Category Archives: 家庭用ポンプ

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

古ポンプ修理は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

おはようござます。今日も気持ちの良い天気ですね(^^♪

こんな日は外での仕事がウキウキです(笑)

 

ですが、まずは朝イチでブログ更新といきましょ~!!

 

昨年末のことですが、ポンプの調子が悪いとお問い合わせいただき対応させていただいたお客様から、水が出なくなったと連絡がありました。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

井戸の状態を確認するために別のポンプを取り付けてみたのですが、やはり水は上がってきません。

恐らく、前回のポンプメンテナンス時に吸水側の水が井戸に返った時に砂こし器内の異物が井戸に返った又はポンプの錆が砂こし器メッシュに詰まったことが原因と考えられます。

ポンプ取替の際には真空になったパイプ内に空気を入れて水を返す必要があるので、この作業は必ず伴います。

通常は時間をかけて微量ずつ返していくのですが、それでも水流を伴って返ることがほとんどです。

回避する方法は井戸からポンプ間にバルブまたはチャッキ弁を取り付けることで返りをなくすことができますが、ほとんどの井戸では設置されていないのが現状です。

 

一先ず、原因であろう砂こし器を探すのですが、お客様いわく地中に埋めてしまっているので、どこにあるかわからないとのこと。

井戸の場所もわからないため、まずは現位置調査から始めます。

 

井戸が出てきました。写真では配管を切断した状況ですが、この井戸の上にキャップを付けた塩ビ管を突き刺しただけの簡易的な蓋となってました。

吸水はポリエチレン管のようなものを突き刺した状態でしょうか?引き抜こうにも抜けませんでした。

これは触らない方が無難ですね。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

問題の砂こし器も出てきました。

完全に地中に埋まってましたね(^_^;)点検カバーにも直接土砂等が覆いかぶさった状態です。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

井戸の詰まりも考えられるため、手押しポンプにて揚水洗浄を行います。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

すると錆びが上がってきました。っと同時に水も次第に増えていき、徐々に水も透明に。

次に吸水側配管を新しくし、砂こし器も場所を変えて新品を取り付けました。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

 

吸水側の配管は新しくなり、井戸自体の詰まりも解消されたので、再び既存のポンプを取り付けてみると・・・

やはり水は上がってきません。

念のため、別のポンプを設置してみると水が上がってきました。

 

あとはポンプ自体の問題ですね。

 

今回のポンプはお客様自身が用意されましたので、設置のみの作業となります。

ポンプ取替は井戸の詰まりを発生させることも(松山市南町)

取替後、試運転を行うと無事に給水開始となりました!!

これで一安心ですね♪

 

あまりにも古くなったポンプを取替えるということは、井戸や配管にも少なからず影響を及ぼしますので、その点をご了承いただければと思います。

 

 

 

話は変わりますが、最近ではネット通販による格安ポンプも目にすることがあり、低価格競争になりつつあります。

基本的にはポンプはお客様自身でご用意していただいても構わないのですが、工賃や動作保証、修理・メンテナンス等でのサービス面では、弊社より納品させていただいたお客様とは異なりますので、その点をご了承いただければと思います。

 

さて、今日も頑張って仕事していきますよ~!!

井戸やポンプのことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(#^.^#)


井戸ポンプ取替(松山市桑原)

井戸ポンプ取替(松山市桑原)

こんにちは。

今日は昨日よりも若干気温が低いように感じますね^^;

明日は雨が降る予報にもなってましたし。。

 

さて、今日も頑張ってブログ更新といきましょ~!!

 

先日のことですが、井戸ポンプの取替を施工させていただきました。

約2年ほど前ですが、ポンプの調子が悪いので見て欲しいとご依頼があり、その時は症状が現れず正常な動作に戻っていたため現状様子見としていたのですが、最近になって同じ症状が再発するようになってきたということで交換することになりました。

2年前の視察時の状況です。

井戸ポンプ取替(松山市桑原)

井戸は掘井戸タイプです。

ポンプは荏原ポンプの25HPN6.2S。

 

今回取り付けたのは荏原ポンプの25HPE0.25S。

井戸ポンプ取替(松山市桑原)

機種も新しくなったことでサイズもコンパクトになりましたね。

試運転を行い、正常な動作を確認し完成です。

 

それでもまたポンプの動作が不安定になる場合は砂等の異物を吸い上げることによる不具合も考えられますので、井戸の洗浄や孔内吸水管の取替などが必要となってきます。

 

掘井戸の場合はポンプ取替と同時に井戸洗浄を行う時が多く、メリットとしてはメンテナンス時期が覚えやすいことや、同時に行うことでコスト削減(割引)が見込まれる点ですね。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいね(^^♪


井戸ポンプの取替(松山市持田町)

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

おはようございます。

仕事でもプライベートでも色々とバタバタしてまして、またブログ更新が滞ってしまうところでした(^_^;)

朝の空いた時間を活用して更新していきますね!

 

以前、記事にもした現場「15年経過したポンプをメンテナンスしてみるも・・・」ですが、その後の打ち合わせで、新しいポンプに取替えさせていただくこととなりました。

 

吸水側配管が床下へと延びており、井戸本体を見ることができないのですが、ストレーナの目詰まりも解消させるため手押しポンプで揚水洗浄を行うと、水も良く上がってきたので一安心です。

 

あとは新しいポンプと砂こし器を取り付けて完成です。

試運転を行い、正常に運転・停止することを確認。

お引渡しとなりました。

井戸ポンプの取替(松山市持田町)

 

「物を大事に使う」ということはとても大切なことではありますが、「水」という毎日の暮らしに必須なものに関連する設備なだけに、頻繁に故障があっては不便が生じてしまうため、ある程度老朽化が進めば新しい物と交換するということも考えなくてはいけませんね。

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(#^.^#)


丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

こんばんわ!

今日も良い天気で気持ちよかったですね(*゚▽゚*)

 

さて、今日は昔ながらの掘井戸(丸井戸)を再利用するという工事を行いました。

以前、撮影させていただいたのがコチラ。

 

コンクリート製ですが、蓋は2つに別れる二枚蓋です。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

地表面の井ガワは割れてますね。井戸蓋も割れてました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

吸水管が見られなかったので、長い間使われてなかったのかもしれません。

っが、水は透明度も高く底が見えてます。

かなり浅い井戸ですね。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

今回はこの井戸を再利用していきます!

まずは地上面と同じ高さなのは危険ということもあり、破損した井ガワを修復することも踏まえ、新しい井ガワを設置します。サイズは2尺2寸。

井戸蓋も1枚蓋に変更して設置します。

その後は、簡易的な水替え洗浄を行います。

その後、自動給水ポンプを取付けました。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

継ぎ足した地表面には、しっかりとセメントで紗水処理を施します。

丸井戸の修繕&ポンプ取付で再利用!(松山市和気町)

 

ポンプ以降の配管は他社さんが行うということで、これにて完成です。

井戸周辺の整地はセメントが固まってから仕上げたいと思います。

 

こういう井戸も災害時では重宝しますよ!

なんたって蓋を開けてバケツとロープで水を汲み出すことができますから!

電気や水道が止まったって大丈夫なんですヽ(´▽`)/

 

古井戸を再利用してみたいなぁ~って方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!!


逆止弁の取替

15年経過したポンプをメンテナンスしてみるも・・・

こんばんわ。

今日も松山市祝谷でボーリング井戸の掘削工事を行いました!順調に掘削が進んでますよ♪

周辺住民の方には騒音等ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

このボーリング掘削現場に入ってしまうと、作業員確保のため途中退出が難しく、他の現場の修理依頼などがあっても、すぐに駆けつけることができません(´Д`;)

ですので、視察依頼やポンプメンテナンス、配管修理などの諸々作業が遅延していましたので、掘削スピードも良い日だと、空き時間を作ることができましたので、色々と用事を済ませてきました♪

 

1つは「水が急に出なくなった」という依頼です。

何年か前にも同じような症状があったのですが、長期間使っていなかった時などは気密漏れもありすぐに水が出ないこともあります。そういう時は呼水を注せば、再び水が上がってくるのですが、今回はそうではなかったようです。

ポンプ吸水側にある逆止弁も消耗品ですので適期に交換してあげないといけませんが、今回はそれでも水が上がってきません。

下の写真が逆止弁です。

左が古い弁体、右が新しい弁体です。

逆止弁の取替

何度も何度も弁体が吸い寄せられるため、フランジ受け側の痕がクッキリと残ってますね。

 

あと、モータ下にインペラがあるのですが、そちらもかなり老朽化が進み、サビが酷いです。

15年経過したポンプ

砂こし器も疑い、試しに点検カバーとOリングも交換してみましたが、症状は変わりませんでした・・・・。

配管等も疑いますが、色々と怪しい箇所が出てきます。

もしかすると、井戸に水が返ったことによるストレーナの詰まりなども考えられます。

 

それらを含めた改善策を取りまとめて、また後日お施主様と相談していきたいと思います。


新しい井戸に既存ポンプの移設工事(松山市永代町)

新しい井戸に既存ポンプの移設工事(松山市永代町)

以前、施工させていただきました松山市永代町での打抜き井戸新設工事現場にて、既存ポンプの移設工事をご依頼いただきましたので、施工させていただきました。

 

日立製のポンプがあったので、そちらを移設してきます。

新しい井戸に既存ポンプの移設工事(松山市永代町)

設置スペースが狭いため、吐き出し側との関係もあり、このような仕上げとさせていただきました。

 

また、同時にお風呂場の混合水栓の取替もご依頼いただきましたので、そちらも交換させていただきましたヽ(´▽`)/

こう見えて、井戸やポンプ以外のこともやってるんです・・・(笑)

 

試運転後、正常な動作を確認しましたので、お引渡しとなりました♪

 

ありがとうございました!!

 

 

さぁ、どんどん仕事が入ってきますように!!!!!!o(^▽^)o


吸水側の配管と砂こし器の取替で様子見!

吸水側の配管と砂こし器の取替で様子見!

こんばんわ☆彡

寒さが厳しく、外の仕事は辛い時期ですね・゜・(ノД`)・゜・

外仕事の人は頑張りましょう!!

 

さて、先日記事にした打抜き井戸は”運要素”も重要!の現場ですが、既存の井戸を上手に活用するべく、井戸以外に考えられる対応策をしてみました。

 

吸水側の配管と、既存の砂こし器を取り替えました。

井戸本体に損傷がなければ、これでも症状は治まるハズ。。

万が一、改善されない場合でも移設する際に必要となる設備ですので、決して無駄になることはありません。

吸水側の配管と砂こし器の取替で様子見!

 

打設中止となった打抜きの管は全て引き抜き回収することができました。。。

回収といっても、(傷や曲がりがあるため)他の現場で使いまわすということは出来ませんので、残念ながら材料代は発生してしまいます・・・。

現実的なコトでスミマセン・・・

 

 

2、3日は様子を見ていただくということで、また週明けに確認してみたいと思います。

どうか症状が改善されていますように・・・☆彡