豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・

豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・


2018年7月に起こった西日本豪雨災害で、被害のあった宇和島市吉田町の現場にて、今後の防災のためや庭木への散水を兼ねて、打抜き井戸工事をご依頼いただきました。

少し離れた場所には昔ながらの掘井戸がありました。っが、今回の現場には掘井戸ボーリング井戸を掘削するようなスペースがないため、狭小スペースでも施工可能な打抜き井戸での工事となりました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
施工場所は狭小地のため、重機は入りません。
宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
施工位置は写真中央の土の部分です。

周辺での施工データがないため、どんな地層か分かりません。まずは小型バイブロハンマーを使って打設してみました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
バイブロハンマーで打設中。

埋設物がないかを確認する作業で、少し気が付いてはいたんですが、なにやら硬い大きな岩がゴロゴロと出てきてました・・・

そして、打設してすぐに異変に・・・

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・

かなり斜めに突き刺さってますね・・・

硬い石に当たるとこうなります。比較的表層で当たったため、引き抜くことができました。・・・っが、実はこの後、バイブロハンマーの打撃部分に負荷が掛かりすぎて破損してしまい、予備として持参したハンマー落下工法へと切り替えました。

宇和島市吉田町 豪雨被災地へ。井戸水が出ず無念・・・
ハンマー落下工法にて打設。

今度は真っ直ぐ突き刺さりました!

あとは打設しながらエアーリフトを繰り返し、地下水を見つけていきます。

っが、打てど打てど水は出ず、粘土ばかり・・・

予定していた深度まで到達したのですが、万が一を想定して延長管も持参していたため、お施主様とも相談し、試しに打ってみました。

っが、それでも水は出てきてくれませんでした。

やはり掘井戸が設置されていたということは、水量が少ない地域だったのか・・・ボーリング井戸のような深井戸なら水が出たのか・・・

それは実際掘ってみるまで分からないという難しさ。。

お施主様も大いにご期待してくださっていた分、水が出なかったことで非常に悔しい思いでした。

このように、その地域に適した井戸タイプ、適した深さまで到達しなければ水が出ないこともあります。

なかなか難しい仕事ではありますが、もし井戸にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!



About Author

近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

Leave a Reply