水量低下の原因は様々

浅井戸ポンプ

水量低下の原因は様々


今回の記事は、松山市高井町で水が出なくなったというご依頼があり、対応させていただいた時のことです。

井戸は打抜き井戸。ポンプはナショナル製PG-203A。

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

ナショナル製浅井戸ポンプ PG-203A

呼水が入っていない状態でしたので、注水し始動させると、しばらくして水が出るようになりました・・・っが、かなり少ないです。

お話では、セメント舗装する際にポンプに位置を変更されたとのことで、吸水管が長くなっり負荷が増えたことや、ポンプ劣化か、井戸管の劣化か、水位低下か・・・

色々と原因は考えられます。

一先ず、水が出るようになったので、今後の様子を見てもらいつつ、また再発するような場合の対策などもお話させていただきました。

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ♪



About Author

近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

Leave a Reply