Category Archives: 打抜き井戸関連

打抜き井戸の洗浄

1日で井戸完成!茶葉でカナケを調べよう!

今日の出来事をその日のうちに記事にしてみようと思います!

松山市古川地区にて打抜き井戸を施工させていただきました(^O^)作業スペースが限られているためトラック1台に機材を詰め込んでいきます。

事前にお施主様との打ち合わせで掘削位置を決めて、いざ打設へ!

打設しては土質や地下水の有無を確認していきます。実はすぐお隣でも打抜き井戸があり、そこではカナケがありそうな感じでしたので、先入観で「この地域はカナケが多く出る」と正直思っていました。

っが、実際に掘って確認すると、意外にも悪くない感じ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、地下水に含まれるカナケを判断するために茶葉を入れるという方法があります。

  • カナケが多い地下水 → 黒水に変色
  • カナケが少ない地下水 → お茶の色

では試してみましょう。

カナケが多いとされる隣の井戸水に茶葉を入れると黒くなりました。
左側が新設したカナケが少ない水。右がカナケが出る水。

これはまだマシな方ですね。今まで見てきた中には、一瞬で墨のように真っ黒になってしまった地下水もありました。

ほんの十数メートルしか離れていないのですが、深さでこうも違いが現れます。深いから良質だとは限らない証拠ですね。ただ、浅いということで水位低下による井戸枯れの心配も考えられますから、浅過ぎも良いとは言えません。

深く打ち過ぎて質の悪い水が上がってきた場合、引き抜いたとしても底に穴を開けてしまった以上、何かしら影響が出ないとも言い切れませんので「止め時」の判断が非常に難しいです。

お施主様とも協議を行い、打設完成となりました!

エンジンポンプで連続を行い、ポンプ選定に関するデータとして湧水量の確認を行いました。

凄い水量ですね。一般家庭では使い切れない量だと思います。

エコキュート等への使用も検討されていらっしゃるということで、水質検査のご依頼も頂きました。大抵の場合は必要な水質検査項目がありますから、その情報を頂いた後に、水質検査へ提出したいと思います。

良い水でありますように!!


打抜き井戸新設工事

浅井戸でも良いんです!

今回の記事は、とあるフィットネス・スポーツジム改築工事に伴う井戸工事を施工させていただいた時の内容です。

出来れば良質な地下水を・・・ということでしたが、どの現場でも同じように正直掘ってみるまで分からないのが現状です。

そこで重要なのが、近隣データです。

これがあるのとないのとでは、掘削する目安となる深さが求められません。

ただ、その周辺(っと言っても1km以上は離れてます)では深井戸ではあまり良くないというデータがありました。

また300m以内には浅井戸で、やや良質な地下水を使ってるデータもありましたので、可能性としては浅井戸に期待できそうでしたので、そのようにアドバイスさせていただき、打抜き井戸のご依頼をいただきました。

φ50mm VLP-VB管(内部ライニング加工)

ハンマーの反発具合や打設音、打設スピードに神経を研ぎ澄ませて、いち早く地層の変化を見極めます。

地層が変化したからといって水があるかどうかはわかりません・・。

何度か水の有無を確認し、ようやく安定した地下水に辿り付きました!

エンジンポンプで連続揚水を行います。水量も良く出てますね!

濁れもなくなり、透明な水になりました。

水質検査も行い、申し分ない良質な地下水を得ることができました!

ご依頼いただきまして、ありがとうございました(*゚▽゚*)

このように、深井戸ではなく浅井戸でも良質な地下水がある地域があります。「深井戸だから良い」というものではなく、良い水がある地層は地域ごとに異なりますので、その地層を見つけられるかが井戸掘りの鍵となります。

これからも多くの井戸を掘削するために、1件でも多くのデータを集めていきたいと思いますので、是非「井戸端SNS」へもお越し下さいませ♪


砂が出る井戸は要注意

砂が出る井戸は要注意!

今回の記事は、打抜き井戸に設置されている砂を除去する機器について書いてみようと思います。

昨年のことですが、打抜き井戸の水の出が悪くなったので見て欲しいと依頼がありました。

砂こし器の目詰まり
川本製 砂こし器 SFPシリーズ

水質的には「鉄」が多く含まれていると思います。ですので、点検カバーも褐色に染まり、内部が見えにくくなってます。

蓋を外してメッシュを確認すると、かなり目詰まりを起こしていたので、ブラッシング洗浄し、組み直します。

その後の試運転では水量も増えたので安心したのですが、真空漏れがあるようです。

原因を探っていると、砂こし器にあるドレンキャップに問題があったようです。

問題を解消して、無事に給水可能となりました♪

砂が出る井戸には、おそらく砂を除去する装置が設置されていると思うので、定期的に点検し、掃除しましょうね!!


浅井戸ポンプ

水量低下の原因は様々

今回の記事は、松山市高井町で水が出なくなったというご依頼があり、対応させていただいた時のことです。

井戸は打抜き井戸。ポンプはナショナル製PG-203A。

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

呼水が入っていない状態でしたので、注水し始動させると、しばらくして水が出るようになりました・・・っが、かなり少ないです。

お話では、セメント舗装する際にポンプに位置を変更されたとのことで、吸水管が長くなっり負荷が増えたことや、ポンプ劣化か、井戸管の劣化か、水位低下か・・・

色々と原因は考えられます。

一先ず、水が出るようになったので、今後の様子を見てもらいつつ、また再発するような場合の対策などもお話させていただきました。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


井戸ポンプ取替

急ぎでポンプ取替!(松山市枝松)

今回の記事は、松山市枝松地区にてポンプ取替のご依頼があり施工させていただいた時の内容です。

取引先さんからの急な依頼でしたが、なんとか時間が取れました。

ポンプは取引先さんからの支給品です。

メーカーが違うため、吸い込み側と吐き出し側の位置や高さが異なることになったのですが、新しく取り付けるポンプが川本製NR形という「吐き出し方向が1つ」というポンプなため、やや露出している配管が多くなってしまいました。

時間も限られていたため、急いで作業させていただいたのですが、なんとか無事に水が使えるようになり、お客様も一安心されていらっしゃいました♪

ポンプは人間で言うと心臓の役目です。

「最近調子が悪いかな~」といった前兆がある場合もあれば、急にパタッっと故障してしまうこともあります。

日常生活で井戸水をよく利用されてらっしゃる方は、急な故障で不便を強いられる前に、取り替えておきましょう!!


地下室水没!?豪雨の影響か?

地下室が水没?!豪雨による影響か?!

こんばんわ!今日もブログ更新ガンバリます♪

2018年7月に起こった豪雨で、珍しい依頼が飛び込んできました。

10年ほど前にとある自宅兼店舗さんにて地下室に打抜き井戸を設置させていただいたのですが、そのお客様から「朝起きてみると地下室が水浸しになっているので来てほしい」という依頼でした。

あの西日本豪雨が発生した翌日でしたので、何かの影響かもしれないとは思いました。

まずは現場状況から。

地下室が完全に水没していたというわけではありませんが、床上8cmほどは水が溜まっていました。浸水の影響からか停電しています。

こちらは井戸ポンプです。不幸中の幸いか、ブロックで嵩上げしておいたおかげでポンプ本体は水没を免れました。

打ち抜いた井戸周辺から地下水が吹き上がってきたのかと不安でしたが、頑丈に遮水処理等を行っていたため、どうやら打設用に開けた孔からの水ではありませんでした。

では一体どこから・・・。とりあえず排水作業も勧めながら、原因を調査していくことにしたのですが、地下なので溜まった水を排水する設備はあったのですが、以前から吸水側が目詰まりして、排水機能が低下していたとのことでした。

恐らくこれも被害拡大の一つの原因だったのでしょう。

一先ず、弊社の水中ポンプで排水作業を行っていたのですが、なぜか排水ピット内の水が一向に減りません。すでに床上の水は無くなったのですが、ピット内にある水が減らないのです・・・不思議に思い、ピット内にあった何やら変なパイプを触ってみると、グラグラと動いたのです。そして更に動かしてみると、なんとその物体が外れて、勢いよく水が吹き上がってきました(((゜Д゜;)))

排水していた水中ポンプでは追いつかない程、凄い勢いで水位が上昇していきます。外れた物体を除けてみると直径100mmほどの鉄管が突き刺さっていたようで、深く続いているようでした。このパイプが一体何のためのものなのかは分かりませんが、原因は豪雨による急激な地下水位の上昇により、老朽化した鉄管の蓋が破損し、地下水の吹き上がってきた・・・っということでしょう。

お客様とも相談し、破損した鉄管内部をセメントで塞ぐことにしました。この作業で今まで減らなかったピット内部の水も全て排水することができました。

その後、目詰まりしていた排水ポンプの取替えもご依頼いただきましたので、汚水用水中ポンプを設置させていただきました。

排水ピットが小さいため、かなり小型の汚水用水中ポンプです。

これにて一件落着です。

豪雨による影響は色々なところで出てきますね。思わぬ被害に遭わないように、日頃から設備等の点検・メンテナンスは行うようにしましょうネ!!


老朽化したポンプの取替(松山市泉町)

老朽化したポンプの取替(松山市泉町)

こんばんわ。台風24号が過ぎましたが、皆さん被害はありませんでしたか?

台風25号も発生したようですので、また警戒が必要ですね。

気を付けて防災に努めましょう!

 

さて、夜の事務作業「ブログ更新」といきましょう(^^)/

 

何度かポンプが動かなくなったとのことで対応させていただいたお客様から、完全にポンプが動かなくなってしまったとのことで取替工事を施工させていただきました。

事前の点検・調査の際に井戸に水を返したことで、ストレーナ部に影響があったようで水の出が悪くなり、そちらも洗浄の内容を盛り込ませていただきました。

古くなったポンプを触る際は、ポンプ以外にも井戸への影響も少なからず与えてしまうため、こういうことが起こり得るとご了承いただく必要があります。

ではまず、コチラが既存のポンプです。

老朽化したポンプの取替(松山市泉町)

ここまで大きなポンプは不要とのことでしたので、コンパクト設計された川本製NR206Sへと変更です。同時に砂こし器も取替えました。

吸込み位置、吐出し位置が異なるため、配管工事も伴います。

老朽化したポンプの取替(松山市泉町)

完成です(^^♪

老朽化したポンプの取替(松山市泉町)

ポンプ交換以外にも、台所の蛇口取替やパッキン交換も行いました♪

ご依頼いただきまして、ありがとうございました(^_-)-☆

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪