海水を出すための井戸掘り(今治市桜井) | 近松井戸工業所

海水を出すための井戸掘り(今治市桜井)

海水を出すための井戸掘り(今治市桜井)


今回の記事は、ちょっと珍しい井戸の設置を行った時の内容です。

井戸といえば「水」を出すために設置するのが一般的ですが、今回は水ではなく「海水」を出すことが目的です。

現場は今治市桜井。打抜き井戸を施工します。すぐ隣が海岸となっているので、恐らく海水が出ると思われます。。
機材据付を行い、あとはひたすら打設していきます!

海水井戸を設置中
打抜き井戸工事状況

浅い深度で海水は出たのですが、水温が高いということで打設続行。予定していた深度まで打ちましたが、水は出てくれません。
お施主様とも相談の末、更なる打設を続けることに!
翌日、パイプを継ぎ足し、打設続行。

海水井戸を設置中

その後、なんとか無事に目的の条件に合う海水を発見!

海水井戸で、無事に海水を発見

ただ、海水が出るということは海砂の中にストレーナがあるということで、細かい砂が多く出てしまいます。
水量を調査するためにエンジンポンプを設置してみたのですが、すぐに目詰まりして水量が低下してしまいます(;´д`)

井戸径は50mmなので、中に細い吸水管を挿入し吸水する方式が良いと思うのですが、水量が間に合うのか・・・ポンプは大丈夫なのか・・・
色々と難点はありますが、今回はメーカーさんが直々に選定・取付を行うということで、弊社はここまでの施工となります。

海水井戸 完成

真水以外にも、海水井戸が欲しいという方も、お気軽にお問い合わせください。
(基本的に海水井戸は掘井戸が最適だと思います)



About Author

近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

Leave a Reply

検索