配管工事関連 | 近松井戸工業所

Category Archives: 配管工事関連

掘井戸へ水中ポンプ取付(松山市下伊台町)

今回の記事は、以前、掘井戸新設工事を施工させていただいたお客様の井戸へポンプを取付させていただいた時の内容です。
※井戸掘削の記事はコチラです
 ①掘井戸掘削開始~!(松山市下伊台町)
 ②掘井戸掘削終了!仕上げ作業へ

最初は「圧力制御無し」のうず巻きポンプを予定していたのですが、周辺環境も考慮して、排水水中ポンプを採用しました。

川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S
川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S

農業用としての使用ということや、水タンクへの送水や潅水する目的だけなのですが、電源OFF時に水が井戸へ返らないようにするためチャッキバルブを設置してあります。

まずは陸上井戸ガワへ揚水管用に孔を開けていきます。

掘井戸へポンプ取付

井戸孔底にポンプ土台とポンプ本体を設置。ポンプと揚水管を連結。
電線は揚水管とは別の孔を通しておきます。

掘井戸へポンプ取付
掘井戸へポンプ取付

ハウス内まで配管を伸ばし、あとはお施主様が配管されるということで、全工程完了です(≧∇≦)/

水汲みも楽になったということで、とても喜んでくださいました♪

農業されてる方は沢山お水が必要ですからね!
水に悩まれていらっしゃる農家さんは、お気軽にお問い合わせください(^O^)


砂が出る井戸の原因と対策

井戸水から砂が上がる原因と対処(松山市福角町)

10月頃の出来事ですが、井戸水から砂が出てきて困っているとのお問い合わせがあり、視察させていただきました。

砂が出る井戸の原因と対策

井戸は掘井戸タイプ。井戸ガワは無く裸孔井戸です。昔は地盤が粘性だったりすると、このような仕上げだったりするんですかね?!
まずは右側に少し見えている吸水管を引き抜きます。

砂が出る井戸の原因と対策

底の方にも何か落下しているように見えますが、今回はそのままで。
井戸陸上はこのような状況です。

砂が出る井戸の原因と対策

この右側にポンプが設置されています。

砂が出る井戸の原因と対策

引き抜いた吸水管は砂を吸わないように釣針状態に加工されていましたが、長年流れ込んできたと思われる土砂により少し埋まった状態でした。

新しい吸水管も同じく釣針状態に加工し、孔底からの距離を少し離して設置しました。

砂が出る井戸の原因と対策
砂が出る井戸の原因と対策

試運転後、砂が出ることはなくなり一安心です(^O^)
宅内の水の出も良くなったとのことでしたが、洗濯機だけ水が出なくなってしまったとのことで点検すると、本体側の水入口部分に設置してあるメッシュフィルターが目詰まりしていました。
フィルターの掃除の仕方が分からないということで、今回はサービスで洗浄を実施しました♪

現時点では問題解決となりましたが、井戸ガワが入っていないため、将来的にはまた砂で埋まっていくと思いますが、どれほど先になるのかは分かりません。
一先ず、安心して水が使えるようになったので良かったです。

井戸から砂が出て困るという方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)

他の井戸ユーザーさんの生の声が聞ける井戸端SNSもご活用ください♪


吸水配管取替

吸水リーク箇所を探して!(松山市今在家)

9月の出来事ですが、とある業者さんから「蛇口からエアーが出ているので対応してほしい」と依頼がありました。
以前からエアーが出た状態だったらしく、その業者さんがポンプを取り替えてみたのですが、エアーが出続けるため、弊社にご依頼いただいきました。

当初は井戸の場所が不明で、どのような井戸なのかが分からないため、埋設されている吸水側配管を辿ってみてくださいとお願いしていました。
(当時は他現場に追われていたため、早急な対応ができず、その業者さんに作業をお願いしていました)

その後、配管が出てきたということで現場へ。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

井戸は打抜き井戸でした。しかしポンプには砂こし器が設置されていません。ポンプも砂噛みで傷んでいたのではないでしょうか?
聴診器でリーク箇所を探していくと、井戸から横引き配管するためのバルソケ部からリーク音が・・・。

吸水配管のリーク箇所を探せ!

緩んでいるだけかと思い、再配管するため外そうとしたところ、少しのトルクなのにグニュっと変な曲がり方に。何やら嫌な予感・・・。

その予感が的中してしまいました( ̄▽ ̄;)
バルソケがねじ切れていました。ネジはチーズ内の内ネジに残ったままです。こういうことは極希にあることではありますので、残ったネジを除去することに成功しました!
(チーズを外してやりかえるとなると、もっと大変なことになりそうですから・・・(^_^;))

バルソケも新しくし、砂こし器も新しく取り付けさせていただき、再配管も無事に終了!

吸水側配管修理
吸水配管取替

エアーが出ることもなくなり一安心です(≧∇≦)/

お客様やご依頼いただいた業者さんには、だいぶお待たせしてしまいました。
毎日使う水なので、早く対応できれば良かったのですが、他にもお待ちいただいてますお客様がいらっしゃいますので、順番に対応させていただいておりますことをご了解いただければ幸いです。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


川本ポンプ NR-156S

エアーが出るためポンプ取替(伊予郡松前町)

今年8月末のことですが、伊予郡松前町のとある企業さんから、「蛇口からエアーが出てきてしまう」とのことで視察を行いました。
問題のポンプがコチラ。

古い井戸ポンプ
古い井戸ポンプ

エアーが出てしまうのは吸水側にリークが発生しているためなので、その箇所を見つけなければなりません。
っが、埋設されている部分が多く、井戸本管もどこにあるのか分らないということで、ちょっと難点。。

聴診器でリーク箇所を探しますが、かなり小さなリークと思われるため、特定することができず。

一先ず、コストが低く、原因ともなりやす「砂こし器」を取り替えてみることに。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 SFP-20

交換後、試運転をしてみましたが、やはりエアーが入ってしまうようです。
ポンプ本体か、配管か、井戸か・・・

老朽化した井戸ポンプ

ポンプ自体も老朽化が見られますので、取替えへと移ります。

ポンプ取替え
新ポンプ 川本製 NR-156S
ポンプ取替 川本 NR-156S
川本ポンプ NR-156S

ポンプ取替後はエアーが出ることもなくなり問題解決となりました。

井戸やポンプのトラブルで多いのが、「水が出ない」「ポンプが動かない」「ポンプが止まらない」「エアーが出る」です。

簡単に直ることもあれば、一筋縄ではいかないことも。
地中に埋まった箇所の点検は難しいため、ポンプ替えて配管替えて、それでもダメなら井戸を掘り直して・・・っと大掛かりになってしまうこともあります。

今回はそこまでいかなくて良かったです。

井戸やポンプでお困りの方はお気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


地質調査孔を井戸として利用(松山市河野中須賀)

昨日から涼しくなってきた松山市です。

相変わらずバタバタが続いてまして、9月後半頃じゃないと動けないかもしれません。。(^_^;)

天候により順延してしまうため、最近の雨のせいで予定がずれ込んでしまってます。。

嘆いててもしょ~がないので、ブログ更新といきましょ~♪

7月下旬になりますが、知り合いの地質調査業の方から、「調査ボーリング孔にケーシング(VP50)を挿入し井戸として設置したので、ポンプ移設をお願いできますか?」と依頼がありました。

調査井は2本あり、片方は既に水量調査や水質検査が終わっているらしいのですが、もう1本はデータが何もないため、まずは確認したいとのことでした。

浅井戸とポンプ
これが既存の井戸とポンプです。深度が浅いとのことで水量が少ないようです。
地質調査用の孔を井戸として利用

まずはこの調査孔の洗浄と水量調査を行います。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エアーリフト洗浄開始です。

地質調査ボーリングパイプの洗浄

エンジンポンプで揚水し、簡易水量調査を行います。

地質調査ボーリング井の水量調査

計測すると約10L/min程度です。これでは使えないということで、予定していた水質検査は中止とし、もう1本の調査孔にポンプを移設することとします。

っが、お客様曰く「当時のデータ計測では揚水ポンプではなかった気がする」とおっしゃられていたので、こちらも水量調査を実施しました。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

見えにくいですが、中央よりやや右上に見えるパイプが調査孔です。こちらもVP50でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

エンジンポンプにて揚水すると、1本目とは全然違う水量でした。

地質調査ボーリング井戸の水量調査

これで安心して移設することが出来ました!

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

「一時的に使うだけだから綺麗に仕上げなくてもいいよ。パイプも地面を這わして構わない」とのことでしたので、送水側も露出配管としました。将来的に洗浄が必要になるかもしれないと思い、上部に開口部を設けています。

これで一安心・・・・

っと思っていたのですが、翌朝使おうとしたところポンプが回るが水が出ないと連絡がありました。

接続部の緩みかなと思い、ネジ部にシール材を塗布。呼水も抜けていたので注水し運転すると給水開始となりました。

しかし、また別の日。水が出ないということで、同じ症状でした。

井戸に水が返っているのが原因であるのは間違いないのですが、では一体どこから?調査孔を仕上げた業者さんに、どのような仕上げをしているのかお客様に確認してもらったところ、報告書も貰っていたようで、そこには「ケーシング管とポンプを直結しないでください」と書かれていたそうです。

仕様書図面を見てみると、地面から僅か数メートル以内にストレーナ(取水孔)が設けられていました。

ケーシング管の連結部(ソケット等)の仕上げも気になるところなので、報告書通りに内部に吸水管を挿入して吸水する方式にチェンジ。

地質調査ボーリング井戸へポンプ取付

その後、水が返るという事はなくなったので、これでようやく一安心です♪

地質調査用の穴を井戸として使われる方も多いようですが、ほとんどの場合、地質調査用なのでVP50仕上げが限界でしょうか。

それだと、万が一水位が降下し陸上ポンプの吸水限界水位(7~9m)を下回ってしまうと、陸上ポンプでは水を吸い上げることができません。

小口径の井戸に使える深井戸シングルジェットポンプというものがありますが、正直なところ、オススメすることはできませんね~(^_^;)

取付には特殊な方法を用いる必要があり、またメンテナンスで内部から引き抜こうとしても、長年の錆等が付着して引き抜くことが困難であったり・・・

無理に引き抜き井戸本管が破損してしまい、ジェットが入らないor水が上がってこない・・・そのため井戸を掘り直すといった方もいらっしゃいました。

水位が深い場合は、深井戸水中ポンプを挿入し、井戸内部から「押し上げる」という方法で給水することが理想ですので、水中ポンプが挿入できるφ100mm以上での井戸仕上げをオススメします(^^♪

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^)v


深井戸ジェットポンプの取替

深井戸ジェットポンプの取替(松山市衣山)

今日も暑かったですね~(;^ω^)熱中症になるかと思いましたよ。

現場作業が終わると頭痛と吐き気に襲われたので、ゆっくりと休養してから、涼しくなった夜にブログ更新していきますね。

久々に今日の作業の内容です♪

松山市衣山のお客様からポンプ交換のご依頼をいただきました♪ありがとうございます。

私の父が30年ほど前に掘削したボーリング井戸とのことです。

井戸ピット内の様子

下の写真が問題のポンプです。日立CT-P400F。

かなり老朽化が進んでまして、モーターが動くたびに騒音が発生してしまうということでした。

まずは既存のジェット部を引き抜き、既存配管も全て撤去します。

その後、新しく吸水管と圧力管を敷設していきます。

配管がブロック基礎の下に入っているため、ちょっと大変でした(;^ω^)

取り付けたポンプは川本製深井戸ジェットポンプJF-400S。

1回目の試運転すると、なかなか水が満水にならず・・・どうやら逆勾配の箇所があったようです。

そのため余計な手間を取ってしまいました(;’∀’)

その後の試運転を行い、正常に水が出ることを確認!一安心です。

暑い中、私たちのために熱中症対策のためジュースやお茶・日傘など、たくさんの対策をしてくださり、本当にありがとうございました(^^♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


ポンプからの逆流でトラブル

雨ばっかりなので、なかなか現場作業が進みません~(^_^;)

では、気を取り直してブログ更新といきましょ~♪

いつもお世話になっているお客様から、「送水ポンプが夜中に回りっ放しになったりする」という問い合わせがあり、対応させていただきました。

吸込側フランジにあるプラグ部分から水が漏れていたらしく、他にも呼水キャップの部分からも水が漏れていたそうで、それらはお客様ご自身で修理されたそうです。

それでもポンプが回りっ放しになるということで調査すると、どうやら水が返ってしまっているようでした。

どのポンプにもある「逆止弁」が劣化していると思いますが、それだけでは十分とは言えないかもしれませんので、安全策としてチャッキバルブの取付も提案させていただき、採用されました。

この位置に丁度良い長さの吸水配管がありましたので、ここに設置します。

逆止弁の取替えには吸水側フランジを外す必要があり、ちょうどチャッキバルブを取り付けるため配管を切断している状態でしたので、交換は容易でした♪

取替後のチェックでは、水が逆流することもなく、ポンプも正常な動作となりました(^^♪

取り外した逆止弁を見てみると、やはり片減りしていましたね。

消耗品なので、定期的な交換は必要になってきます。

さすがにポンプが回りっ放しだったら、電気代も高くなりますし、ご近所さんにもご迷惑をお掛けしてしまいますから、早い対応が必要ですね。

井戸やポンプで何かありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)


検索