古いポンプは各所で劣化が発生 | 近松井戸工業所

古いポンプは各所で劣化が発生


こんばんわ。今日も暑かったです(゚Д゚;)

また別記事で書こうと思いますが、興居島で打抜き井戸の工事を施工してました。

もう暑くて×2・・・熱中症で倒れるんじゃないかと思ったほど滝のような汗が。

梅雨明けしてないのにこんなに暑いんじゃ、夏が大変だ~(;^ω^)

 

っとまぁ、タイトルと違う内容から始まりましたが、

今日の記事は自動停止しないポンプの部品交換を行ったという内容です。

止まらないポンプ」で紹介した現場です。

 

圧力スイッチを交換して試運転を行いました。

すると・・・止まりません(゚Д゚;)

何度試しても止まりません。

もう考えられるのはインペラが摩耗して圧力が上がらないということか?!

なら、自動停止する圧力を下げて調整するしかない・・・

っということで、初期設定の設定圧を変更してみました。

 

すると、無事に停止するように。運転・停止も問題ありません。

 

圧力を下げたことで、初期圧力も下がり水圧も弱くなりましたが、自動給水機能は回復です。

 

交換中の様子です。配線を間違えないように♪

古いポンプは各所で劣化が発生

交換後の圧力スイッチです。(Y5 KY5)

古いポンプは各所で劣化が発生

 

インペラを交換すれば、まだ水圧を元に戻すことも可能と思われすが、他の部品が損傷するのが先かもしれませんから、今後の様子を見ながら、出来るだけ長く使ってあげましょうね(#^^#)

ポンプでお困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ!!


近松 良浩

愛媛で井戸掘りを行っている「近松井戸工業所」のブログです。 仕事という括りから抜け出し、井戸掘り活動として面白おかしく発信していこうと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です