農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

皆様、ブログ更新ですが大変長らくお待たせしてしまいました・・・(;’∀’)
かなり仕事の量がオーバーしてしまい、ブログ更新を少しお休みさせていただいてました。
ようやく一段落してきたので、ここから再始動していきたいと思います。

さて、今回の記事は過去に井水配管修理を施工させていただいたお客様から「ポンプ吐出し側のあるホースに小さな穴が開いてしまい水が漏れているので直してほしい」と連絡がありました。

農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

こちらが問題のホースがある・・・・ハズですが、実は地中に埋まっているのです。右下に見えるのが問題のホースでポンプ側になります。中央に見える配管が分岐地点となり、そこまでを繋ぐ役割のホースとなります。

農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

地中を掘って接続方法を確認。バルソケに接続してありました。

材料を仕入れて別日に施工です。今回は塩ビ管仕様にするか同じくホース接続するかをご検討いただいた結果、今までと同様にホース接続する内容で決まりました。

農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

既存配管を撤去し、新しいホースを同じラインで敷設します。

農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理
農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

お客様からお伺いしたお話では、かれこれ20年以上は経過しているそうです。。
すごい耐久性ですね。

農事用ポンプ吐出し側ホースの水漏れ修理

ホース一部を埋設して完成。
試運転では水漏れすることなく無事に送水することが可能となりました。

井戸やポンプでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です