Category Archives: エアーハンマー工法

興居島でボーリング井戸掘削

豪雨災害により井戸再掘削(松山市泊町)

昨年7月の豪雨災害により深井戸が埋没してしまったということで、新しくボーリング井戸を掘削することとなり、本日より機材搬入を行いました。

場所は松山市泊町。興居島ですね。

興居島に向かう船から撮影しました。

ここもかなりの被害が出ているようで、今だに手つかずの場所もあります。

押し流されたコンクリート壁
崩壊した水路
井戸?貯水槽?完全に埋まっています。
右も左も土砂崩れが発生していました。
原形はどのような状態だったのでしょう。

とても悲惨な状況ですね。大打撃を受けた農家さんも沢山いらっしゃると思います。少しでもお役に立てるよう、頑張って井戸掘ります!!

一先ず、機材設置が完了しました。

斜面ということや敷地スペースの問題もあり、お隣の敷地へ仮置きさせていただくというお話までは出来ていたのですが、地権者さんへの伝達に不備がありましてご迷惑をおかけしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。

松山市の担当者さんや地元の農家さんも通りますから、他の方にご迷惑にならないよう気をつけて作業を進めたいと思います。


山間部で事業用井戸の掘削(東温市山之内)

山間部で事業用井戸の掘削(東温市山之内)

東温市山之内にて事業用のボーリング井戸掘削工事を施工させていただきました。

重信川の上流側となり、やや山間部なので水が出るか気になるところでしたが、リアルタイムで含水が確認できるエアーハンマー工法にて、安定した深度まで掘削を続け、無事に確保することに成功。

ただ、このエアーハンマー工法はコンプレッサーや発電機、そしてハンマーを高速で打ち付けるためかなり大きな打撃音が発生します。

騒音トラブルなどが起こる住宅街での掘削は不向きとなります。

エアーハンマー工法でのボーリング井戸掘削工事

機材が座れば、ただひたすら掘削を続けていくため、途中の写真は割愛しておきますね(^_^;)

(本当の理由は撮影データが別デバイスにあるためです。スミマセン)

掘削後に仮設ポンプを設置し、連続揚水を行いました。

その後、他社さんが水質検査に提出。

全ての機材を撤去して、お引渡しです。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいネヽ(´▽`)/


ケーシング周囲に砂利充填

仕上げに向けてケーシング建込

こんばんわ。

今日も同じくボーリング井戸掘削現場でした。

状況は相変わらずの硬質岩が続いているため、掘削は終了となりました。

残尺・検尺等を行い、ケーシングを挿入していきます。

 

井戸掘り屋さんの”あるある”な話かも(?)しれませんが、掘削後にケーシングを挿入しようとして、なかなか最深部(孔底)まで入らない時あるんです。

孔壁が崩れていたり曲がったり、地表に待機しておいたケーシングが熱で曲がってしまったりと原因は様々ですが、今回も若干そのようなことが起こりました。

理由は熱によるケーシングの曲がりだったんですが、挿入前まではシートで保護してたのに、それでも若干の曲がりがあったようです。

チェーンレンチで回すことで、なんとか最深部に到達(^^)

まずは一安心です。

入らなければもう1回ドリルと挿入しなくてはいけなくなるので、大幅のロスとなってしまいます。

 

コンダクター管を引き抜きつつ、砂利充填も行います。

ケーシング周囲に砂利充填

半分ほど引抜き、今日の作業は終了です。

明日もまた続きです。

だいぶ目途が付いたのですが、焦らず安全第一でガンバリマス(^^♪


標高300m超えの山間部でも水はあった!

標高300m超えの山間部でも水はあった!

こんばんわ。今日もボーリング井戸掘削作業でした。

現場が標高300m超えの山間部なのですが、そんな山の中でも地下水はあるんです!!

標高300m超えの山間部でも水はあった!

 

静止画だと分かりずらいと思いましたので、動画を撮影してみました。

今の現場は気軽に撮影できるような状況ではありませんので、作業終了前の確認時に撮影したものです(;’∀’)

水量こそ少ないのですが、それでもまったく出ていないことはありません。

コストはかかりますが、タンクに貯めることで使える幅が広がります(^^♪

 

ただやはり水脈までの深度が深いため、打抜き井戸掘井戸では水を確保することは難しい現場ですね。さすがは深井戸ボーリング!!

まだまだ硬質岩層が続いています。

掘進速度も1日数メートルとしか掘れなくなりましたが、もう少しで目標深度に到達するので、明日も安全第一でガンバリマス!(#^.^#)