水の出が悪いのは井戸?ポンプ?(東温市南方)


こんにちは。朝晩は寒くなりましたね。

もう秋祭りの季節です(#^.^#)

 

現場作業の方も少し余裕ができましたので、今日はブログの更新といっちゃいます!

今年6月初旬頃ですが、以前にボーリング井戸を掘削させていただいた現場にて、水の出が悪いので見て欲しいと依頼がありました。

他の業者さんにはポンプが悪いと言われたそうですが、果たして原因は・・・?

 

給水システムが複雑になっておりまして、色々と「装置」が付いております・・・

お話では受水槽に入る水もチョロチョロしか出ていないので、ポンプが悪いという話だったそうですが、とりあえずポンプ単体で動かしてみることに。

 

まずは井戸ピットの状況です。

水の出が悪いのは井戸?ポンプ?

設置されている水中ポンプは川本ポンプ製 US2-326-1.5K。

水の出が悪いのは井戸?ポンプ?

配管が色々と繋がっているので、井戸蓋にある他の接続口から一時的に放水することに。

水の出が悪いのは井戸?ポンプ?

ポンプの電源投入で試運転!!

(実はここが一番大変で、制御盤がどこにあるのかを探すのに苦労しました・・・)

受水槽下のスペースにありました。

水の出が悪いのは井戸?ポンプ?

 

っで水量はというと・・・

水の出が悪いのは井戸?ポンプ?

良く出るじゃありませんか(#^.^#)

 

っとなると、原因はろ過装置か、配管か・・・。

一先ず、調査のみでしたので、このことを報告して作業終了です。

 

水が出るまでに様々な装置を通過する場合は、疑う箇所もたくさんありますから、大変ですが1つずつ確認しながら原因究明していきましょう!


近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。
仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です