので、それまで楽しみに待ちましょう。

忙しくて井戸水の水質検査に行けないという方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(≧∇≦)/


地質調査孔を井戸として利用(松山市河野中須賀)

昨日から涼しくなってきた松山市です。

相変わらずバタバタが続いてまして、9月後半頃じゃないと動けないかもしれません。。(^_^;)

天候により順延してしまうため、最近の雨のせいで予定がずれ込んでしまってます。。

嘆いててもしょ~がないので、ブログ更新といきましょ~♪

7月下旬になりますが、知り合いの地質調査業の方から、「調査ボーリング孔にケーシング(VP50)を挿入し井戸として設置したので、ポンプ移設をお願いできますか?」と依頼がありました。

調査井は2本あり、片方は既に水量調査や水質検査が終わっているらしいのですが、もう1本はデータが何もないため、まずは確認したいとのことでした。

浅井戸とポンプ
これが既存の井戸とポンプです。深度が浅いとのことで水量が少ないようです。
地質調査用の孔を井戸として利用

まずはこの調査孔の洗浄と水量調査を行います。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エアーリフト洗浄開始です。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エンジンポンプで揚水し、簡易水量調査を行います。

地質調査ボーリング井の水量調査

計測すると約10L/min程度です。これでは使えないということで、予定していた水質検査は中止とし、もう1本の調査孔にポンプを移設することとします。

っが、お客様曰く「当時のデータ計測では揚水ポンプではなかった気がする」とおっしゃられていたので、こちらも水量調査を実施しました。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

見えにくいですが、中央よりやや右上に見えるパイプが調査孔です。こちらもVP50でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

エンジンポンプにて揚水すると、1本目とは全然違う水量でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

これで安心して移設することが出来ました!

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

「一時的に使うだけだから綺麗に仕上げなくてもいいよ。パイプも地面を這わして構わない」とのことでしたので、送水側も露出配管としました。将来的に洗浄が必要になるかもしれないと思い、上部に開口部を設けています。

これで一安心・・・・

っと思っていたのですが、翌朝使おうとしたところポンプが回るが水が出ないと連絡がありました。

接続部の緩みかなと思い、ネジ部にシール材を塗布。呼水も抜けていたので注水し運転すると給水開始となりました。

しかし、また別の日。水が出ないということで、同じ症状でした。

井戸に水が返っているのが原因であるのは間違いないのですが、では一体どこから?調査孔を仕上げた業者さんに、どのような仕上げをしているのかお客様に確認してもらったところ、報告書も貰っていたようで、そこには「ケーシング管とポンプを直結しないでください」と書かれていたそうです。

仕様書図面を見てみると、地面から僅か数メートル以内にストレーナ(取水孔)が設けられていました。

ケーシング管の連結部(ソケット等)の仕上げも気になるところなので、報告書通りに内部に吸水管を挿入して吸水する方式にチェンジ。

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

その後、水が返るという事はなくなったので、これでようやく一安心です♪

地質調査用の穴を井戸として使われる方も多いようですが、ほとんどの場合、地質調査用なのでVP50仕上げが限界でしょうか。

それだと、万が一水位が降下し陸上ポンプの吸水限界水位(7~9m)を下回ってしまうと、陸上ポンプでは水を吸い上げることができません。

小口径の井戸に使える深井戸シングルジェットポンプというものがありますが、正直なところ、オススメすることはできませんね~(^_^;)

取付には特殊な方法を用いる必要があり、またメンテナンスで内部から引き抜こうとしても、長年の錆等が付着して引き抜くことが困難であったり・・・

無理に引き抜き井戸本管が破損してしまい、ジェットが入らないor水が上がってこない・・・そのため井戸を掘り直すといった方もいらっしゃいました。

水位が深い場合は、深井戸水中ポンプを挿入し、井戸内部から「押し上げる」という方法で給水することが理想ですので、水中ポンプが挿入できるφ100mm以上での井戸仕上げをオススメします(^^♪

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


掘井戸掘削

掘井戸が完成!(松山市土居田町)

松山市土居田町で先日から着工した掘井戸掘削工事ですが、短期間で掘削完成となりました(^^)

地層的に掘りやすく、それに対応する掘削ツールを持ち合わせていたのが強みですね♪

掘井戸掘削
すでに予定深度まで掘削が終わった状態です。
掘井戸掘削
掘削直後の井戸孔内。
掘井戸掘削

機材を解体中です。手前にある井ガワが既存の井戸だったんですが、崩落してしまい埋め戻すことになり、掘削と同時進行しています。

井戸埋め 空気抜き処理

お祓いは既に終わっているので、空気抜き用の竹筒に塩ビ管で地表付近を配管し、邪魔にならない位置に突き出しました。

井戸埋め 空気抜き処理

空気抜き用竹筒と塩ビ管の隙間をビニールテープで塞ぎ埋設しました。

続いて連続揚水を行い、濁れを除去していきます。簡易的な水量調査もすることが可能です。

井戸水の連続揚水

動画も撮影してみたので、是非ご覧ください。

濁れもなくなったので、埋戻し用の土砂を搬入し、既存の井戸蓋を設置して完成となりました。

吸水配管は他社さんが行うという事で、その部分のみ埋戻しはしていません。

掘井戸 完成

冷たい地下水でスイカを冷やして食べると、また一段と美味しく感じられます。

そんな贅沢な水の使い方が出来るのも良いですね♪

ご依頼いただき、ありがとうございました(*^_^*)

井戸やポンプのご相談は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


ボーリング井戸 揚水試験・水量調査

揚水試験実施!一先ず全工程完了~♪

こんばんわ。今日も松山良い天気でしたね♪

さて、先週末のことですが、以前から施工してましたボーリング井戸新設工事の現場が一先ず完了しました(*^▽^*)

思いのほか井戸洗浄がスムーズに終わり、予定より早く揚水試験を実施できる状態になりました。

ボーリング井戸 エアーリフト洗浄

最初はやっぱり濁れますが、エアーリフトなので正常なことです。

連続揚水することで濁れもなくなっていきます。

 

次は仮設ポンプによる連続揚水試験と水量調査です。

ボーリング井戸 揚水試験・水量調査

ボーリング井戸 揚水試験・水量調査

データの採取も終わり、一先ず全工程完了です(^^)

 

正規ポンプ取付までの間、つなぎ用として仮設ポンプの貸出も行うことになりました。

破損には気を付けてくださいね~(;’∀’)

 

さて、色々と提出物がありますので、今日は半日ほどデスクワークでした(;´▽`A“

違うことするって気分転換にもなって良いですね(^^)

 

明日から他の作業も段取りしていきますので、宜しくお願いしま~す♪


検索