目詰まりによる水量低下で遠回り・・・ | 近松井戸工業所

目詰まりによる水量低下で遠回り・・・

揚水テスト

目詰まりによる水量低下で遠回り・・・


こんにちは。

仕事の記事が遅くなってしまいました(;´・ω・)

実は、先月からボーリング井戸新設工事を行っている現場で、仮設ポンプ設置後に水質検査に提出する段取りまで出来ていたのですが、いざ当日になって「濁れ水」が出ると同時に、水量が低下してしまいました。

恐らく、ストレーナに近い位置で水と砂層が一緒に流れ込み、水量が低下したものと思われます。

 

再度、エアーリフト洗浄を行いました。予定よりかなり長期間洗浄することになりましたが、なんとか水量もほぼ回復し、濁れ具合も薄くなってきたので、ようやく本日、仮設水中ポンプで揚水開始となりました。

揚水テスト

これが本ポンプ設置後の給水開始後だったら大変です。今濁れを発見できたことは不幸中の幸い。

砂層を流れる地下水は濁れ対策が重要ですね。気をつけなければ・・・。

 

まだしばらくは様子を見ながら揚水を続けていきます。

 

近隣の皆さまには騒音等、ご迷惑をおかけしました。

このまま順調良く作業できるよう、水の神様に祈りながら作業を続けていきたいと思います。



About Author

近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

Leave a Reply