Monthly Archives: 2月 2018

農業用井戸ポンプ 液肥混入器取替(松山市南高井町)

農業用井戸ポンプ 液肥混入器取替(松山市南高井町)

こんばんわ!夜です☆彡夜に更新してます(笑)

今日はボーリング井戸掘削現場で地層の変化が見られたため、掘削を終了しました。

ケーシング管も挿入し、あとは水が出てくれるのを祈るばかりです。

さて、その写真を撮り忘れたということもあり、昨年末のバタバタ期の作業記事をアップしたいと思います。

 

農業用井戸ポンプに付けてある「液肥混入機」を取り替えた時の内容です。

ポンプの動作が少し変ということで調査を行ったのですが、どうもこの部品が問題だったようです。

農業用井戸ポンプ 液肥混入器取替(松山市南高井町)

農業用井戸ポンプ 液肥混入器取替(松山市南高井町)

どこかに原因があるのですが、その箇所を特定するのに時間がかかりますね(;^ω^)

見つけてしまえば簡単な作業で済むこともありますが、見つかるまでが大変Σ(゚д゚lll)

ポンプ本体は屋内にあるのでまだそこまでは傷んでなさそうですが、それでもサビ等による変色は見られますね。

これにて完了です♪

 

 

 

明日は夕方頃から雨マークになってましたが、雨降る前に色々とやっておくべき仕事があるので、頑張っていきますよ~ヽ(*´∀`)ノ


逆止弁の取替

15年経過したポンプをメンテナンスしてみるも・・・

こんばんわ。

今日も松山市祝谷でボーリング井戸の掘削工事を行いました!順調に掘削が進んでますよ♪

周辺住民の方には騒音等ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

このボーリング掘削現場に入ってしまうと、作業員確保のため途中退出が難しく、他の現場の修理依頼などがあっても、すぐに駆けつけることができません(´Д`;)

ですので、視察依頼やポンプメンテナンス、配管修理などの諸々作業が遅延していましたので、掘削スピードも良い日だと、空き時間を作ることができましたので、色々と用事を済ませてきました♪

 

1つは「水が急に出なくなった」という依頼です。

何年か前にも同じような症状があったのですが、長期間使っていなかった時などは気密漏れもありすぐに水が出ないこともあります。そういう時は呼水を注せば、再び水が上がってくるのですが、今回はそうではなかったようです。

ポンプ吸水側にある逆止弁も消耗品ですので適期に交換してあげないといけませんが、今回はそれでも水が上がってきません。

下の写真が逆止弁です。

左が古い弁体、右が新しい弁体です。

逆止弁の取替

何度も何度も弁体が吸い寄せられるため、フランジ受け側の痕がクッキリと残ってますね。

 

あと、モータ下にインペラがあるのですが、そちらもかなり老朽化が進み、サビが酷いです。

15年経過したポンプ

砂こし器も疑い、試しに点検カバーとOリングも交換してみましたが、症状は変わりませんでした・・・・。

配管等も疑いますが、色々と怪しい箇所が出てきます。

もしかすると、井戸に水が返ったことによるストレーナの詰まりなども考えられます。

 

それらを含めた改善策を取りまとめて、また後日お施主様と相談していきたいと思います。


凍結して破損した給水管の修理(伊予郡松前町)

凍結して破損した給水管の修理(伊予郡松前町)

こんばんわ。

今日は「雨かな~」っと思いつつも、天気予報では曇りっぽくなってたので「大丈夫だろう」と言い聞かせてたら、やっぱり雨でした(笑)

一応、雨の予定でスケジュール組んでたので問題はなかったのですが、できれば雨降らないでほしかったな~(;^ω^)

 

さて、気を取り直してブログ更新といきますよ♪

 

他のSNSでは先行して投稿してたんですが、この前の寒い時期に「配管が凍結して割れてしまっているので修理お願いします」と連絡がありました。

ハウス用の井水管なのですが、確かに大きく割れてましたね。。。

凍結して破損した給水管の修理(伊予郡松前町)

丁度修理しやすい箇所で良かったです(´・ω・`)

凍結して破損した給水管の修理(伊予郡松前町)

修理後に通水し、漏れがないか確認。

大丈夫なようでしたので、保温材を巻いて終了となりました(^O^)

 

保温材はホームセンター等でも売ってますので、心配な方は是非お試し下さい!


グルンドフォスポンプのメンテナンス(松山市菅沢町)

グルンドフォスポンプのメンテナンス(松山市菅沢町)

おはようございます。

まだまだ寒いですね。予報では昼位から少しずつ寒さも和らぐのかな?という感じですかね?!

 

さてさて、時間を有効活用してブログ記事書いていきますね(^^♪

 

とあるお客様よりお電話がありまして、井戸掘った業者さんが居なくなってしまいポンプの修理をお願いするところを探していたところ、たまたま弊社を見つけていただきご依頼いただきました。

ポンプメーカーはグルンドフォスポンプ(GRUNDFOS)のASQ251S。

正直、弊社ではまったくと言っていいほど取り扱っていないメーカーさんです。

たまたま、このポンプを取り扱っている業者さんと取引があったので、早速部品の手配を行いました。

 

故障個所は、青色の圧力タンク(?)の上部に穴が開いてしまい、水が漏れているとのことでした。

グルンドフォスポンプのメンテナンス(松山市菅沢町)

部品が届き取替を行いました。

試運転も行いましたが、次はフロースイッチのパッキン部からも水漏れを発見。

グルンドフォスポンプのメンテナンス(松山市菅沢町)

こちらも新しい部品を手配して交換しました。

グルンドフォスポンプのメンテナンス(松山市菅沢町)

試運転を・・・っと思ったのですが、最近の低気温と山間部ということもあり、配管が凍結してしまっているようで、確認することができませんでした(・・;)

 

お客様にその旨お伝えし、何か異常があればご連絡いただくということで、一先ず終了となりました。

 

ご依頼くださいまして、ありがとうございました(#^.^#)

 

唯でさえ少ない井戸屋さんですが、後継者が居なくなると廃業してしまう業者さんもいます。

なかなか難しい職種なだけに、なんとか存続していかなくてはと弊社も頑張ってます!!

 

これからも、どうぞ宜しくお願いします!!!(^◇^)


砂こし器ガラスと呼水キャップの取替(松山市和気町)

砂こし器ガラスと呼水キャップの取替(松山市和気町)

こんにちは!今日は日差しが届いてますが、やはり寒い時はサムイです((((;゚Д゚))))

寒さに負けず、ブログ書きますよ~!!

 

先日のことですが、以前よりお世話になっています農家さんのハウス井戸ポンプの調子が悪いと連絡がありました。

視察を行い状況確認しますと、砂こし器のガラス(点検カバー)に亀裂がありました(°д°)

シートなどで対策をされていたのですが、経年劣化と最近の冷え込みによって破損したのかもしれません。

 

運良く、在庫を持ち合わせていたので交換したのですが、若干真空漏れが発生している様子。

怪しいと思われる砂こし器のドレンキャップを外し、少し手を加えてみると漏れはなくなりました!♪

砂こし器ガラスと呼水キャップの取替(松山市和気町)

 

あと、追加で「呼水キャップも取り替えて欲しい」とご依頼いただきましたので、そちらは持ち合わせがなかったため、後日取り寄せて交換しました。

砂こし器ガラスと呼水キャップの取替(松山市和気町)

本体側のネジ山が破損しているせいか、最後まで締めることができなかったので、こちらも少し手を加えました。

今回は事なきを得ましたが、キャップがプラスチック製ということもあり、ネジ山の損傷具合では純正品よりも[鉄製のプラグ]+[シールテープ]で対応した方が無難かもしれませんね。

 

ポンプ本体は錆びていますが、今すぐ壊れるという状態でもありませんでしたので、今回はこれにて終了です(^O^)

 

ポンプを買い換える必要もなくなったので大変喜んでくださいましたヽ(*´∀`)ノ

 

井戸やポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ~!!


老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

おはようございます(#^.^#)

ここ最近は仕事も落ち着いてきていて、ブログ更新もできそうな環境です♪

嬉しい反面、焦りもあります(笑)

 

 

2018年も1月を過ぎ、もう2月に突入しましたね。

時間の流れは早いモノです(^_^;)

 

ではでは、記事書いていきましょ~!!

 

先日のことですが、井水の配管から漏水しているということで、修理のご依頼をいただきました。

確認すると埋設配管されているコンクリートの亀裂から水が出てきました(・。・;

恐らく、その真下か周辺からの漏水が原因ではないかと予想されますが、敷地全体に配管が張り巡らされていて、全てコンクリート舗装されていることもあり、1カ所修理して大丈夫かと言えば分かりません。きっと他の箇所でも老朽化が進み、いつ漏水するかも分かりませんので、相談の結果、「最低限必要な箇所へ新規に配管をする」ことになりました。

 

老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

老朽化した埋設配管は廃止・・・新たに配管を!

コスト削減のため、蛇口は既存品を再利用しました。

既設配管を廃止したため使えなくなった蛇口もありますが、全ての管が露出しているため傷んでも容易に修理することが可能です。

 

仕上げ方法によって、メリット・デメリットがあります。メンテナンスも考慮した仕上げが今後に生きてくると思います

 

井戸・ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいネ!