近松 良浩 | 近松井戸工業所

Author Archives: 近松 良浩

井戸ポンプ取替

急ぎでポンプ取替!(松山市枝松)

今回の記事は、松山市枝松地区にてポンプ取替のご依頼があり施工させていただいた時の内容です。

取引先さんからの急な依頼でしたが、なんとか時間が取れました。

ポンプは取引先さんからの支給品です。

メーカーが違うため、吸い込み側と吐き出し側の位置や高さが異なることになったのですが、新しく取り付けるポンプが川本製NR形という「吐き出し方向が1つ」というポンプなため、やや露出している配管が多くなってしまいました。

時間も限られていたため、急いで作業させていただいたのですが、なんとか無事に水が使えるようになり、お客様も一安心されていらっしゃいました♪

ポンプは人間で言うと心臓の役目です。

「最近調子が悪いかな~」といった前兆がある場合もあれば、急にパタッっと故障してしまうこともあります。

日常生活で井戸水をよく利用されてらっしゃる方は、急な故障で不便を強いられる前に、取り替えておきましょう!!


農業用井戸を掘削

農業用に深井戸ボーリング(東温市北野田)

今回の記事は、東温市北野田地区で農業用に深井戸ボーリング井戸を施工させていただいた内容となります。

施工前の現場状況です。
機材据付途中です。ボーリング掘削するため櫓を設営します。
ロータリー工法にて掘削中。

ここでちょっとした制約があり、本当はエアーハンマー工法で掘削するのが適した掘り方なのですが、エアーハンマー工法は掘削途中に地下水を吹き上げてしまうため、出てきた水が他所の田に流出してしまっては大変と思い、やむなくロータリー工法を選択しました。

やはり屈伸速度は遅く、掘削孔の崩落もあり、ヒヤヒヤしました・・・

(;^ω^)

エアーリフト洗浄作業。地下水を揚水します。

少し難工した部分もありましたが、無事に地下水が出てくれました!これでまずは一安心です。

支給されたポンプを取付ました。

お施主さん曰く、敷地前にある水路が氾濫することがあったらしいので、万が一を想定して、ブロック3段積み重ねて欲しいとのご依頼でしたので、このような仕上げになりました。

これで沢山の農作物を作ってくださいネヽ(´▽`)/

ご依頼いただきまして、本当にありがとうございました!!

井戸をご検討の農家さんは、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


蛇口の取替

傾いた水栓柱の取替!(松山市衣山町)

さて、今回の内容は松山市衣山地域で水栓柱の取替工事を施工させていただきた時の内容です。

以前からポンプ取替のご依頼等をいただいてますお客様なのですが、屋外にある水栓柱にリール付きホースを接続していたところ、誤って車で引っ掛けてしまい傾いてしまったとのことでした。曲がってしまったため水の出も悪くなったとのことで、新しく交換することとなりました。

施工前の現状。リール付きホースが接続されてます。
取替前の状況。

こんなに傾いているのですが、配管が捩じ切れたり、漏水してないことが不幸中の幸いですね。

水栓柱もパイプ剥き出しではなく、きちんとしたものに。蛇口も双口蛇口を希望いただきました。

こちらが取替後になります。

蛇口も増えたことで、ホースと手洗いが同時に行えるようになりました。

こういった蛇口の交換等も行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪


深井戸ジェットポンプのメンテナンス

動作が不安定なポンプのメンテナンス!(松山市善応寺)

こんにちは!今日も張り切ってブログ更新といきましょ~♪

昨年8月の出来事ですが、ホームページよりお問い合わせがありました♪

「 地下水ポンプの修理をお願いしたいです。蛇口を止めると一旦はモーターも水も止まるが、水を使ってないのにすぐにモーターが動き出します。2011年に新しくしたカワエースジェットJF形で部品も今まで1度も換えておりません。よろしくお願いいたします。 」

早速、現地にて視察を行いました。

川本ポンプ JF-250S

深井戸ジェットポンプですね。ただ・・・井戸の場所が見当たりません。。お客様にも聞いてみたのですが、ちょっと分からなかったので、近くの会所を開けてみたのですが、どれも違いました(・_・;)

多分、近くにはあるはずなので、また何かの時に調査することにしました。

問題の症状ですが、確かに動作が不安定です。疑うべき箇所はある程度決まっていますので、 まずはファインセンサー を交換します。

ファインセンサー PST2-4-20H (JF用)

こちらを交換して様子を見ていきます。

交換後、何度も入切を繰り返して試運転を行ったのですが、症状は発生しなくなりました(*^^)v

今回のように部品交換だけで済む場合もあれば、ポンプではなく漏水といったことも考えられますので、異変を感じたらチェックするようにしましょうね♪

ご依頼いただきましたW様。ありがとうございました!


地下室水没!?豪雨の影響か?

地下室が水没?!豪雨による影響か?!

こんばんわ!今日もブログ更新ガンバリます♪

2018年7月に起こった豪雨で、珍しい依頼が飛び込んできました。

10年ほど前にとある自宅兼店舗さんにて地下室に打抜き井戸を設置させていただいたのですが、そのお客様から「朝起きてみると地下室が水浸しになっているので来てほしい」という依頼でした。

あの西日本豪雨が発生した翌日でしたので、何かの影響かもしれないとは思いました。

まずは現場状況から。

地下室が完全に水没していたというわけではありませんが、床上8cmほどは水が溜まっていました。浸水の影響からか停電しています。

こちらは井戸ポンプです。不幸中の幸いか、ブロックで嵩上げしておいたおかげでポンプ本体は水没を免れました。

打ち抜いた井戸周辺から地下水が吹き上がってきたのかと不安でしたが、頑丈に遮水処理等を行っていたため、どうやら打設用に開けた孔からの水ではありませんでした。

では一体どこから・・・。とりあえず排水作業も勧めながら、原因を調査していくことにしたのですが、地下なので溜まった水を排水する設備はあったのですが、以前から吸水側が目詰まりして、排水機能が低下していたとのことでした。

恐らくこれも被害拡大の一つの原因だったのでしょう。

一先ず、弊社の水中ポンプで排水作業を行っていたのですが、なぜか排水ピット内の水が一向に減りません。すでに床上の水は無くなったのですが、ピット内にある水が減らないのです・・・不思議に思い、ピット内にあった何やら変なパイプを触ってみると、グラグラと動いたのです。そして更に動かしてみると、なんとその物体が外れて、勢いよく水が吹き上がってきました(((゜Д゜;)))

排水していた水中ポンプでは追いつかない程、凄い勢いで水位が上昇していきます。外れた物体を除けてみると直径100mmほどの鉄管が突き刺さっていたようで、深く続いているようでした。このパイプが一体何のためのものなのかは分かりませんが、原因は豪雨による急激な地下水位の上昇により、老朽化した鉄管の蓋が破損し、地下水の吹き上がってきた・・・っということでしょう。

お客様とも相談し、破損した鉄管内部をセメントで塞ぐことにしました。この作業で今まで減らなかったピット内部の水も全て排水することができました。

その後、目詰まりしていた排水ポンプの取替えもご依頼いただきましたので、汚水用水中ポンプを設置させていただきました。

排水ピットが小さいため、かなり小型の汚水用水中ポンプです。

これにて一件落着です。

豪雨による影響は色々なところで出てきますね。思わぬ被害に遭わないように、日頃から設備等の点検・メンテナンスは行うようにしましょうネ!!


古井戸の補強(松山市和気町)

古井戸の補強(松山市和気町)

こんにちは!新年最初の施工紹介記事ですヽ(´▽`)/

っが、内容は昨年からのを引き続いてご紹介しています・・・。

2018年7月末頃になりますが、松山市和気町で古井戸の補強工事をさせていただきました。

2017年の末にも一度ご訪問くださってお話させていただいたのですが、その後、ご主人様がお亡くなりになられたとお聞きし、奥様が再度ご依頼くださいました。

井戸はご主人様本人が掘られたそうで、生前からずっと気にされていたそうです。

こちらがその井戸になります。

古井戸の補強(松山市和気町)

水が濁れる症状が出ているとのことでしたので、井戸ガワ継手の補修ではなく、内部にポリエチレン製ストレート管を挿入する改修内容としました。

補強管挿入後、充填したバラスを十分に水締めして、連続揚水を行います。

写真では見えにくいですが、孔底のバラスも見えるほど透明になりました。

ポンプの試運転も行い、無事に給水を確認!水質検査代行のご依頼もいただきましたので、後日採水して提出しました!

ご主人様、そしてご主人様のご意志を継がれご依頼いただきました奥様へ、お手伝いが出来たことに心から感謝いたしますと共に、ご主人様のご冥福を心よりお祈りします。


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!

Category : 日記

皆様、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、珍しく元旦からブログ記事を書いてます(*゚▽゚*)

「一年の計は元旦にあり」

一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。(故事ことわざ辞典より)

計画・・・というわけではありませんが、今年の目標として多くの記事を出来るだけ早く発信するということを心がけていきたいと思います。

「忙しい」を理由にせず、時間を上手に作ることができれば可能な事ですから♪

井戸の便利さを始め、掘削しても水が出なかったことなど、お客様目線で記事を書いたり、ホームページ作成に取り入れていこうと思います(^O^)

2019年も、どうぞ近松井戸工業所を宜しくお願いいたします!!

あけましておめでとうございます