Category Archives: 水質コントロール機器

除鉄槽 濾材交換

除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

今回の記事は、井戸水に含まれる鉄分を除去するための「除鉄槽」について書いていきます。

鉄分が基準値を超えている場合は、様々な機器に悪影響を及ぼします。

例えば、白色のコンクリートやタイルが赤く着色されたり、配管内部が目詰まりしたり・・・。

それを防ぐために水質改善装置の出番です。鉄を除去するなら除鉄槽、マンガンを除去するなら除マンガン槽。。

ただ、確実に除去できるというわけでもなく、メーカーさんによって除去できる範囲が決まっていますので、まずはメーカーさんに対応可能か否かの判断をしてもらうことが必要です。(指定の水質検査を実施し、除去範囲外であれば購入することができないメーカーもあります)

運用には塩素と反応させて除去する方法や、イオン交換で除去する方法などがあり、どちらも定期的なメンテナンスが必要となるため、手間とコストがかかるのが難点ですね。

ではでは、実際に取付けしてある現場をご紹介していきますね。

まずは、業務用で井戸水を使っているとのことですが、水の出が悪いとのことで視察。ポンプを疑う人が多いのですが、周辺を見てみると除菌機と除鉄槽、そして浄水器が設置されていました。

ポンプ吐き出し側の別口から水量を確認してみると、勢い良く水が出ました。そして除鉄した後の水量を見てみると、ほとんど水が出ていません。

なので、間違いなく濾材の詰まりが原因でしょう。

お見積り後、正式にご依頼いただきましたので交換作業へ入ります。

まずは作業前。

川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS 
川本製 浄水器  MRK2-25
川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS
川本製 浄水器  MRK2-25

まずは除鉄槽からいきましょう。蓋を外します。

除鉄槽 メンテナンス

カチンコチンですね。濾材が固まってしまってます。なので、古い濾材を撤去していきます。全て除けると、フィルターがありますので、そちらも交換します。

除鉄槽 メンテナンス
除鉄槽 フィルター
除鉄槽 濾材交換

セットし終わると、今度は新しい濾材を充填していきます。

除鉄槽 濾材交換

充填素材は2種類ありますので、順番を間違えないように注意します。

除鉄槽 濾材交換

パッキン類も全て交換し除鉄槽は完成です。

続いて浄水器へ。こちらも蓋を外します。

浄水器 フィルター交換

真っ黒ですね・・・中にもまだフィルターがあります。

浄水器 フィルター交換

小さなフィルターが4本。こちらも同じように真っ黒です。汚れたフィルターは外して、本体内部を洗浄していきましょう。

浄水器 フィルター交換

頑固に着色してしまった部分もありますが、大体綺麗になれば完成です。

次に新しいフィルターを取り付けていきましょう。

浄水器 フィルター交換

中央にある4本のフィルターをセットします。次に外側の大きなフィルターをセット。

浄水器 フィルター交換

フィルター固定を忘れずに行い、蓋をすれば完成です。

通水後は各機器の上部にあるバルブからエアー抜きを行いましょう。

水も良く出るようになりました(≧∇≦)/

井戸やポンプなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSにも「除鉄・除マンガン装置のトラブル」というトピックがありますので、参考になる情報があれば幸いです。


除菌器の定期メンテナンス

こんにちは。今日の松山、良いお天気です(^_^)

さて、今朝のことですが、井戸水の除菌を行っている除菌器のメンテナンスを実施してきました。

井戸水の中に微量の塩素を注入させて除菌を行います。水の量に応じて自動で塩素が注入されますので、定期的に塩素を補充する必要があります。

それと同時に、塩素成分が固形化して目詰まりすることもありますので、分解・点検は必須です。

今回は残留塩素の反応が見られなかったため、何か異常があると判断。

給水本管に注入させている「チェック弁」に詰まりが発生していました。

井戸水 除菌器 詰まり

写真の白い部分。これが全て固形化した塩素です。(通常は黒色です)

除菌器の末端部分にあたりますので、中間にも堆積している可能性は十分考えられます。

各部の弁体をチェックし洗浄を行いました。

 

今回は薬液残量があったので実施していませんが、できれば薬液タンク内部と同時に洗浄すると良いですね。

地下水の安定利用を行うために、井水設備の点検も行うようにしましょうね(#^^#)

気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


井水+エコキュート導入!気になる方はチェック♪

こんばんわ。日曜ですが、ブログ更新といきますね。

業務・・・っというわけではないのですが、井戸水を扱うにあたって「壁」となっているのが給湯器。何かと水質によってはトラブルが多いと耳にします。

電気温水器であれば多少なりの適応が見込めるようですが、エコキュートとなるとなかなか難しいとも言われます。

井戸水対応エコキュートでさえ「水道水の水質基準に適合していること」っとありますので、この基準をクリアする井戸水自体、少なくなってきてます。

水質も様々な井戸水ですので、なかなか一概には言えませんが、井戸水とエコキュートでは、どのようなメリットやトラブルがあるのかを、実際に検証(?)してみることにしました。

我が家のリース契約だった電気温水器を終了し、新たにエコキュートを購入してみました。

取付から何日後に、どのようなトラブルがあったのかを、井戸端SNSで公開していこうと思いますので、気になった方は是非チェックしてくださいね(^^)

井戸水とエコキュート


除菌器メンテ 薬液ホース内の遺物除去など

こんばんわ。今日は風が強かったですね(;’∀’)

夕方前には少し雨も降りましたし。。

 

さてさて、寝る前の時間を有効に活用していきますね。

先日、定期的にメンテナンスを行っている現場にて、除菌器の薬液ホース内に異物が堆積していたのと、ホース接続部から若干の薬液漏れを発見したので修繕してきました。

まずはコチラ↓が薬液ホース内の堆積物です。

100Lの薬液タンクから除菌器本体へと送液するためのホースなのですが、タンク内に堆積した異物が徐々にホース内へと流れていってしまったものですね。

これが除菌器のピストン部にある逆止弁に挟まってしまうと、うまく薬液が送れず、除菌効果がなくなってしまう危険もあります。定期的にチェックしておきましょう。

除菌器 メンテナンス

 

続きまして、先ほどの薬液ホース(薬液タンク側)の接続部から若干の漏れが発生していたので分解・点検を行いました。

除菌器 メンテナンス

確実に除菌を行うためにも、定期的に点検しておきましょうね(*^^*)


必見!エコキュートを井戸水で使ってみます!

こんにちは。ちょこちょこと小さな仕事を熟しつつ、ブログも書いてみます。

さてさて、タイトルにもありますように、今月末から来月初旬頃に家庭用給湯器「電気温水器」から「エコキュート」に変更する計画があります。ちなみにブログ担当も私の家なのですが・・・(笑)

井戸水とエコキュートは相性が悪いと散々聞かされていましたが、水質によっては普通に使えるものなのかを調べてみたくなりました。

っというより、現在利用中の電気温水器のリース期間が満了し、継続するかどうかの判断を迫られていたので、丁度良いタイミングだったのかもしれません。リース期間は10年固定です。また10年もリース料+高い電気代を払い続けなければいけないかと思うと、エコキュートはとても魅力的な商品でした。

ただ地下水を水源とする場合は「買取」ということになるそうです。

金額が大きいだけに、迷いますよね。交換した途端、壊れないか?

どれくらいの期間で故障が発生するのか?

導入する前に知っておきたいことは山ほどあります。

まだ私のように井戸水とエコキュートの組み合わせで迷っている方のためにも、色々と情報発信していければと思い、井戸端SNSで状況を投稿していますので、是非ご覧くださいませ。

http://chikaido.com/user/communityTopic/2

因みに、現段階では事前の簡易水質チェックキットで検査を終えたところです。

エコキュート用 簡易水質チェックキット(日立)

さぁ、今後どうなるか楽しみです。


井水設備の定期点検を実施!(松山市久米窪田町)

こんばんわ。今日は寒かったですね(゚Д゚;)

今の現場はビルに囲まれているので風は強いわ、日は当たらないわで辛いです(´;ω;`)ウッ…

そんな現場を抜け出して、お昼前に井水設備の定期点検を行うため、松山市久米窪田町まで行ってきました。

除菌器へ塩素を補充することをはじめ、給水機器に損傷がないかをチェックしていきます。

井水設備 定期点検

除菌が正常に行われているか残留塩素濃度でチェックします。

除菌器の点検と、残留塩素濃度チェック

今回は水質検査へも提出しました。

環境の変化で水質も変わりやすいため、定期的な検査をすることが安心にも繋がりますね。

水質検査のため採水

井水設備の管理が大変という担当者の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


除菌器の定期メンテナンス!(松山市古三津)

こんにちは。(^^♪

色々とありまして、今日はこの時間からブログを更新しています。

 

前にも記事にしたかもしれませんが、除菌器のメンテナンスについて書いていきます。

井戸には自然界に存在する一般細菌や大腸菌が検出されることもあります。

一時的に検出されることもあれば、土壌に生息するものもあります。

雑用水と言えども手に触れる機会があるならば、最低限の除菌だけはしておきたいものです。

そこで役に立つのが各メーカーから出ている「除菌器」です。

よくあるものは希釈した塩素を混入させ、菌を死滅させるというものです。上水道にも含まれていますね。

この機器をつけることによって、安心して水に触れることができると思います。

 

ただし、機器にも定期的なメンテナンスが必要となります。

塩素が減っていくため補充すること。

塩素が混ざっているか残留塩素濃度をチェックすること。

消耗品の交換や、各部品の分解洗浄。

などの作業が発生します。

これらはご自身(お客様)で管理する必要がありますが、どうしても忙しくて時間がない方や、めんどくさいと思われる方のために、私たちも定期メンテナンスの代行を行っています。

除菌器 メンテナンス

(川本ポンプ製 除菌器 DM4-40S2)

気になった方は、お気軽にお問い合わせくださいね(#^.^#)


検索