打抜き井戸関連 | 近松井戸工業所 - Part 2

Category Archives: 打抜き井戸関連

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

こんにちは。今日は雨ですね。

こんな日は事務作業や準備する時間に充てたいと思います(#^.^#)

 

先月のことですが、以前古いパイプ井戸があるので再利用できるか調査してほしいとご依頼があったお客様から、「手押しポンプを購入したんだけど、接続ができないから取付けて欲しい」とご依頼があり、お伺いさせていただきました。

 

昨年、井戸の調査を行った時の状況です。この状況では井戸の種類は分かりません。

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

手押しポンプの接続部も固着して動きません。

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

劣化が進み、パイプの径も細くなってます。

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

当時はこのパイプを切断し孔内を調査してみたところ水がほとんどなかったため、その旨お伝えしていたのですが、その後もお客様自身でポンプを手配して汲み出したいという事で試行錯誤されていらっしゃいました。

 

切断したままのパイプなのでネジも無い状態でしたので、接続にはねじ切りを行う必要があります。

っが、先ほどの写真にもありますように、劣化が進み管の厚みも薄く、形状も変化しているためねじ切り不可となる可能性があることを告げ、作業に取り掛かりました。

一度目のねじ切りの様子です。失敗しました・・・。管の厚みがないため変形してしまいました。

パイプを切断し、もう一度ねじ切りを試みます。

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

2回目はなんとか無事に成功!

手押しポンプを取り付けてピストンを上下させますが・・・

古いパイプ井戸の再利用を試みるも・・・(松山市津吉町)

水は出てきません。ハンドルも重く、下げても反発して上がってきます。完全に真空状態ですね。

上がってくるものがありませんでした(;_:)

井戸本管の取水孔(ストレーナ)が詰まっているか、水がないかの状態ですが、パイプの状況を見る限りでは、残念ながら新しく掘り直すという方法以外は難しいですね。

 

今回はお力になれませんでしたが、また井戸新設の際はお気軽にお申し付けくださいませ(>_<)


水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

こんにちは!

今日は生憎の雨ですねぇ~~~~(;´д`)

 

幸か不幸か、今日は昨日大敗した打抜き井戸の現場で再チャレンジするべく、道具の準備をする時間でしたので雨が降ってもそれほど関係ありませんでした(^O^)

明日はリベンジなるか?!

 

さてさて、時間もできたのでブログ更新といきましょ~!

 

先日のことですが、松山市山越地区にて打抜き井戸の新設工事を施工させていただきました。

既存の井戸があるのですが、水がほとんど出なくなったそうです。

色々と対策をご提案させていただいた結果、新規に井戸を掘削するというご依頼をいただきました。

 

視察時ではポンプは元気に回ってましたので、おそらく大丈夫と判断し(傷んでた場合は後でも交換できますので)、砂を取る機器のみ交換させていただくことに。

 

まずは視察時の状況です。

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

吸水側配管や砂取器はサビて腐食が激しいですね。

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

そして途中経過の作業写真を飛ばし~・・・

予定した深度まで打設し、このような地下水を得ることに成功しました。

やったねヽ(*´∀`)ノ

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

水量も十分ですね♪

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

砂こし器を取り付けて、配管も新しくなりました。

(砂こし器メンテナンス用のバルブは予定外でしたので既存品にて対応します)

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

試運転を行うと正常な動作を確認。水もよく出るのでポンプは「異常なし」です!!

 

新旧の井戸ですが、こんなに近くに掘ることもできます。

水の出が悪くなったため、打抜き井戸の新設(松山市山越)

水もよく出るようになり、お客様も喜んでくださいました(*゚▽゚*)

ご依頼いただき、ありがとうございました♪

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいね!


硬い石に当たり曲がった井戸パイプ(東温市見奈良)

硬い石に当たり曲がった井戸パイプ(東温市見奈良)

こんばんわ!

今日は東温市打抜き井戸工事を施工させていただきました。

っが・・・玉砕ですね(;’∀’)

 

この地域は比較的大きな石が多く、井戸掘りは難しい地域です。

他の現場ですが、「自分で井戸を掘ってたけど何回やっても入らないから見積りを・・・」といったことが何度もあります。

この打抜き井戸はかなり”運”要素が強いです。

たまたま打った場所が良かったり悪かったり。

今回の現場は以前記事にもした「打抜き井戸工事(東温市見奈良)」の数十メートル離れた場所だったのですが、同じようにはいかなかったようです。

パイプを引き抜いてみるとご覧のとおり。

硬い石に当たり曲がった井戸パイプ(東温市見奈良)

パイプが曲がってますね・・・

こう曲がってしまっては、打撃力を先端に伝えることができません。

先端以外にも中央付近では大きく歪みができてました。

硬い石に当たり曲がった井戸パイプ(東温市見奈良)

また場所を変えて打設する予定ですが、次は石に当たらないように祈りつつ、準備していきたいと思います。


ハウスや畑に必須の農業用井戸はお任せください

ハウスや畑に必須の農業用井戸はお任せください

こんにちは!今回は現場作業の内容ではなく、井戸について少し書いてみようと思います。

一般家庭用として井戸を利用してらっしゃる方もいるのですが、やはり水をよく使う農家さんにも井戸をよく設置させていただいてます。

農業用井戸とはいえ、地域によっては水の出る深さや必要水量、敷地面積などの条件によっても違いがありますので、いろんな現場の紹介をさせていただければと思います。

“Read More”

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

古ポンプ修理は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

おはようござます。今日も気持ちの良い天気ですね(^^♪

こんな日は外での仕事がウキウキです(笑)

 

ですが、まずは朝イチでブログ更新といきましょ~!!

 

昨年末のことですが、ポンプの調子が悪いとお問い合わせいただき対応させていただいたお客様から、水が出なくなったと連絡がありました。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

井戸の状態を確認するために別のポンプを取り付けてみたのですが、やはり水は上がってきません。

恐らく、前回のポンプメンテナンス時に吸水側の水が井戸に返った時に砂こし器内の異物が井戸に返った又はポンプの錆が砂こし器メッシュに詰まったことが原因と考えられます。

ポンプ取替の際には真空になったパイプ内に空気を入れて水を返す必要があるので、この作業は必ず伴います。

通常は時間をかけて微量ずつ返していくのですが、それでも水流を伴って返ることがほとんどです。

回避する方法は井戸からポンプ間にバルブまたはチャッキ弁を取り付けることで返りをなくすことができますが、ほとんどの井戸では設置されていないのが現状です。

 

一先ず、原因であろう砂こし器を探すのですが、お客様いわく地中に埋めてしまっているので、どこにあるかわからないとのこと。

井戸の場所もわからないため、まずは現位置調査から始めます。

 

井戸が出てきました。写真では配管を切断した状況ですが、この井戸の上にキャップを付けた塩ビ管を突き刺しただけの簡易的な蓋となってました。

吸水はポリエチレン管のようなものを突き刺した状態でしょうか?引き抜こうにも抜けませんでした。

これは触らない方が無難ですね。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

問題の砂こし器も出てきました。

完全に地中に埋まってましたね(^_^;)点検カバーにも直接土砂等が覆いかぶさった状態です。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

井戸の詰まりも考えられるため、手押しポンプにて揚水洗浄を行います。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

すると錆びが上がってきました。っと同時に水も次第に増えていき、徐々に水も透明に。

次に吸水側配管を新しくし、砂こし器も場所を変えて新品を取り付けました。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

吸水側の配管は新しくなり、井戸自体の詰まりも解消されたので、再び既存のポンプを取り付けてみると・・・

やはり水は上がってきません。

念のため、別のポンプを設置してみると水が上がってきました。

 

あとはポンプ自体の問題ですね。

 

今回のポンプはお客様自身が用意されましたので、設置のみの作業となります。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

取替後、試運転を行うと無事に給水開始となりました!!

これで一安心ですね♪

 

あまりにも古くなったポンプを取替えるということは、井戸や配管にも少なからず影響を及ぼしますので、その点をご了承いただければと思います。

 

 

 

話は変わりますが、最近ではネット通販による格安ポンプも目にすることがあり、低価格競争になりつつあります。

基本的にはポンプはお客様自身でご用意していただいても構わないのですが、工賃や動作保証、修理・メンテナンス等でのサービス面では、弊社より納品させていただいたお客様とは異なりますので、その点をご了承いただければと思います。

 

さて、今日も頑張って仕事していきますよ~!!

井戸やポンプのことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(#^.^#)


井戸ポンプの取替(松山市持田町)

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

おはようございます。

仕事でもプライベートでも色々とバタバタしてまして、またブログ更新が滞ってしまうところでした(^_^;)

朝の空いた時間を活用して更新していきますね!

 

以前、記事にもした現場「15年経過したポンプをメンテナンスしてみるも・・・」ですが、その後の打ち合わせで、新しいポンプに取替えさせていただくこととなりました。

 

吸水側配管が床下へと延びており、井戸本体を見ることができないのですが、ストレーナの目詰まりも解消させるため手押しポンプで揚水洗浄を行うと、水も良く上がってきたので一安心です。

 

あとは新しいポンプと砂こし器を取り付けて完成です。

試運転を行い、正常に運転・停止することを確認。

お引渡しとなりました。

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

 

「物を大事に使う」ということはとても大切なことではありますが、「水」という毎日の暮らしに必須なものに関連する設備なだけに、頻繁に故障があっては不便が生じてしまうため、ある程度老朽化が進めば新しい物と交換するということも考えなくてはいけませんね。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(#^.^#)


ポンプは消耗品で直ることも!逆止弁の交換

ポンプは消耗品で直ることも!(松山市中野町)

おはようございます。

今日、明日あたりから天気が下り坂になる予報になってますが、どうなりますかね?!

 

さてさて、今日ご紹介する記事は、ポンプに関する内容です。

以前砂こし器の交換をご依頼いただいたお客様から、水が出なくなったので見て欲しいと依頼がありました。

 

お客様自身、ポンプを交換しなきゃいけないと考えていたそうですが、まずは考えられる原因を探っていきます。

症状を聞くと、どうも井戸に水が返ってしまうのが原因のようです。

「井戸に水が返る」と言っても、その原因の箇所は色々あります。地上に露出している配管や接続部であればまだ大丈夫ですが、もし井戸本管に損傷があれば、井戸の掘り直しということも考えなければなりません。

まずは井戸への返りを止める「逆止弁」を見てみましょう。

 

写真の左側が使用中のもの。右側が新品の逆止弁です。

ポンプは消耗品で直ることも!逆止弁の交換

ポンプ運転中は中央の部分が奥に押される形となり、ポンプ停止すれば水の重みで水と共に井戸へ返ろうとするのをフランジ側にある面と接触させ逆流を防ぐという大事な部品です。

小さくても重要な役割を担っているのです。

「吸う」「押す」「止まる」

この3動作の1つでも正常でなくなれば、ポンプとしては意味のないものになってしまいます。

 

逆止弁は何度も「動く」「止まる」を繰り返すことで、接触する面に凹凸が出来てズレが生じてしまい、その結果「逆止できない」ということになるのです。

 

今回は逆止弁の取替だけで症状が改善されたので、お客様もとても喜んでいただけました。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(#^.^#)