深井戸ポンプ | 近松井戸工業所

Category Archives: 深井戸ポンプ

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今回は松山市緑町にて深井戸水中ポンプの取替工事を施工させていただいた内容を書いていきたいと思います(^O^)

もうだいぶ古い水中ポンプのため、増税前というタイミングもあり新しいポンプに交換されるということでご依頼いただきました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

過去に撮影した時の写真です。川本製の深井戸ポンプ制御盤です。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

今までにも色々と部品交換をして大事に使ってきました。
では、次に新しいポンプへと取替えを・・・・っとその前に、せっかくの機会なので井戸洗浄を実施することになりました。
ボーリング井戸を洗浄する場合は、一度水中ポンプを引き抜くことが前提となりますので、同時に施工する方が低コストです。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
井戸ピット
深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)
引き抜いた深井戸水中ポンプ

錆が付着して固形化しています。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

水を吸い込んでいるストレーナ部は、半分以上が目詰まりしていますね(^_^;)

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

次の水中ポンプを準備している間に、エアーリフト洗浄で井戸を綺麗にしていきます。
やはり最初は多くの濁れ水が出てきましたが、次第に濁れも薄くっなってきます。

井戸洗浄が終われば、次は新しい水中ポンプを挿入し、陸上制御ユニットも交換していきます。

川本製UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S
川本ポンプ  UFE-300S

電気コードがコンセント差込タイプだったため、検討の末、屋外防雨コンセントを増設することになりました。

井戸ピットは車両が乗り上げるということもあり、蓋をしてセメント舗装し、完成となりました。

深井戸水中ポンプの取替(松山市緑町)

深井戸ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~(≧∇≦)/


深井戸ジェットポンプ メンテナンス

深井戸ジェットポンプのメンテナンス(松山市中村)

ここ最近は、稲刈り時期となっていましてバタバタとしています。

来週初め頃には落ち着いてくる予定なので、それ以降に井戸のことを進めていきますね(^O^)

ブログ更新は全然できますから、書いていきたいと思います。

前回の記事の流れで宇和島市の工事内容を書きたかったのですが、写真が別の媒体に入っていて、すぐに記事にすることができませんでしたので、別の内容に変更します( ̄▽ ̄;)

とある業者さんからの依頼で、「深井戸ポンプの調子が悪いので見て欲しい」とお話いただきました。

井戸もポンプも弊社が施工したものではありませんので、詳しい状況までは把握できていませんが、どうやらポンプが止まらないそうです。

深井戸とジェットポンプ
ボーリング井戸
ボーリング井戸
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X
日立製 浅深両用自動ポンプ CT-P250X

ポンプ自体もまだ新しい感じだったのですが、水量も少なく、異音もしていました。

水量が少ないということは詰まりが発生しているということなので、ジェット部か陸上ユニットのどこかか・・・

ジェット部点検となると、やや大掛かりになってしまうので、まだ容易にチェックできる陸上ユニット部の点検を行います。

吸水側フランジを外してみると、そこにストレーナメッシュがあり、木片のような異物が付着していました。

そもそもの原因が、これだったのだと思います。

洗浄して再設置。

せっかくなので、インペラ部もチェックしてみましたが、そこは問題ありませんでした。

再組立を行い、いざ試運転。水量も良く出るようになり、ポンプも自動停止するようになりました。

他社施工なので、井戸ストレーナ位置やジェット設置位置がわからないため、適正な設置がされていたのかが分かりませんが、一先ず症状が改善されたので良かったです(^O^)

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。


深井戸ジェットポンプの取替

深井戸ジェットポンプの取替(松山市衣山)

今日も暑かったですね~(;^ω^)熱中症になるかと思いましたよ。

現場作業が終わると頭痛と吐き気に襲われたので、ゆっくりと休養してから、涼しくなった夜にブログ更新していきますね。

久々に今日の作業の内容です♪

松山市衣山のお客様からポンプ交換のご依頼をいただきました♪ありがとうございます。

私の父が30年ほど前に掘削したボーリング井戸とのことです。

井戸ピット内の様子

下の写真が問題のポンプです。日立CT-P400F。

かなり老朽化が進んでまして、モーターが動くたびに騒音が発生してしまうということでした。

まずは既存のジェット部を引き抜き、既存配管も全て撤去します。

その後、新しく吸水管と圧力管を敷設していきます。

配管がブロック基礎の下に入っているため、ちょっと大変でした(;^ω^)

取り付けたポンプは川本製深井戸ジェットポンプJF-400S。

1回目の試運転すると、なかなか水が満水にならず・・・どうやら逆勾配の箇所があったようです。

そのため余計な手間を取ってしまいました(;’∀’)

その後の試運転を行い、正常に水が出ることを確認!一安心です。

暑い中、私たちのために熱中症対策のためジュースやお茶・日傘など、たくさんの対策をしてくださり、本当にありがとうございました(^^♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


壊れたポンプの取替(松山市桑原)

さてさて、今回の記事は掘井戸に設置されていた深井戸ジェットポンプが壊れてしまったとのことで、まずは視察させていただきました。

荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S
荏原製 深井戸ジェットポンプ 32×25HPJD6.25S

弊社が視察する前に、電気屋さんに診てもらったそうなのですが、コンセントに差すとブレーカーが落ちてしまうとのことで、制御盤の取替かポンプの取替をした方が良いと言われたそうです。

その情報を確認するために、同じ状況を再現すると、やはりブレーカーが落ちてしまいます。

ポンプも古く部品交換ではリスクが残るため、新しく取替えるお見積りをさせていただきました。

同じメーカーである荏原製か、別メーカーの川本製かでご検討。

その結果、川本製をご依頼いただきましたので、注文へと移ります。

お客様と一緒に、井戸の中も確認しました。

掘井戸 孔内

周囲には少し大きな植樹が植えられていたので、木の根が浸入しているかな~っと思ったのですが大丈夫でした(^^)

そしてポンプが届き、取替え作業へと続きます。

・・・既存ポンプを外し、新しいポンプの準備、据付・・・

メーカーも違うため、配管の取出し位置が全て違いますので、それらの位置を修正・・・

周囲に草が多く、地表の雨水の影響を受けないようにするため、ブロックにて嵩上げします。

色々とバタバタ作業が続き、写真撮影をする暇もなく

・・・

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S
川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

一気に完成写真となりますww(・_・;)

吸水側の2本の管は、一部大きな敷石の下に埋設されているため既存の管を使いました。

川本製 深井戸ジェットポンプ JF-250S

地上部の取替は完成です。

続いて、井戸孔内に設置してあるジェット部の取替えを行います。

昔のタイプなので、吸水管と圧力管の口径が異なります。新しく取替えるジェット部は両方が同じ口径なので、それらを修正して取替えます。

掘井戸 孔内 深井戸ジェット
ジェット部取替え

試運転を行い、正常な動作を確認。お引渡しとなりました♪

水が出てくれるようになって、お客様も喜んでくださいました(^^♪

少数で業務にあたっているため早急な対応が難しい時もありますが、井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!


深井戸ジェットポンプ設置!

今日は雨いっぱい降りましたね!これで地下水がどれほど回復してくれたでしょうか?公営企業局のデータ更新が待ち遠しいです。

さて、ちょっと時間が空いてしまいましたが、なんとか挽回を!

以前から施工中の深井戸ボーリング現場にてエアーリフト洗浄も良い具合に進みましたので、次は深井戸ジェットポンプの取付を行いました。

深井戸ジェットポンプとは、浅井戸などと同じく陸上にモーターがあるのですが、吸水側の配管には「吸水管」と「圧力管」の2本を使い、深い位置から水を汲み上げることを可能としたポンプです。

深井戸ジェットポンプ取付
川本製 深井戸ジェットポンプ JF-400S

潅水等に使用されるだけということや、極力低コストになるようご希望されていらっしゃいましたので、ポリパイプ二層管を使った露出配管仕上げにしました。

簡易蛇口設置
簡易蛇口設置

柔軟性もあるポリパイプなので作業効率も良いです。

これにて全工程完了です(撮影後に吸水側には保護チューブを巻いています)

1日でも早く水が使えたらというお施主様のご希望もあったので、とても喜んでくださいましたヽ(*´∀`)ノ

掘ってみるまで分からないという不安材料がいっぱいの井戸掘りですが、「うちも掘ってみよう」とお考えの方は、是非お声をおかけくださいませ♫

ご依頼頂き、ありがとうございました(^O^)


ビッグな深井戸水中ポンプの引抜き

ビッグな深井戸水中ポンプの引抜き

日曜の夜ですが、ちょっとブログ更新をしていきます!

先日から徐々に取り掛かっている農事用井水設備改修工事にて、既存の深井戸水中ポンプを引き抜きました。

コンクリート製建家の上部には、引き抜き用のための穴が開けられていて、そこからクレーンを使って引き上げました。

深井戸水中ポンプ 引抜き作業

揚水管は100Aあります。うちでは滅多に取り扱うこともないサイズです。

もう途中から手が汚れてカメラなど触れる状態ではありませんでした。

なので、一気に引き抜いた後の写真になります・・・(^_^;)

最初の写真と比べてください。真っ茶に染まった足元・・・

揚水管や水中ケーブルに付着したスケールによってこのような状態に。

もちろん、手もこのような状態だったので撮影はゴープロじゃないと無理ですね。。ゴーブロ欲しいなぁ~。。

水中ケーブルに付着したスケール
引き抜いた揚水管の一部
引き抜いた水中ポンプ

かなり酷い状態でしたねぇ~。担当者さんの話では一度も井戸掃除などはしたことないと言っていました。

丁度良いタイミングかもしれませんね。ポンプ交換と同時に井戸洗浄も行っておくと費用も安く済みますからね。

揚水管に付着したスケールの厚み

上の写真は引き抜いた翌日に撮影した揚水管です。付着したスケールが乾燥してます。陰影がハッキリと見て分かるほどの厚みです。

今まで良く動いて頑張っていましたね。お疲れ様です。

次は既存の建家の解体へと移っていきます。

事故のないよう、安全第一で仕事していきましょうヽ(´▽`)/


農業用井戸を掘削

農業用に深井戸ボーリング(東温市北野田)

今回の記事は、東温市北野田地区で農業用に深井戸ボーリング井戸を施工させていただいた内容となります。

施工前の現場状況です。
機材据付途中です。ボーリング掘削するため櫓を設営します。
ロータリー工法にて掘削中。

ここでちょっとした制約があり、本当はエアーハンマー工法で掘削するのが適した掘り方なのですが、エアーハンマー工法は掘削途中に地下水を吹き上げてしまうため、出てきた水が他所の田に流出してしまっては大変と思い、やむなくロータリー工法を選択しました。

やはり屈伸速度は遅く、掘削孔の崩落もあり、ヒヤヒヤしました・・・

(;^ω^)

エアーリフト洗浄作業。地下水を揚水します。

少し難工した部分もありましたが、無事に地下水が出てくれました!これでまずは一安心です。

支給されたポンプを取付ました。

お施主さん曰く、敷地前にある水路が氾濫することがあったらしいので、万が一を想定して、ブロック3段積み重ねて欲しいとのご依頼でしたので、このような仕上げになりました。

これで沢山の農作物を作ってくださいネヽ(´▽`)/

ご依頼いただきまして、本当にありがとうございました!!

井戸をご検討の農家さんは、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


検索