手押しポンプのピストン交換(松山市萱町)

今回の記事は、過去に打抜き井戸手押しポンプを新設させていただきましたお客様から「久しぶりに手押しポンプを使おうと思ったら水が上がらないので見てください」とご依頼があり、視察に行ってきました。

”久しぶりに”っということを聞いた時、恐らくピストンが原因かな?っと感じました。

手押しポンプのピストンは常時水に浸しておくことで、皮が膨らみ隙間なく動いて水を上げやすくするのですが、しばらく使っていない場合、ポンプ内の水もなくなり、ピストンが乾燥し収縮。それにより隙間ができて水を上げられなくなります。

こちらが問題のピストン。

手押しポンプ 傷んだピストン

皮が収縮して丸くなってますね。
ペンチなどで反対に折り曲げて、一時的に使えるようにすることもできるのですが、中央の弁体も傷みが見られましたので、新しいモノに交換しました。

手押しポンプ 新品ピストン

呼び水を注水してガチャガチャとハンドルを動かします。

無事に水が上がってくれたのですが、やはり使っていなかった期間が長かったのか、濁れ水と砂が多く上がってきました。

しばらく揚水することで落ち着いてきます。

極力、水を使うように心掛けてくださいとお伝えし完成となりました(#^.^#)

井戸と手押しポンプ

手押しポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です