農業用井戸 | 近松井戸工業所

Category Archives: 農業用井戸

掘井戸へ水中ポンプ取付(松山市下伊台町)

今回の記事は、以前、掘井戸新設工事を施工させていただいたお客様の井戸へポンプを取付させていただいた時の内容です。
※井戸掘削の記事はコチラです
 ①掘井戸掘削開始~!(松山市下伊台町)
 ②掘井戸掘削終了!仕上げ作業へ

最初は「圧力制御無し」のうず巻きポンプを予定していたのですが、周辺環境も考慮して、排水水中ポンプを採用しました。

川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S
川本製 排水水中ポンプ カワペット WUP4-506-0.4S

農業用としての使用ということや、水タンクへの送水や潅水する目的だけなのですが、電源OFF時に水が井戸へ返らないようにするためチャッキバルブを設置してあります。

まずは陸上井戸ガワへ揚水管用に孔を開けていきます。

掘井戸へポンプ取付

井戸孔底にポンプ土台とポンプ本体を設置。ポンプと揚水管を連結。
電線は揚水管とは別の孔を通しておきます。

掘井戸へポンプ取付
掘井戸へポンプ取付

ハウス内まで配管を伸ばし、あとはお施主様が配管されるということで、全工程完了です(≧∇≦)/

水汲みも楽になったということで、とても喜んでくださいました♪

農業されてる方は沢山お水が必要ですからね!
水に悩まれていらっしゃる農家さんは、お気軽にお問い合わせください(^O^)


手押しポンプ取替えました(松山市西長戸町)

今回の記事は、同じ町内の方から「手押しポンプの調子が悪いから見て欲しい」と連絡があったので、その時の事を書いていきます。

以前にもピストンの取替えや、トラクターに引っ掛けてパイプが折れてしまったため、再度ネジ切りを行ったりと、色々とご依頼いただいてます。

劣化した手押しポンプ
2年前のネジ切り加工・取付時です
劣化した手押しポンプ
同じく2年前の状況。

そして今回は、だいぶ劣化も進んだということで手押しポンプ本体を新しく交換させていただきました。

手押しポンプの取替え
手押しポンプの取替え

揚水も問題ありませんでしたので完成です(^O^)
ご依頼いただき、ありがとうございました♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ!


掘井戸掘削

掘井戸掘削終了!仕上げ作業へ

台風17号が過ぎましたが、皆さん被害はありませんでしたか?

暴風域には入っていないみたいでしたけど、いつもよりも風が強くてビックリしました(;゚Д゚)

さて、子供の運動会も終わり、今日は祝日お休みですが、ブログ更新はしていきますね~♪

現在進行中の掘井戸掘削現場ですが、無事に予定深度に到達しました(^^♪

まずは掘削初日の状況です。

掘井戸掘削

単管パイプと板で作業用足場を作ります。そこに土砂撤去のためのウィンチを設置しています。

掘井戸掘削
掘削2日目

水が溜まっていますが、これは湧き水ではありません。っが、表層より流れている水が溜まっているので、地下水と言えます。

掘削した土砂

掘削した土砂は一時的に現場隅に仮置きしておきます。

掘井戸掘削
掘削3日目

上層と同じ地層が続いています。湧き水の気配はありませんが、深さが増えた分、貯水量を増加させることができます。

そして、掘削4日目にして予定深度まで到達!水量こそ少ないものの、時間が経てば水が貯まります(#^.^#)

掘井戸 井戸掘り 井戸枠設置

井戸底を均し、コンクリート製の井戸ガワを設置していきます。

掘井戸 井戸掘り 井戸枠設置

継目の加工などは水の入り具合を調整して行います。

孔壁と井戸ガワには隙間があります。せっかく拡張して掘削しているので、透水率のよい豆砂利を充填しました。(写真撮影忘れました)

明日は仕上げの続きと機材撤去を行う予定です(^^♪

ガンバロー!!(^^)/


掘井戸掘削

掘井戸掘削開始~!(松山市下伊台町)

昨日から松山市下伊台町で昔ながらの掘井戸掘削工事が始まりました!

当初希望されてたのでは打抜き井戸だったのですが、地形的や表層の水の流れなどを考慮して、掘井戸掘削となりました。

以前、視察させていただきた時の様子です。

井戸掘り 現場視察

掘削予定位置にはバスタブが埋まっていました。

井戸掘り 現場視察

視察時が6月中旬。。それ以降に工事のご依頼を頂いてたのですが、他の現場が入っていたり、梅雨時期、お盆、そして緊急のメンテ等々・・・なかなか思うように動けず、今までお待ちいただいてました。

ようやく本掘削開始となりましたので、まずはバスタブの撤去から始めます。

掘井戸掘削 準備

無事に撤去完成。この地域は水が出にくい地域と言われているのですが、なぜかこの道筋だけは表層を水が流れ続けています。

掘井戸掘削 準備

そして本日、表層崩落防止のため仮ガワを埋設。

掘井戸掘削 準備

単管パイプで櫓を設置して土砂撤去の準備です。

明日からは本格掘削の予定なので、暑さに気をつけて安全第一で頑張ります(≧∇≦)/


日立ポンプ 部品交換

亀裂が入りそうな部品の交換

あと少しで8月です。仕事のご依頼も頂きまして、せっせと予定を組んでいってますが、想定外の修理依頼があったりで、なかなか大変です(;^ω^)

さて、ではブログ更新と参りましょう~(^^♪

以前、「水量が減ったため井戸洗浄!(松山市高木町)」の記事で紹介した現場なのですが、亀裂が見られたポンプ吸込み側フランジ裏の部品が届きましたので交換させていただきました。

取次店に確認した際には「納期に2カ月ほどかかる」と回答があったのですが、予定よりもかなり早く届いたのにはビックリ。。

早速、お客様にご連絡し、部品交換させていただきました。

日立ポンプ 部品交換修理

上の写真が前回ご紹介した問題の箇所です。

そして下の写真が新しく届いた部品になります。

日立ポンプ 部品交換修理

新しい部品は改良されているようで弱い箇所が太く作られていました。

日立ポンプ 部品交換修理

取り外して比べてみました。色は違いますね。。

では組み込んでいきます。

日立ポンプ 部品交換修理

継手部にあるOリングパッキンが劣化していてリークしたり、関係ない部分から水が漏れたりと・・・思いのほか時間がかかってしまいました(;^ω^)

古いポンプを触るということはリスクが大きくなり、それに伴い予期せぬトラブルで追加費用が発生してしまうこともあることを、お客様にもお伝えしてから作業に取り掛かるように徹底しなくては。。

水漏れした関係のない接続部分。

日立ポンプ 部品交換

何度もチェックして問題がないことを確認して完成です♪

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


水量が減ったため井戸洗浄!(松山市高木町)

梅雨空が続きますね~(;^ω^)ダムの貯水率も順調に回復していってるのかな?確か80%を超えてたと思います。

では、お仕事の記事更新していきますね(^^)/

松山市高木町のお客様から、水の出も悪くなってきたということで、視察させていただきました。

日立製 WT-P200V
日立製ポンプ WT-P200V

水は少しずつ出てるのですが、かなり少ないです。砂こし器はご自身で洗浄されていらっしゃるとのことでしたので、目詰まりの可能性は低そうです。

やはり井戸ストレーナの詰まりを疑い、エアーリフト洗浄と砂こし器の取替をご依頼いただきました(^^)

打抜き井戸なのですが、本管の内部に塩ビの管を突き刺して吸水するという仕様になっていました。

打抜き井戸と吸水パイプ

水量が多い地域なら実現できますね。これが湧水量が少ない地域だと、ポンプの汲み上げ量に間に合わず、汲み切ってしまう状態になってしまいます。

では、エアーリフト洗浄へと移ります。残念ながら写真を撮るのを忘れてしまったのですが、水量は多いです。

堆積した砂利が出てくるかと思いきや、思いのほか、すぐに透明な水となり、砂もほとんど出なくなりました。

井戸の深さと、引き抜いた吸水管の長さを計測すると、吸水管が井戸底から1~2cmしか上がっていませんでした。

おそらく、底に砂が溜まり吸水管先端が埋まってしまったのが原因と考えられます。

砂こし器と吸水側配管を取り替えるご依頼もいただいていましたので、新しい吸水パイプは底から500mmほど上げて吸水するように変更。これで砂に埋まることはないと思います(^^♪

井戸洗浄・吸水パイプ取替後
川本製 砂こし器 SFP-20

この後、砂こし器の付属カバーを取付け、井戸と吸水パイプの隙間に異物が入らないようテープで保護しておきました。

水量も増加して一安心です!(^^)!

また、先日別の現場で日立のポンプトラブルがあり、このポンプはどうかな~っと確認してみたところ、やはり若干の痛みがありました。

吸水フランジ裏の損傷

吸水側フランジ裏のプラスチック部分に小さな亀裂が・・・。

まだ内部まで到達していないようなので問題なさそうですが、将来的には傷んでくるでしょう。

取引先さんからは「型が古いので、部品の納品に2カ月ほどかかる」と言われたので、お客様からも早速のご注文をいただきました。届き次第、交換させていただきますね(^^)/

井戸やポンプで何かトラブルがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


畑に打抜き井戸を設置(松山市西垣生町)

梅雨ですねぇ~。天気がコロコロ変わってしまうので、なかなか予定が立ちませんね~(^_^;)

お仕事の依頼も多く、今後掘井戸掘削が立て続けに2本ありますので、ボーリング井戸掘削等の長期工事は8月中旬以降になってしまうかも?しれません・・・

随時、ご予約は受け付けておりますので、ご検討の方はお早めにご連絡くださいませ(#^.^#)

さて、では溜まった現場記事を書いていきたいと思いますw

松山市西垣生町にて畑に既存の掘井戸があるのですが、水が少なく使えないため新しく打抜き井戸を掘削させていただくことになりました。

水位低下した井戸
既存の掘井戸。
水位低下した井戸
松山市の地下水が低下していた時期と重なり、水の溜まりは僅か20cmだけです。

トラックに機材を詰め込んで出陣です!

畑に打抜き井戸

現場に到着。機材設置。ガチャガチャと騒音を立てて打ち込んでいきます。(ご近所の皆様、スミマセン)<(_ _)>

畑に打抜き井戸

エアーリフト洗浄を実施。無事に地下水に到達しました(^^)

畑に打抜き井戸

エンジンポンプで揚水すると、多量の水を確保!

畑に打抜き井戸と手押しポンプ

現場には電気が来ていないため、手動で揚水できる手押しポンプを貸出し。

ステンレス製の手押しポンプを注文いただきましたので、納品されるまでの間にドンドンと水を汲んでいただきたいと思います(^^)

川本製ステンレス手押しポンプHDS25。通称ドラゴン。

その後、無事に手押しポンプが届きました。川本製ステンレス手押しポンプ「HDS25」。通称ドラゴン。

畑に打抜き井戸とステンレス製手押しポンプ

取付完成~(^^♪

この手押しポンプは圧をかけて送水することができるので、タケノコホースを接続することで、好きな場所に送水することも可能です。

無事にお引渡しとなったのですが、一つ問題が・・・。

この場所は、あまり打抜き井戸には適した地域ではないため、砂噛みトラブルは多発してしまうようです。

長期的に使用することで、徐々に安定してきますので、長い目で見て付き合っていくことが必要かと思います。

「どの地域でも掘れば水は出るんでしょ?」という方が多いのですが、その地域にあった井戸というものがあります。

水量が多ければ少ない地域もあり、これ使えないんじゃない?って思うほど少ない地域もあります。そういう地域では井戸を一時的にタンクに貯めて使用するというコストのかかる使用方法になります。その役割を担うのが、昔ながらの掘井戸ですね。

孔径が大きく貯水量が確保できますから、水量の少ない地域に多く設置されていることが多いです。(真逆の地域もありますが・・・)

そんなこんなで、ちょっと難しい井戸掘りですが、気になった方はお気軽にお問い合わせくださいませ~(^^♪


検索