水質検査 | 近松井戸工業所

Category Archives: 水質検査

仮設水中ポンプで揚水試験

いざ、水質検査へ!

こんばんわ。松山市内の至るところで桜が見頃ですねヽ(´▽`)/

仕事を忘れてお花見したいぃ~・・・っという気持ちをグッと我慢して現場に向かいます(笑)

 

さて今日は以前より掘削し新設完了した松山市西一万町ボーリング井戸現場ですが、昨日より仮設水中ポンプを設置して連続揚水を行っています。

仮設水中ポンプで揚水試験

昨日の時点でも、このような透明度の高い水になってましたが、更に安定させるため24時間ほど連続で揚水を続けました。

 

そして今日の朝、同じように安定した地下水となっていたので、水質検査に提出しました。

水質検査へ提出

 

どのような結果になるのか楽しみですね♪

さて、資材も揃ったので明日はピット工事に入りましょうかね?!

 

安全第一で頑張ります(*゚▽゚*)

 

井戸のことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~♪


給水設備の定期メンテナンスと水質検査

給水設備の定期メンテナンスと水質検査

こんばんわ☆彡

今日も変な天気でしたね~(´Д`;)風も強かったです!

 

そんな中、今日はとある組合さんから給水設備の定期メンテナンスをご依頼いただいているので、点検に行ってきました!

以前も同じような記事があるかもしれませんが、日常の記録として・・・(笑)

井水を組み上げている給水ポンプです。

給水設備の定期メンテナンスと水質検査

 

ポンプや砂こし器の様子、配管の漏れ、除菌機の薬液残量確認、残留塩素濃度のチェック、圧力タンクのエアー量チェックなどなどチェック項目があります。

そして定期的に水質検査にも提出しています。

給水設備の定期メンテナンスと水質検査

設備メンテナンスが心配な方は、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。


新設井戸の水質検査

新設井戸の水質検査

こんばんわ。自宅に帰ってのブログ更新です。

今日の松山市はどんよりとした天気でしたね。風も強くって・・・(;’∀’)

 

過去の内容も投稿しないといけないんですが、今日あったことをなるべくその日に投稿する癖をつけようと思ったので、前記事からの時系列ではありませんが、書いていこうと思います。

 

去年の年末にボーリング井戸2基を掘削させていただいたんですが、そちらの井戸水を水質検査に提出してきました(^^♪

 

ポンプを突っ込んでいるのが2基目で、青いバケツの奥にあるのが1基目です。

こんなに近い距離で掘削したのは初めてかも?!

新設井戸の水質検査

陸上ポンプでも十分吸水できるほど水位は上の方でした(*^▽^*)

新設井戸の水質検査

 

どんな結果がでるのか楽しみですね♪

 

明日は天気が悪くなるそうですね。

風邪ひかないように頑張りましょう(^^)/


ボーリング井戸掘削 松山市湯渡町

井戸完成!(松山市湯渡町)

こんにちは。

石手川ダムの貯水率が心配されてましたが、昨夜からの大雨で少し回復しているようです(^^♪

石手川ダム 貯水率

愛媛国体がありますから、水不足はなんとしても避けたいですね。

 

さて、昨日で現場が一段落しましたので、ちょっとブログ更新していきますね。

先日から施工中だった松山市湯渡町ボーリング井戸新設現場ですが、無事に地下水を確保することができました。

色々と制約がある現場でして、なかなか大変な現場でした(^_^;)

 

土質状況を観察しつつ、良質な地層で取水するようにします。

井戸が産声を上げました!!祝 (^o^)/

ボーリング井戸掘削 松山市湯渡町

どんどん水を汲みだして、濁れを除去していきます。

ボーリング井戸掘削 松山市湯渡町

(動画撮影もしてみました)

 

そして水質検査へ提出。

今回は「水道水質基準」に則った水質検査51項目+給水機器選定のための2項目を追加しての検査です。

水質検査 51項目

 

容器が多い~\(◎o◎)/!

 

水質検査 51項目

 

採水後、仮設ポンプを撤去して完成です。

他の業者さんが間違って破損してしまわないように監督さんに言って、このような状態にしてもらいました。

 

井戸完成

 

破損すると取替できないので、厳重に管理してもらわないといけませんね。

一先ず、掘削工程は完了したので、時期を見てポンプ設置等も予定していきたいと思います。

 

よし!!

 

次の現場の段取りを始めます!!!(*^^)v


水質検査 代行

水質検査代行!井水ポンプ点検!

おはようございます。昨日はバタバタしてて1記事しか更新できませんでした(;’∀’)

なので、朝一で更新しま~す♪

ある組合さんの井水設備を定期的にメンテナンスさせていただいてます。

今回は水質検査の実施月でありましたので、そちらにも提出してきました(^^♪

水質検査 代行

除菌器も点検するのですが、薬液タンクから本体までの送薬チューブ内に異物がありましたので、除去を行いました。

送薬チューブ内の異物除去

↓下の黒い細かいのが異物です。タンク上部にある未使用の古い電極棒の錆でしょうか?

落ちてこないように一先ず撤去しておきました。

送薬チューブ内の異物除去

これらの異物が除菌器中央部にあるピストンや逆止弁に詰まってしまうと、正常に除菌できなくなりますので注意が必要です。

きちんと除菌を行うためにも定期的にメンテナンスを行いましょうね(^^)


打抜き井戸新設工事

良質な地下水を求めて打抜き井戸新設(2回目)

予定まで少し時間があるので、本日2回目のブログ更新していきます(^^♪

1年以上前に弊社で施工させていただきました井戸があるのですが、水質が悪かったため、深度を変えて掘削することになりました。

お施主さん自らが周辺の水源地深さなどをお調べになられ、その資料を提供してくださいました。

予定深度は約15m。

弊社が施工させていただいた1本目の井戸は8m。

ほぼ倍の深さです。間違いなくバイブロハンマーを使った小型打抜きでは難しい深さです。

ボーリング掘削なら間違いなく到達できますが、ボーリングするには浅すぎるため単価としては割高になります。

そこで、ハンマー落下打設を使った50mmの打抜き井戸を施工する内容にしました。

バイブロハンマーよりは打設能力が高く、また打抜きパイプも太いため曲がる可能性も低くなります。

っが、この深さまで打設した事例はほとんどありません。

大きな石に当たった場合、入らなくなります。

そのことをご理解いただいた上での施工となりました。

 

施工位置を決めると、あとは必死に打ち込みます。

打抜き井戸新設工事

上層は打設しやすいのですが、深くなるにつれスピードダウンしていきます。

打抜き井戸新設工事

大きな石が出てこないか心配しながらも、なんとか無事に予定深度まで到達。

ただ、これ以上の打設は難しそうですね(;^ω^)

エアーリフトを行います。最初、なかなか地下水が出てきませんでした。

根気よく続けると、徐々に水も増えました。

打抜き井戸新設工事

濁れも薄くなっていきます。

打抜き井戸新設工事

動画撮影もしてみました。ご覧ください。

チャンネル登録も宜しくお願いします)

簡易水質検査キットにて鉄を計測してみました。

0と書かれたのが、旧井戸(-8m)。

1が15mの初期。

2が水量が増加した時の水です。

打抜き井戸新設工事

明らかに濃度が薄くなっています。期待できそうです。

既存のポンプセットを移設します。

打抜き井戸新設工事

2~3日、水をよく使っていただいた後に、水質検査に提出しました。

打抜き井戸新設工事

現在結果待ちです。

不安と期待と両方が入り混じっています。

良い水でありますように!!

 

ではでは、そろそろ打ち合わせに行ってきます!!


水質検査へ提出!ピット仕上げ工事も順調に!

こんばんわ。最近ちょっと喉の調子が悪くて倦怠感も襲ってきます・・・

風邪でしょうか?皆さんお気を付けくださいね(^^)

さて、昨日と今日との工事日記になるのですが、ボーリング井戸新設現場において、ようやく水質検査に提出することができました(#^^#)

粘性土質を含む地層からの水もあるため、また水量が豊富ではないため、綺麗な水(透明と言う意味で)になるまで時間がかかりました(^▽^;)

ボーリング井戸 水質検査

果たしてどんな結果が出るのか。。

こればかりは祈るしかありません(゚Д゚;) (水量・水質は保証外ですので・・・)

 

続きまして、井戸ピット工事へと突入です。

ピット内部に見えている右側の穴は、もちろん井戸なのですが、気になる赤色の帯。。

危険」と書かれているのがお分かりかと思います。

これは、「この帯の下に電線が敷設されていますよ」という注意帯です。

試掘時に発見しました。そのせいもあり、かなり厳しい場所へ施工せざるを得なくなりましたが・・・。

接触することもなく無事に掘削できたので良かったです。

電線共々、ピット内部に格納してしまいます。

ボーリング井戸 ピット工事

雨水が溜まらないように勾配をとります。

ボーリング井戸 ピット工事

一先ず、これで固まるまで置いておきます。

あとは別業者さんが引き継いで、給水系統の工事を進めてくれます。

さぁ、明日は別の工事を進めていかなくては!!(*’▽’)