農事用ポンプの取替(撤去編)

前回、農事用ポンプの取替(引抜き編)までで記事が終わってました(;’∀’)
では、その続きを書いていきます!

井戸から吸水管を引き抜いた後は、建屋内にあるポンプ本体・制御盤などの撤去作業に入ります。

座ってたポンプがコチラ。

日立製 陸上ポンプ 22KW

家庭用ポンプをメインに取り扱ってる私たちから見て、このサイズに触ることは滅多にありません。

ポンプ性能

日立製のポンプですね。出力は22KW。わぉ~(;゚Д゚)大きいですね~。

HOV 125×100R4-622

形式は・・・HOV 125×100R4-622。。
吐出量は1.8㎥/min。

年代こそ違いますが、メーカーカタログを参照してみると同タイプの重量は約410kg。
ユニックで吊り上げれば何てことないんですが、今回はコンクリート建屋の中にあり、上空には取り出し用の開口部もなく、入口は1箇所。しかも低いときた・・・

井戸ポンプ 建屋

仕方なく、ポンプをモーターとインペラ部をバラして運び出すことに。
分離させた後は単管パイプで作った三脚+チェーンブロックで吊り上げ、少しずつ移動させる方法でなんとか建屋から出すことに成功!

ポンプ撤去後の様子

こちらが撤去した後の建屋内。
既存の制御盤も壁から撤去しました。

ポンプ撤去後の様子
撤去した制御盤

そして新しい制御盤を設置しておきます。

水中ポンプ制御盤 取付

さて、この続きはまた別記事でご紹介したいと思います。

なかなかコロナが終息する気配もなさそうですが、皆さんも感染しないよう十分気を付けてお過ごしくださいませ(^^♪

井戸やポンプのことでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね~(^^)/
お待ちしてま~す♪

農事用ポンプの取替(撤去編)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 農事用ポンプの取替(井戸洗浄編) | 近松井戸工業所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です