水質検査へ提出!ピット仕上げ工事も順調に!

こんばんわ。最近ちょっと喉の調子が悪くて倦怠感も襲ってきます・・・

風邪でしょうか?皆さんお気を付けくださいね(^^)

さて、昨日と今日との工事日記になるのですが、ボーリング井戸新設現場において、ようやく水質検査に提出することができました(#^^#)

粘性土質を含む地層からの水もあるため、また水量が豊富ではないため、綺麗な水(透明と言う意味で)になるまで時間がかかりました(^▽^;)

ボーリング井戸 水質検査

果たしてどんな結果が出るのか。。

こればかりは祈るしかありません(゚Д゚;) (水量・水質は保証外ですので・・・)

 

続きまして、井戸ピット工事へと突入です。

ピット内部に見えている右側の穴は、もちろん井戸なのですが、気になる赤色の帯。。

危険」と書かれているのがお分かりかと思います。

これは、「この帯の下に電線が敷設されていますよ」という注意帯です。

試掘時に発見しました。そのせいもあり、かなり厳しい場所へ施工せざるを得なくなりましたが・・・。

接触することもなく無事に掘削できたので良かったです。

電線共々、ピット内部に格納してしまいます。

ボーリング井戸 ピット工事

雨水が溜まらないように勾配をとります。

ボーリング井戸 ピット工事

一先ず、これで固まるまで置いておきます。

あとは別業者さんが引き継いで、給水系統の工事を進めてくれます。

さぁ、明日は別の工事を進めていかなくては!!(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です