Category Archives: 工事

古井戸の調査

古井戸の埋戻しと再生へ エピソード1(宇和島市本町追手)

台風19号が近づいてますね。かなり大型のようなので、皆さん今のうちから備えておきましょう!

10月も忙しくなりそうですが、コツコツとブログ更新も続けていきますね♫

今回の記事は宇和島市本町追手にて古井戸の埋め戻しと再生をご依頼いただいた内容となりますが、現場内には古井戸が3基ありまして、それぞれの井戸を異なる工事を施工させていただきましたので、記事も分けていこうと思います。

まずは事前の現場下見の様子からです。

古井戸の調査

最初に依頼のあった古井戸です。家屋解体中に発見したそうです。地主さんも、ここに井戸があったのを知らなかったそうです。

古井戸の調査

この井戸、よく見ると隣の敷地を跨いで設置されています。埋め戻せば問題ないのですが、もう1基の井戸は完全に建物の基礎部分と重なってしまうということで、できるならこの井戸を再利用したいというご依頼でした。

まずは井戸の能力がどれほどのものかを調査するべく、水量調査と孔内調査を実施しました。

古井戸の調査
古井戸の調査

底まで汲むと土砂が堆積していましたが、大きな落下物はなく、パイプが1本落下しているだけでした。

湧水量も意外と多く、サイズを縮小しても使えると判断。

地下水の湧水量チェック

次に、基礎部分と重なってしまうという井戸の埋め戻しを行うため調査。

古井戸の調査

こちらも埋め戻しに必要な材料を揃えるためデータを採取します。

宇和島ということで何往復もできる距離ではありませんから、じっくりと工程を組んでいきます。

次の記事では埋め戻し作業の内容となります。


除鉄槽 濾材交換

除鉄槽の濾材&浄水器のフィルター交換

今回の記事は、井戸水に含まれる鉄分を除去するための「除鉄槽」について書いていきます。

鉄分が基準値を超えている場合は、様々な機器に悪影響を及ぼします。

例えば、白色のコンクリートやタイルが赤く着色されたり、配管内部が目詰まりしたり・・・。

それを防ぐために水質改善装置の出番です。鉄を除去するなら除鉄槽、マンガンを除去するなら除マンガン槽。。

ただ、確実に除去できるというわけでもなく、メーカーさんによって除去できる範囲が決まっていますので、まずはメーカーさんに対応可能か否かの判断をしてもらうことが必要です。(指定の水質検査を実施し、除去範囲外であれば購入することができないメーカーもあります)

運用には塩素と反応させて除去する方法や、イオン交換で除去する方法などがあり、どちらも定期的なメンテナンスが必要となるため、手間とコストがかかるのが難点ですね。

ではでは、実際に取付けしてある現場をご紹介していきますね。

まずは、業務用で井戸水を使っているとのことですが、水の出が悪いとのことで視察。ポンプを疑う人が多いのですが、周辺を見てみると除菌機と除鉄槽、そして浄水器が設置されていました。

ポンプ吐き出し側の別口から水量を確認してみると、勢い良く水が出ました。そして除鉄した後の水量を見てみると、ほとんど水が出ていません。

なので、間違いなく濾材の詰まりが原因でしょう。

お見積り後、正式にご依頼いただきましたので交換作業へ入ります。

まずは作業前。

川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS 
川本製 浄水器  MRK2-25
川本製 除菌機  MJ25SR
川本製 除鉄槽  MAF2-5AS
川本製 浄水器  MRK2-25

まずは除鉄槽からいきましょう。蓋を外します。

除鉄槽 メンテナンス

カチンコチンですね。濾材が固まってしまってます。なので、古い濾材を撤去していきます。全て除けると、フィルターがありますので、そちらも交換します。

除鉄槽 メンテナンス
除鉄槽 フィルター
除鉄槽 濾材交換

セットし終わると、今度は新しい濾材を充填していきます。

除鉄槽 濾材交換

充填素材は2種類ありますので、順番を間違えないように注意します。

除鉄槽 濾材交換

パッキン類も全て交換し除鉄槽は完成です。

続いて浄水器へ。こちらも蓋を外します。

浄水器 フィルター交換

真っ黒ですね・・・中にもまだフィルターがあります。

浄水器 フィルター交換

小さなフィルターが4本。こちらも同じように真っ黒です。汚れたフィルターは外して、本体内部を洗浄していきましょう。

浄水器 フィルター交換

頑固に着色してしまった部分もありますが、大体綺麗になれば完成です。

次に新しいフィルターを取り付けていきましょう。

浄水器 フィルター交換

中央にある4本のフィルターをセットします。次に外側の大きなフィルターをセット。

浄水器 フィルター交換

フィルター固定を忘れずに行い、蓋をすれば完成です。

通水後は各機器の上部にあるバルブからエアー抜きを行いましょう。

水も良く出るようになりました(≧∇≦)/

井戸やポンプなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSにも「除鉄・除マンガン装置のトラブル」というトピックがありますので、参考になる情報があれば幸いです。


砂こし器 取替

砂こし器の取替(松山市高浜町)

10月に入りました!今日から消費税率が10%になりましたね。

日本各地でもトラブルも多いみたいで、なかなか大変です。

さてさて、では夜のブログ更新といきましょ~w

松山市高浜町のとある現場で、海水を汲み上げているポンプの砂こし器から泡が出ているとのことで調査してきました。

砂こし器が設置されているので、まずは点検カバーのチェック。すると亀裂が入っているのを発見したので、点検カバーとOリングを交換してみました。

っが、完全に泡が止まることはありません。

次に疑うべきは砂こし器本体と、ポンプ吸水側フランジ。そして角弁。

海が近いためと、海水を汲み上げているせいもあり、砂こし器自体もかなり傷んでいるので、それらの交換をご依頼いただきました。

交換後がコチラ。

砂こし器 取替
川本製 砂こし器 S2-40
砂こし器 取替

ポンプ吸水側フランジと、その間に挟んでいる角弁、ニップルも新しく交換しました。

試運転を行いチェックすると、気泡が発生することもなくなりましたので、これで完成です(*゚▽゚*)

永久的に使えるものなどありませんから、やはり傷んできたら早めに交換することがトラブルを防ぐ一番の解決策ですね。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♫

井戸端SNSもどんどんご利用ください(≧∇≦)/


井戸ポンプ取付

井戸ポンプの移設(松山市北立花町)

今日は意外と天気が良くなりましたね(*゚▽゚*)これから徐々に下り坂でしょうか??

ではでは、ブログ更新といきますよ~♫

以前、こちらの記事でご紹介させていただいた現場なのですが、井戸ポンプの取付もご依頼いただきました。

ポンプはお知り合いの方が譲ってくださるそうなので、足りない部品等のみ納品させていただきました。

井戸ポンプ取付

井戸自体が斜めに傾いています。砂こし器をポンプ側に設置しようと思ったのですが、古いポンプということもあり、鉄製部品接続により亀裂が入る危険もあるため、今回は井戸側に取付しました。

井戸ポンプ取付

試運転を行い無事に水が出ることを確認。

ポンプ以降の配管接続や、電気工事は別業者さんにお願いしていただくということで、これにて完成となりました(^O^)

ご依頼いただき、ありがとうございました(=^0^=)

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ~♫

SNS上でやりとりできる井戸端SNSも是非ご活用ください(≧∇≦)/


掘井戸掘削

掘井戸掘削終了!仕上げ作業へ

台風17号が過ぎましたが、皆さん被害はありませんでしたか?

暴風域には入っていないみたいでしたけど、いつもよりも風が強くてビックリしました(;゚Д゚)

さて、子供の運動会も終わり、今日は祝日お休みですが、ブログ更新はしていきますね~♪

現在進行中の掘井戸掘削現場ですが、無事に予定深度に到達しました(^^♪

まずは掘削初日の状況です。

掘井戸掘削

単管パイプと板で作業用足場を作ります。そこに土砂撤去のためのウィンチを設置しています。

掘井戸掘削
掘削2日目

水が溜まっていますが、これは湧き水ではありません。っが、表層より流れている水が溜まっているので、地下水と言えます。

掘削した土砂

掘削した土砂は一時的に現場隅に仮置きしておきます。

掘井戸掘削
掘削3日目

上層と同じ地層が続いています。湧き水の気配はありませんが、深さが増えた分、貯水量を増加させることができます。

そして、掘削4日目にして予定深度まで到達!水量こそ少ないものの、時間が経てば水が貯まります(#^.^#)

掘井戸 井戸掘り 井戸枠設置

井戸底を均し、コンクリート製の井戸ガワを設置していきます。

掘井戸 井戸掘り 井戸枠設置

継目の加工などは水の入り具合を調整して行います。

孔壁と井戸ガワには隙間があります。せっかく拡張して掘削しているので、透水率のよい豆砂利を充填しました。(写真撮影忘れました)

明日は仕上げの続きと機材撤去を行う予定です(^^♪

ガンバロー!!(^^)/


掘井戸掘削

掘井戸掘削開始~!(松山市下伊台町)

昨日から松山市下伊台町で昔ながらの掘井戸掘削工事が始まりました!

当初希望されてたのでは打抜き井戸だったのですが、地形的や表層の水の流れなどを考慮して、掘井戸掘削となりました。

以前、視察させていただきた時の様子です。

井戸掘り 現場視察

掘削予定位置にはバスタブが埋まっていました。

井戸掘り 現場視察

視察時が6月中旬。。それ以降に工事のご依頼を頂いてたのですが、他の現場が入っていたり、梅雨時期、お盆、そして緊急のメンテ等々・・・なかなか思うように動けず、今までお待ちいただいてました。

ようやく本掘削開始となりましたので、まずはバスタブの撤去から始めます。

掘井戸掘削 準備

無事に撤去完成。この地域は水が出にくい地域と言われているのですが、なぜかこの道筋だけは表層を水が流れ続けています。

掘井戸掘削 準備

そして本日、表層崩落防止のため仮ガワを埋設。

掘井戸掘削 準備

単管パイプで櫓を設置して土砂撤去の準備です。

明日からは本格掘削の予定なので、暑さに気をつけて安全第一で頑張ります(≧∇≦)/


井戸ポンプ取替 川本 NR-156

井戸ポンプ取替(松山市山越)

現場作業が忙しくて、なかなかブログ更新が追い付きません(^_^;)

毎度のことになってますがスミマセン<(_ _)>

でもでも、負けずに書いていきますよ~♪

先月のことになりますが、井水ポンプ取替を施工させていただきました。

視察時に撮影したのがコチラ↓

古い井戸ポンプの取替
川本製 Nシリーズ
古い井戸ポンプの取替

これは修理というよりは本体そのものを交換する方が安心ですね。

古い井戸ポンプの取替

吸水側配管や砂こし器の劣化具合を見ても、後で交換するよりも同時に交換した方が工賃も安くなりますので、一緒に交換させていただきました。

川本 砂こし器 SFP-20 取替
川本製 砂こし器 SFP-20
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S
川本製 浅井戸ポンプ NR-156S
井戸ポンプ取替 川本 NR-156S

同じメーカーに取替えるなら、フランジ位置や高さなどが同じになっていることが多いので、他メーカーに取替えるよりは安く済みます。

井戸ポンプ取替

試運転後は正常な動作を確認。水も良く出るようになりました(*^^)v

井戸やポンプのことなら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


検索